【待ちきれない!】SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の全まとめ

今年もSUMMER SONIC(サマソニ) 2017の季節がやってきました。SUMMER SONIC(サマソニ) 2017を全力で楽しむために出演者や日程、会場、アクセス、ご飯などのグルメ情報、持ち物、注目アーティストなどの気になる情報満載の全まとめとして一挙に紹介していきます。SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の全まとめをチェックして、SUMMER SONIC(サマソニ) 2017を忘れられない素敵な思い出にしましょう。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の開催迫る!

今年も8月19日(土)、20日(日)の2日間にわたって東京、大阪の2つの会場で開催されるSUMMER SONIC(サマソニ) 2017

東京会場はZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ、大阪会場は舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)と都心部からのアクセスも良好な「日帰りでも気軽に行ける」ということから「都市型夏フェス」として人気を集めています。

その歴史は2000年からと長く、毎年超豪華出演者が話題を集める日本を代表する夏フェスとして君臨しています。

今回は、そんなSUMMER SONIC(サマソニ) 2017のこれまでに紹介してきた関連記事を総合し、出演者や日程、会場、アクセス、グルメ情報、注目アーティストなどの気になる情報満載の全まとめとして一挙に紹介していきます。

目次

サマソニ2017レポはこちら!

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017レポ・振り返り・セトリまとめ【随時更新】

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017概要

SUMMER SONIC 2017 東京公演

【日程】 2017年8月19日(土) / 20日(日)
【会場】 ZOZOマリンスタジアム (〒261-0022 千葉県千葉市美浜区美浜1) &幕張メッセ (〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2−1)
【時間】 開場AM 9:00 / 開演AM 11:00

SUMMER SONIC 2017 大阪公演

【日程】 2017年8月19日(土) / 20日(日)
【会場】 舞洲SONIC PARK (舞洲スポーツアイランド) (〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2−2−15)
【時間】 開場AM10:00 / 開演AM 11:00

※開催当日は周辺施設、周辺道路ともに大変混雑が予想されます。
お越しの際は、公共の交通機関をご利用ください。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017出演者情報

TOKYO 8月19日(土)

【MARINE STAGE】

CALVIN HARRIS

BLACK EYED PEAS

5 SECONDS OF SUMMER / UVERworld / CHARLI XCX / 堂本剛 / JOSÉ JAMES / HEY VIOLET / PIKOTARO(ピコ太郎)

【MOUNTAIN STAGE】

KASABIAN

PHOENIX

Suchmos / エレファントカシマシ / ZARA LARSSON / DUA LIPA / COMMUNIONS / HIGH TYDE / SUNDARA KARMA

opening act : Lenny Code Fiction

【SONIC STAGE】

JUSTICE / ABOVE & BEYOND / BLOOD ORANGE / 中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ / KUNGS / DECLAN MCKENNA / KALEO / LANY / 女王蜂

【RAINBOW STAGE】

miwa / 欅坂46 / Mrs. GREEN APPLE / TRF / SILENT SIREN / HYUKOH / ミオヤマザキ / Kero Kero Bonito / amazarashi / 神様、僕は気づいてしまった

【BEACH STAGE】

東京スカパラダイスオーケストラ

―Billboard JAPAN Party―

[TUXEDO / HONNE / KEHLANI]

大森靖子 / BRADIO / ベッド・イン / たこやきレインボー with なにわンダーたこ虹バンド

opening act : RIRI

【GARDEN STAGE】

JUANA MOLINA special guest / YOSHIE NAKANO(EGO-WRAPPIN’) / 佐野元春 & THE COYOTE BAND / 在日ファンク / MR JUKES / LAST TRAIN / Nulbarich / NakamuraEmi / Rei

【ISLAND STAGE】

DAY6(Asian Calling/Korea) / K.A.R.D(Asian Calling/Korea) / Hulting Chen(Asian Calling/Taiwan) / #GBOYSWAG(Asian Calling/Taiwan)

TOKYO 8月20日(日)

【MARINE STAGE】

FOO FIGHTERS

BABYMETAL

MAN WITH A MISSION / ROYAL BLOOD / ALL TIME LOW / INABA/SALAS / CIRCA WAVES / THE STRUTS

【MOUNTAIN STAGE】

AXWELL Λ INGROSSO

KESHA

G-EAZY / DAYA / RICK ASTLEY / JASMIN THOMPSON / Little Glee Monster

【SONIC STAGE】

SUM 41 / GOOD CHARLOTTE / PENNYWISE / NEW FOUND GLORY / Fear, and Loathing in Las Vegas / BLUE ENCOUNT / TOTALFAT / SWMRS

opening act : PassCode

【RAINBOW STAGE】

VAMPS / クリープハイプ / You Me At Six / BAND-MAID / GLIM SPANKY / OLDCODEX / You Me At Six / Xmas Eileen / Mili / さユり

【BEACH STAGE】

R3HAB / BIG GIGANTIC / BREATHE CAROLINA / Creepy Nuts / ちゃんみな / パスピエ / FAKY

【GARDEN STAGE】

TREVOR HORN BAND / EGO-WRAPPIN’ / POND / WHITNEY / fox capture plan / WONK / CRCK/LCKS

【ISLAND STAGE】

The Sam Willows(Asian Calling/Singapore) / Wicked Aura(Asian Calling/Singapore) / Jiang YaoJia(Asian Calling/China) / THE NEXT DOOR BAND(Asian Calling/China)

OSAKA 8月19日(土)

【OCEAN STAGE】

FOO FIGHTERS

BABYMETAL

MAN WITH A MISSION / マキシマム ザ ホルモン / ROYAL BLOOD / ALL TIME LOW / INABA/SALAS / CIRCA WAVES / THE STRUTS

【MOUNTAIN STAGE】

AXWELL Λ INGROSSO

KESHA

G-EAZY / DAYA / RICK ASTLEY / JASMIN THOMPSON / Little Glee Monster

【SONIC STAGE】

SUM 41 / GOOD CHARLOTTE / PENNYWISE / NEW FOUND GLORY / Fear, and Loathing in Las Vegas / GRANRODEO / Nothing’s Carved In Stone / SWMRS

opening act : PassCode

【WHITE MASSIVE】

FLOWER FLOWER / indigo la End / BIG GIGANTIC / BAND-MAID / You Me At Six / NAMBA69 / Xmas Eileen / locofrank / 夜の本気ダンス

OSAKA 8月20日(日)

【OCEAN STAGE】

CALVIN HARRIS

BLACK EYED PEAS

5 SECONDS OF SUMMER / UVERworld / CHARLI XCX / 堂本剛 / JOSÉ JAMES / HEY VIOLET / PIKOTARO(ピコ太郎)

【MOUNTAIN STAGE】

LIAM GALLAGHER

PHOENIX

エレファントカシマシ / ZARA LARSSON / DUA LIPA / COMMUNIONS / ゲスの極み乙女。 / HIGH TYDE / SUNDARA KARMA

【SONIC STAGE】

JUSTICE / ABOVE & BEYOND / BLOOD ORANGE / 中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ / 電気グルーヴ / KUNGS / DECLAN MCKENNA / LANY

【WHITE MASSIVE】

欅坂46 / KEHLANI / HONNE / DADARAY / Nulbarich / KANDYTOWN / ベリーグッドマン / 感覚ピエロ / FABLED NUMBER

opening act : RIRI

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の出演者に関する記事はこちら!

【気になる出演者】SUMMER SONIC(サマソニ) 2017情報

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017会場・ステージ情報

東京会場

【会場詳細】

ZOZOマリンスタジアム 〒261-0022 千葉県千葉市美浜区美浜1

幕張メッセ 〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2−1

【MARINE STAGE】

収容人数3万5000人を誇る、SUMMER SONIC(サマソニ)東京会場における最大のステージである「MARINE STAGE」。

毎年ヘッドライナーを筆頭に、真夏の暑さに負けない熱狂のパフォーマンスを繰り広げる正に「SUMMER SONIC(サマソニ)のメインステージ」。

多くのアーティストやバンドが憧れるステージであり、やはりMARINE STAGEを体感せずにSUMMER SONIC(サマソニ)は語れないステージです。

風物詩ともなっているラストに上がる花火にも注目です。

【MOUNTAIN STAGE】

幕張メッセ内の最大のステージである「MOUNTAIN STAGE」。

屋内でありながら収容人数2万人を誇り、夏フェスらしい熱狂ぶりと屋内ならではの快適なライブ感を同時に味わうことのできる人気のステージです。

毎年超満員になり、入場制限がかかることも多いステージです。

お目当てのアーティストの時間より早めの入場をおすすめします。

【SONIC STAGE】

「MOUNTAIN STAGE」同様に幕張メッセ内のステージであり、収容人数1万人を誇る「SONIC STAGE」。

普段は日本国内で滅多に見ることのできない海外アーティストを中心に、ベテランから若手まで幅広いラインナップが魅力です。

注目アーティストも多数名を連ねており、目が離せないステージです。

【RAINBOW STAGE】

こちらも幕張メッセ内の屋内ステージであり、収容人数は1万人を誇ります。

ジャンル問わず様々なアーティストが名を連ねる多彩なラインナップが観客を魅了し、国内のアーティストを中心に白熱したパフォーマンスを繰り広げます。

まるでクラブのような雰囲気と演出に、夏フェスながら「夏フェスらしからぬ」雰囲気も同時に味わうことができます。

【BEACH STAGE】

名の通り「海に面した砂浜のステージ」である「BEACH STAGE」。

収容人数は4000人と少なめとなっています。

ビーチならではの解放感と雰囲気を楽しみながら、少しのんびりとした気持ちで音楽に浸ることができます。

【GARDEN STAGE】

芝が広がる広々としたエリアを使った「GARDEN STAGE」。

開放的な気分で音楽を楽しめるステージであり、昼は夏フェスらしく太陽の下で汗をかきながら楽しみ、夜は海風にあたることのできるステージです。

屋内のステージが多いSUMMER SONIC(サマソニ) 2017東京会場の中で、しっかり自然を感じることのできるステージとして、来場者から人気を集めています。

【ISLAND STAGE】

ZOZOマリンスタジアムの外周に出現する「島のようなステージ」である「ISLAND STAGE」。

日本ではないような独特の雰囲気溢れる「ASIAN MARKET」内に設置されています。

魅力は何といってもジャンルレスなイベント、アーティストが盛りだくさんということで、このステージを目当てにくる人もいるほどの人気の高いステージです。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017東京会場に来たら、一度は足を運んでほしいステージです。

大阪会場

【会場詳細】

舞洲SONIC PARK (舞洲スポーツアイランド) 〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2−2−15

【OCEAN STAGE】

大阪会場のメインステージであり、毎年豪華出演者が最高のパフォーマンスを繰り広げる「OCEAN STAGE」。

SUMMER SONIC(サマソニ)を象徴するステージであり、入場規制がかかることもあるほどの熱狂のライブが繰り広げられます。

やはりこのステージを体感せずにSUMMER SONIC(サマソニ)は語れないといっても過言ではありません。

【MOUNTAIN STAGE】

大阪会場で2番目の大きさを誇る舞洲スタジアムを使った「MOUNTAIN STAGE」。

アリーナ席とスタンディング席があることから、気分に合わせて自分のペースで楽しむことができるステージです。

思いっきりライブや夏フェスを満喫したい場合はスタンディング席で、ゆっくりライブを楽しみたい場合はアリーナ席がおすすめです。

若干小さめと感じてしまうかもしれませんが、程良い大きさのため後ろ側でも見やすいというのが嬉しいです。

スタンド席はかなり日差しが強くなるため、特に女性の方は万全の日焼け対策をおすすめします。

【SONIC STAGE】

大阪会場唯一の室内ステージである舞洲アリーナを使った「SONIC STAGE」。

新人が多く出演する第3のステージながら、ブレイクするアーティストを多く輩出していることから見どころ満載となっています。

室内のステージならではのライブ感、夏フェスながら涼しい快適な環境で楽しめる空間、女性の大敵である日焼けをしないなどのメリットもあります。

気温が上がる昼間に特に人気が高く、急な天候の変化などにも対応できることから人気が高いです。

【WHITE MASSIVE】

旧フラワーステージ跡に新しいコンセプトの元、堂々の新設となった「WHITE MASSIVE」。

多くの日本人アーティストが名前を連ねており、何かと注目度も高いステージです。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の会場・ステージに関する記事はこちら!

【会場,アクセス,駐車場】SUMMER SONIC(サマソニ) 2017情報

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017宿泊・ホテル情報

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017は8月19日(土)、8月20日(日)の2DAYS、2会場で行われる大型音楽フェスティバルということで、宿泊でご来場という方も多いのではないでしょうか?

「気軽に行ける都市型フェス」ということで都心部からのアクセスは良好ながら、地方からご来場の方やライブ後や前日、翌日などに観光を考えている方も多いと思います。

となると、やはり気になるのがホテルなどの宿泊情報です。

今年もかなりの来場者が見込まれるSUMMER SONIC(サマソニ) 2017。

周辺の宿泊施設などはSUMMER SONIC(サマソニ) 2017に向けてのサービスや、早めの予約を呼び掛けています。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の当日、前後の日程は例年通り、かなり早めに予約が埋まることが予想されます。

もし宿泊を考えている方でご予約が真だという場合は、以下の記事を参考に早急に宿泊場所の確保をお願いします。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の宿泊・ホテルに関する記事はこちら!

【おすすめホテル】SUMMER SONIC(サマソニ) 2017宿泊情報

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017アクセス・駐車場情報

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017にご来場の方で、やはり気になるのがアクセス情報です。

そして車で来場を考えている方は駐車場に関する情報も気になるのではないでしょうか?

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の日程の前後も含めた期間は、大変な混雑が予想されます。

ということでSUMMER SONIC(サマソニ) 2017へのアクセス、駐車場などの情報をまとめてみました。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017 東京会場 おすすめ駐車場「幕張メッセ駐車場」

【所在地】 〒261-0024 千葉県千葉市美浜区豊砂3−1

【営業時間】 8:00~23:00

【電話番号】 043-296-0766

【料金】 1日1,000円(1回)

【収容台数】 普通 5,500台 / 大型 120台 / 自動二輪車 50台

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017東京会場である幕張メッセの最寄り駐車場である「幕張メッセ駐車場」。

周辺の駐車場の中で一番の収容車数を誇り、そのアクセスの良さからも人気の高い駐車場です。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017会場に隣接した駐車場ということから、開催当日の早い時間からかなりの混雑が予想されますのでご注意ください。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017 大阪会場 おすすめ駐車場「タイムズ駐車場コスモスクエア第3」

【所在地】〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1丁目14

【営業時間】24時間営業

【電話番号】 0120-728-924

【料金】 当日1日最大料金500円(24時迄) / 00:00-00:00 60分 200円

【収容台数】 256台

注意してほしいポイントですが、車でSUMMER SONIC(サマソニ) 2017大阪会場へ入場することができません。

車でご来場の方は、JR桜島駅前および地下鉄コスモスクエア駅前からシャトルバスのみのでの入場となります。

そのため、車はJR桜島駅前または地下鉄コスモスクエア駅前周辺の駐車場を利用するというのが一番スムーズにご来場できる方法となります。

その為、トレードセンター駅の目の前に位置する「タイムズコスモスクエア第3」がおすすめです。

コスモスクエア駅の一つ手前のトレードセンター駅前という好立地であり、非常に便利な駐車場となっています。

更に詳しいアクセス、駐車場情報をまとめた記事がありますので、是非参考にしてください。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の駐車場に関する記事はこちら!

【会場,アクセス,駐車場】SUMMER SONIC(サマソニ) 2017情報

※どの駐車場も収容車数限りがあり、周辺の道路も混雑が予想されます。

なるべく公共の交通機関をご利用ください。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017服装・持ち物情報

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017にご来場前に、絶対チェックしておきたい服装や持ち物に関する情報。

やはり開催日当日はかなりの猛暑となることが予想されます。

そして野外のステージも多いということで日焼け対策や熱中症対策、急な天候の変化など考えることはいっぱいあります。

ですが、やはり思いっきりライブを楽しむためにはなるべく軽装、少なめの持ち物でSUMMER SONIC(サマソニ) 2017に挑みたいですよね。

日焼け対策の為に帽子やタオル、急な天候の変化などの為にカッパ、汗をかいたりした時などにTシャツなどの着替えがあると便利です。

日中と夜の温度差もあり汗もかくという状況となるので、薄手のパーカーなどの防寒グッズもあるにこしたことはありません。

また荷物を入れるバッグはバックパック、ウエストポーチやボディーバッグなどの両手が空くものがおすすめです。

しかし、バックパックなどの背負うタイプのものは、荷物を詰め込みすぎることで身動きが取り辛くなってしまうので注意が必要ですし、ライブ中にバックパックがぶつかったりし、他のお客さんの迷惑になるので気を付けてください。

会場などの物販やブースで買い物をすることを考慮し、極力少なめで、後から入れるスペースも確保しておいてください。

そして、SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の会場内での事故や怪我を防ぐという意味で「サンダルでの来場は避けてください」。

確かにサンダルは動きやすいですが踏まれてしまったり、足場の悪い場所での転倒も考えられます。

必ず靴(出来れば履きなれたスニーカーがベスト)でのご来場をお願いします。

また、詳しい服装や持ち物について詳しく書かれた記事がありますので、是非参考にしてください。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の服装・持ち物に関する記事はこちら!

【おすすめ服装・持ち物】SUMMER SONIC(サマソニ) 2017情報

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017ご飯・グルメ情報

フェスと言えば「フェス飯」ですよね。

SUMMER SONIC(サマソニ) では「ソニ飯」と呼ばれるご飯、このSUMMER SONIC(サマソニ)でしか食べられない限定のグルメを始めとしたフェス飯が人気となっています。

あの人気店のブースから今話題のグルメのブースまで、とにかく目移りしてしまって「食べたいものがありすぎて決められない」ほどの魅力的なブースが多数出展しています。

ライブでお腹が空いた時にがっつり食べたいもの、お酒のおつまみに、小腹が空いた時のおやつ感覚で食べたい時など、とにかくその時の気分でお腹を満たしてくれます。

また定番のビールや酎ハイ、お洒落なカクテルから限定のお酒、もちろんソフトドリンクやノンアルコールカクテルなども充実しています。

目や耳だけではなく「舌」でもSUMMER SONIC(サマソニ) 2017を満喫してください。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017のご飯・グルメに関する記事はこちら!

【おすすめご飯・グルメ】SUMMER SONIC(サマソニ) 2017グルメ情報

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017注目アーティスト

毎年豪華出演者が名を連ねるSUMMER SONIC(サマソニ) ですが、今年のSUMMER SONIC(サマソニ) 2017出演者の中から注目アーティストをピックアップします。

もし迷ったら絶対に見てほしいアーティスト達です。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017注目アーティスト1 「CALVIN HARRIS」

DJとして初のヘッドライナーと言う大役を任せられたCALVIN HARRIS。

世界中を飛び回る売れっ子DJの、世界基準のスキルとフレッシュなサウンドでSUMMER SONIC(サマソニ) 2017を盛り上げてくれること間違いなしです。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017注目アーティスト2 「BLACK EYED PEAS」

ヒップホップを中心としつつ、そのジャンルにとらわれない独自の音楽性でアメリカのみならず世界中にムーブメントを巻き起こし、日本国内でも圧倒的な人気を誇るBLACK EYED PEAS。

2011年の無期限の活動休止を嘆いていたファンも多かったので、今回のSUMMER SONIC(サマソニ) 2017で注目アーティストとして挙げている来場予定者も多くいます。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017注目アーティスト3 「UVERworld」

今年8月2日に約3年ぶりとなるアルバム「TYCOON」のリリースも控え、話題の映画「銀魂」への楽曲提供、約6年ぶりのテレビ生演奏などとにかく話題の多いUVERworld。

その熱いライブパフォーマンスでSUMMER SONIC(サマソニ) 2017をライブハウスのような空間に変えてくれるはずです。

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017の注目アーティストに関する記事はこちら!

サマソニにも出演・5SOS!!5 SECONDS OF SUMMER(ファイブセカンズオブサマー)のおすすめ曲・動画TOP5

EDMの王様がサマソニに来る!カルヴィン・ハリスのおすすめ、人気曲TOP5

【現役ロックバンドの王者】フーファイターズ(Foo Fighters)のおすすめ・人気曲TOP5

[UKロックの突然変異]ROYAL BLOOD(ロイヤルブラッド)のおすすめ・人気曲TOP5

【待望の復活!】BLACK EYED PEAS(ブラックアイドピーズ )のおすすめ・人気曲TOP5

【リヴァプールの新星】CIRCA WAVES(サーカウェーブス)のおすすめ・人気曲TOP5【現代に生きるグラム・ロック】THE STRUTS(ストラッツ)のおすすめ・人気曲TOP5

【ポップ・パンクの風雲児】All Time Low(オール・タイム・ロウ)のおすすめ・人気曲TOP5

SUMMER SONIC(サマソニ) 2017が待ちきれない!

(出典:PAKUTASOより)

今回は8月19日(土)、20日(日)の2日間にわたって東京、大阪の2つの会場で開催されるSUMMER SONIC(サマソニ) 2017の出演者や日程、会場、アクセス、ご飯などのグルメ情報、持ち物、注目アーティストなどの気になる情報満載の全まとめとして一挙に紹介していきました。

開催が迫り盛り上がりを見せるSUMMER SONIC(サマソニ) 2017。

もうすでに待ちきれないという人も多いのではないでしょうか?

もう一度記事などで情報を確認の上、全力で楽しみ素敵な思い出となるよう是非参考にしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。