SUMMER CAMPの出演アーティストをライブ動画で紹介!

2000年からスタートし2006年まで毎年開催されていた音楽フェス、SUMMER CAMP。その後しばらく開催されませんでしたが、2013年、待ちに待って7年ぶりに開催された時は多くの観客を集めました。

今年は2015/5/9(土)にお台場青海J地区特設会場にて「SUMMER CAMP 2015」が開催されます!

今回は開催10回目を迎える記念すべき年で、今までのライブハウスから大きくグレードアップ!野外イベントとなり未だかつて無い史上最大の規模のサマキャンになるとのことで、期待が大きく膨らみますよね!

そこで今回はSUMMER CAMP 2015の出演アーティストをピックアップしてライブ動画と共にその魅力をご紹介させていただきます。

SUMMER CAMP 2015出演アーティストその1:10-FEET

今回は10-FEETの代表曲RIVERのライブ映像です。映像を見てると本当に彼らのライブの素晴らしさを感じずにはいられません。

京都出身のTAKUMA、NAOKI、KOUICHIで構成される3人組ロックバンド「10-FEET」はその熱すぎるメロディアスなサウンドと心の琴線に触れる歌詞が多くのファンの心を掴んで話しません。

映像でも確認して頂けるようにライブや大規模なフェスなどでも10-FEETがパフォーマンスすると大盛り上がりで、その場の空気を一気に引き寄せるパワーが彼らにはありますよね!高い技術の演奏とボーカリストの多彩な声に驚かされます。

そして会場の皆さんが一緒に歌っているのを見ると一体感に感動しますし、フェスに行きたい!と思いますよね。

SUMMER CAMP 2015出演アーティストその2:HAWAIIAN6

全員がHi-STANDARDを尊敬してやまないという安野勇太、畑野行広 、上村直史の3人によるロックバンド「HAWAIIAN6」。

なんとなくHi-STANDARDに似た、懐かしくて青春を駆け抜ける雰囲気の哀愁あるサウンドが特徴で、今絶頂の人気を誇るSEKAI NO OWARIが最近HAWAIIAN6のMAGICをカバーしたことでも話題になりましたよね。聴きやすい楽曲が多いのも人気を維持し続けられる理由ではないでしょうか?

ライブ映像でも分かるとは思いますがHAWAIIAN6のライブは、その激しい疾走感がとっても気持ちよく否応なしに盛り上がるので、ボルテージ最高の絶頂気分が味わえますよ!会場の熱が一気に上がって、一体となって楽しむことができます。

SUMMER CAMP 2015出演アーティストその3:FUCK YOU HEROES

2001年に結成されDOTU、RYOSUKE、ANDREWの3人組ハードコアバンドとして同様のハードコアに傾倒するバンドマンから大きな評価を得ている「FUCK YOU HEROES」。

主にライブハウス中心の活動を行っているライブ・バンドなので全国的な知名度はまだそれほど高いとは言えませんが、ハードコアやパンクがお好きな方にはオススメです。

元ガンズ・アンド・ローゼスのギタリストだったスラッシュ系と呼ばれる脳髄まで響き渡るような演奏で、聴き終わった後に激しい達成感を味わえます。

選ばせていただいた映像も野外フェスのものですので、SUMMER CAMPでの会場の雰囲気などを事前に味わっていただくことができたのではないでしょうか。

SUMMER CAMP 2015出演アーティストその4:G-FREAK FACTORY

群馬県の4ピースバンドとして1997年から活動していて、ロック・レゲエ・パンクなど様々なジャンルを体感でき、常に新境地を開拓していることで人気の「G-FREAK FACTORY」。

途中様々な苦難があったものの、昨年はFUJI ROCK FESTIVAL ’14に出演するなど、その知名度を全国規模で大きく広げています。

ライブ映像で見て頂ければわかるのですが、キャッチーでノリの良い聴きやすい楽曲も多いのでフェス初心者でも楽しむことができると思います。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。