【真正のロック】SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)の人気おすすめ曲ランキングTOP10!

2007年に高田馬場で3ピースバンドとして結成後3枚のアルバムをリリース、その後脱退と加入を経て現在は4ピースバンドとして活動しているSuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)。そんなSuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)の人気おすすめ曲ランキングTOP10を収録アルバムや発売日、感想、まとめなどを交えて紹介していきます。まずはSuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)の人気おすすめ曲ランキングからチェックしてみてください!

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP10をご紹介!


(出典:ぱくたそ)

2007年に結成した轟音を操る正統派ロックバンド『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』。

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』は2007年高田馬場で3ピースバンドとして石原正晴さん(Vo/Gt)、溝渕匠良さん(Ba)、櫻井範夫さん(Dr)が集まり結成しました。その後2010年に1stアルバム「SuiseiNoboAz」をリリース。同作は向井秀徳さん(ZAZEN BOYS)をエンジニア&プロデューサーとして迎えて、向井さんらしさ溢れる音作りをしつつも、『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のロックな魅力をたっぷりと引き出されている一枚となっています。

しかし2011年7月には2ndアルバム「THE (OVERUSED) END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH」をリリース、2013年6月には3rdアルバム「ubik」をリリースしましたが、その後2014年6月に初期メンバーの溝渕匠良さん(Ba)と櫻井範夫さん(Dr)が脱退してしまい、『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』としてのメンバーは石原正晴さん(Vo/Gt)のみとなってしまいました。その後サポートメンバーを入れて『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』として活動していました。

そして2017年2月にサポートメンバーを『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のメンバーに正式加入させ2017年3月に4thアルバム「liquid rainbow」をリリースしました!

今回はそんな『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』の聴いてほしいおすすめ人気曲TOP10をランキング形式でご紹介していきたいと思います!

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP10!

発売日:2013年6月12日

おすすめ人気曲TOP10は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』が2013年6月12日にリリースした3rdアルバム「ubik」に収録されている「adbird」です。

この曲は曲調と歌詞が最高にマッチしていて非常にメロウなシューゲイズに仕上がっています!このMVはトクマルシューゴ等のビデオ制作で知られる映像集団「ONIONSKIN」の作品で、ファンタジーなイラストと実写の世界観がシンクロした、夢の世界へ誘ってくれるような『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』の世界観とシンクロしています!

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP9!

(出典:ぱくたそ)

発売日:2010年1月20日

おすすめ人気曲TOP9は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』が2010年1月20日にリリースした1stアルバム「SuiseiNoboAz」に収録されている「プールサイド殺人事件」です。

残念ながら「プールサイド殺人事件」のMVなどはないため、是非音源やLIVEで聴いてほしい一曲なのですが、この曲は歌詞にも出てるようにPixies(アメリカの伝説的なオルタナティブロックバンド)やNumber Girl(日本の伝説的なオルタナティブロックバンド)が遺していったオルタナティブのピースを拾い集めて自らの音楽へと昇華しているのが垣間見えるものとなっています。ART-SCHOOLにも通ずる何かを感じますが、彼らが持っているオルタナティブは誰かの二番煎じでは一切なく、『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』そのものが新しいオルタナを求め、楽曲を制作しているんだなというのがこの一曲から感じ取れます!

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP8!

発売日:2010年7月7日

おすすめ人気曲TOP8は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』がリリースした1stアルバム「SuiseiNoboAz」及び参加したコンピレーションアルバム「TOKYO NEW WAVE 2010」に収録されている「happy1982」です。

この曲はコンピレーションアルバムに収録されている曲でもあるので他の豪華な参加アーティストも見どころですが、やはりこのアルバムの中で濃厚なオルタナを聴きたければこの曲ではないかと思います。ゆらゆら帝国や54-71を想起させるようなこの楽曲は現在のオルタナと昔のオルタナを往来できる一曲ではないかと思います!

さらにこのPVはSuiseiNoboAzの石原正晴さん(Vo/Gt)が自ら監督を手がけたものであり、静と動が同居するコントラストの高いクールな作品に仕上がっている楽曲とは対照的に、公園で遊具をバックに演奏しているシュールな彼らが見れます。こういった世界観も『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』の形成しているピースの一つなんだなぁと感慨深くなります。

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP7!

(出典:ぱくたそ)

発売日:2017年3月22日

おすすめ人気曲TOP7は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』がリリースした4thアルバム「liquid rainbow」に収録されている「mizukamakiri」です。

この曲は2014年6月に溝渕匠良さん(Ba)と櫻井範夫さん(Dr)が脱退してしまった後にフロントマン石原正晴さん(Vo/Gt)がサポートメンバーを迎え、手掛けて2015年11月3日にリリースした1st 7inchE.P「mizukamakiri」にも収録されているのですが、4thアルバム「liquid rainbow」に収録されているのはリマスタリングしたもので、コーノタケヒトさん(Ba)のベースがさらにエグくなって攻撃的なグルーヴを奏でています。さらに曲の中盤ではアルペジオしながら石原さんが歌っているのでLIVEでこの光景を観るのは圧巻でしょう。

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP6!

発売日:2011年7月6日

おすすめ人気曲TOP6は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』がリリースした2ndアルバム「THE (OVERUSED) END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH」に収録されている「64」です。

この曲もMVなどはないため、是非音源やLIVEで一聴してほしいのですが、この曲は構成が本当に素晴らしい一曲です。

イントロのクールなミュートギター、散文的な歌詞の連続、極めつけは、ただマザーファッカーを叫ぶだけのサビ。そして何かから解放されたかのようなアウトロのファズの応酬。昔から初期衝動が大事だ~とはよく耳にしますが、この曲には初期衝動の塊が感じ取られます。

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP5

発売日:2011年7月6日

おすすめ人気曲TOP5は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』がリリースした2ndアルバム「THE (OVERUSED) END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH」に収録されている「E.O.W.」です。

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』が1stで魅せつけたテクニックとエモとオルタナの融合とは打って変わって、2ndに収録されているこの曲からは正統派オルタナバンドとしての実力を魅せられます。曲中の『A DENIAL』という歌詞は「NIRVANA」の代表曲である「SMELLS LIKE TEEN SPIRITS」からのオマージュであり、『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』らしい婉曲的な90年代ジャパニーズオルタナティブの焦燥をよみがえらせ、葛藤と不信感の爆発を連想させます。

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP4

発売日:2013年6月12日

おすすめ人気曲TOP4は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』がリリースした3rdアルバム「ubik」に収録されている「T.D.B.B.PIRATES LANGUAGE」です。

この曲は本当に彼らの魅力が詰まりに詰まった楽曲です。向井秀徳さん(ZAZEN BOYS)の魂を引き継ぎながら、彼らなりの世界が広げ、彼らなりにオルタナを昇華しているのが垣間見えます。さらに個人的に非常におすすめしたいのはこの曲には「Yes(イギリスの伝説的なプログレッシブロックバンド)」の代表曲の一つである「Heart of Sunrise」のオマージュ隠れています。是非聴いて自分で見つけてみてください!

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP3

発売日:2017年3月22日

おすすめ人気曲TOP3は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』がリリースした4thアルバム「liquid rainbow」に収録されている「PIKA」です。

この曲でファンの方は「SuiseiNoboAzが帰ってきた!」と思ったでしょう。それも無理はありません、疾走感溢れるサウンドに合わせてくるメロウでキャッチ―な石原さんの歌声、シューゲイズにも似たストレートなロックチューン。これぞまさに『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』!!と言えるような一曲だと思います。今後LIVEでも絶対に盛り上がる一曲になっていくに違いありません!

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP2

発売日:2017年3月22日

おすすめ人気曲TOP2は『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』がリリースした4thアルバム「liquid rainbow」に収録されている「liquid rainbow」です。

この4thアルバムは3rdアルバム以降メンバーの脱退以降約4半振りの新作でした。この曲には予想を覆す、前衛的、都会的なリズムトラックの中に潜む凶悪なギターサウンドと石原さんのトーキングブルースが語られる。終盤の光のさすような展開には、陳腐な言葉になってしまうが「未来」「希望」のようなものを力強く感じさせられます。

『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』のおすすめ人気曲TOP1

発売日:2010年1月20日

おすすめの人気曲TOP1は、『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』がリリースした1stアルバム「SuiseiNoboAz」に収録されています「水星より愛をこめて」です。
正直、『SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)』と言ったらこの曲!というファンも多いじゃないんでしょうか。
凶暴なドラムンベースと轟音のファズギターによって紡ぎだされる圧倒的なグルーヴ感。
そしてそれと相反するような歌世界で、スタンダードながらまったく新しいオルタナの形を世の中に提示したこの一曲。
特にベースラインが本当にカッコよく痺れます。

SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)のライブに行こう!

今回は、SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)の人気おすすめ曲をランキング形式で紹介しました。
みなさんの知っている曲はランクインしていたでしょうか?
SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)の曲をチェックしたなら、ぜひライブに行ってみてください。
実際に体感する音は本当に心地よいです!
今後のライブ情報からも目が離せませんね!

おすすめの人気曲ランキングの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。