ドラクエだけじゃない!すぎやまこういち作曲の競馬関連曲とは

ドラゴンクエストのテーマ曲や、「亜麻色の髪の乙女」などの作曲を手がけるすぎやまこういち。彼が東京競馬場、中山競馬場のファンファーレも作曲していることを知っていますか?競馬に興味のない方でも、スポーツニュースなどで一度は耳にしたことがあるかもしれません。そんな、すぎやまこういち作曲の競馬関連曲を紹介します。

ドラゴンクエストのテーマ曲や、「亜麻色の髪の乙女」などの作曲を手がけるすぎやまこういち。彼が東京競馬場、中山競馬場のファンファーレも作曲していることを知っていますか?競馬に興味のない方でも、スポーツニュースなどで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

すぎやまこういちの競馬に関する曲は6つ!

すぎやまこういちは、東京競馬場、中山競馬場の一般・特別・重賞・G1の各入場行進曲とファンファーレ2種類の6つを作曲しています。ドラゴンクエストのオープニングテーマ「序曲」のような壮大な入場行進曲となっていて、これから起こるドラマを盛り上げてくれるような仕上がりです。

これらの楽曲は、日本中央競馬会の略称がNCKからJRAに変更になった1987年の12月から使用されています。一般・特別競走入場行進曲は2007年、重賞・G1入場行進曲は2009年まで使用された後、一度休止されましたが、2012年以降復活し、現在も使われています。

すぎやまこういちの楽曲はコンサートなどで生演奏を聴くことが可能ですが、競馬関連曲はG1の入場行進曲、G1のファンファーレに関しては当日、ブラスバンドによる生演奏がおこなわれることがあります。そのため、すぎやまこういち作曲の楽曲たちを聴くために競馬場へ足を運んでみるのもいいのではないでしょうか。G1入場行進曲、グレード・エクウス・マーチや、すぎやまこういち作曲のファンファーレが生で聴けるチャンスです。

ゲーム、競馬音楽だけではない、すぎやまこういちの楽曲の数々

すぎやまこういちというと、ドラゴンクエストの主な楽曲や前述の東京・中山両競馬場の楽曲が有名ですが、ほかにも様々な作曲をしています。ザ・タイガースに関しては「花の首飾り」などをはじめとして大半の楽曲をすぎやまこういちが作曲しています。また、ザ・ピーナッツの代表曲「恋のフーガ」もすぎやまこういちの作曲です。

当初は歌謡曲の作曲が多かったすぎやまこういちでしたが、ドラクエ関連の大ヒットにともない、ゲーム音楽の作曲の割合が増えていきました。「風来のシレン」や「帰ってきたウルトラマン」も、すぎやまこういちの楽曲が使われています。また、CMもかなりの数を作曲していて、最近だとトヨタアクアのCM曲もすぎやまこういちによるもの。2,000曲を超えるCM曲を作曲しているということなので、聞き覚えのある曲もかなりあるのではないでしょうか。

すぎやまこういちの競馬関連曲は現在も使われている!

ドラゴンクエスト楽曲だけでなく、競馬関連曲やCMソングなど、氏が手がけてきた多くの作品たちは、人々に長く愛され続けています。競馬入場行進曲、ファンファーレは、1987年から休止を挟んでも現在まで使われ続けているので、東京競馬場・中山競馬場に行って、生演奏を聴いてみてはいかがでしょうか?

すぎやまこういちのオススメ公演はこちら

★2016年6月24日(金)スタート!すぎやまこういちドラクエコンサートツアー

2016年6月24日(金)奈良県文化会館国際ホールでの公演を皮切りに、すぎやまこういちドラクエコンサートの全国ツアーがスタート!ファンはぜひ足を運んでみてくださいね。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

すぎやまこういちのオススメ記事はこちら

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。