>スガシカオ チケット
スガシカオの夕立ちから見るセンスたっぷりな言葉選びに感動…!

1997年、メジャーデビューを果たしたシンガーソングライター、スガシカオ

その遅い出だしには多くの困難がありましたが、今ではその実力も認められ、ナンバーワン男性ソロシンガーとしての地位を確立しました。

ここではそんなスガシカオの楽曲の中から「夕立ち」をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

スガシカオの初期の名曲「夕立ち」

スガシカオの「夕立ち」は、1999年9月8日に発売されたアルバム『Sweet』に収録されています。

映画『ブギーポップは笑わない』の主題歌に起用され、アルバム収録曲ながら人気のある楽曲となりました。聴きやすいポップなナンバーですよね。

『Sweet』にはほかにも「あまい果実」や「ぼくたちの日々」などのヒット曲も収録しているので、初期のサウンドをチェックするためにもぜひ聴いてみてくださいね。

スガシカオの「夕立ち」の歌詞を見てみよう

ここではスガシカオの「夕立ち」の歌詞を見ていきましょう。

日常を切り取ってそこに独自の世界を見出すのが得意なのがスガシカオ。

「知らない人の悲しいニュース」「つまらないバラード」と言った言葉遣いもセンスたっぷりですよね。

シュールなスガシカオの歌詞の世界をたっぷりと味わってみてください。

「夕立ち」

スガシカオの「夕立ち」のライブ動画をチェックしよう

ここからはスガシカオの「夕立ち」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのは、ライブバージョンです。ジャカジャカ、ジャカジャカと16分音符でストロークするギターが曲のノリを作っています。

2回目は16分音符の裏から入ることで細かいノリを出していることも注目したいところです。

ひとつのリズムをループさせながら、Aメロ、Bメロ、サビと曲を展開させる手腕も見事ではないでしょうか。

スガシカオの「夕立ち」のオリジナル音源が聴ける動画をチェックしよう

続いてご紹介するのは、オリジナルナンバーです。発売されたのが1999年ということで、まだ初期のスガシカオの雰囲気が残っていますよね。

スガシカオの楽曲を彩るのはワウギター、そしてシンセサイザーであることが多いです。

フィルターをたっぷりかけたミョンミョンしたギターを聴くと安心する、そんなファンの方も多いのではないでしょうか。

スガシカオのオススメ記事

スガシカオのライブに行けば、大人の音楽を楽しめる!

ここではスガシカオの「夕立ち」についてご紹介していきました。いかがだったでしょうか。チケットキャンプではスガシカオのチケットを取扱中です。大人も楽しめるスガシカオの良質な音楽、ぜひ生で聴いてその世界観に浸ってみてはいかがでしょうか。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。