NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」主題歌「Progress」はスガシカオの魂がこもった1曲!楽曲の魅力を解説します

NHKの人気ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」の主題歌となったスガシカオさんの「Progress」。発売日から長年の時が経っても多くの人に愛される魅力的な曲です。今回はそんなスガシカオさんの名曲「Progress」の概要や発売日、番組情報、動画など楽曲の魅力を感じられる情報をお届け!「Progress」を聴くとNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」が頭に浮かぶという人も多いはず。番組情報も忘れずにチェックしてくださいね。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」主題歌「Progress」はスガシカオさんの魂がこもった1曲!楽曲の魅力を解説します

ファンク、ロックのエッセンスをふんだんに織り込んだ大人のJ-POPを生み出し続けるスガシカオさん。

デビューから20周年、節目の年となった今年2017年は、GWの5月6日、Mr.Childrenや水樹奈々さんなどスガシカオさんと親交の深いアーティスト14組が集結し『スガフェス! スガ シカオ~20年に一度のミラクルフェス~』がさいたまスーパーアリーナで開催。会場には18,000人の音楽好き、スガシカオ好きが集まり大盛況の後に幕を閉じました。

そんなスガシカオさんの楽曲には有名なものからあまり知られていないものまで「名曲」がたくさんありますが、一般的なリスナーに「スガシカオさんの名曲とは?」と聞いたとき、一番多い回答はやはり「Progress」ではないでしょうか

今回はNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』のテーマ曲となった「Progress」に焦点を当て、曲の概要や発売日、楽曲の魅力や番組情報などを動画付きで紹介していきます!

スガシカオさんの名曲「Progress」楽曲の基本情報

概要

発売日
2006年8月2日

売上ランキング:最高22位(オリコン)
スペシャルユニット「Kōkua」としてリリース

収録曲
1.Progress
作曲:スガシカオ 編曲:武部聡志・小倉博和

2.街角
作曲・編曲:武部聡志・小倉博和

3.kōkua’s talk
作曲・編曲:kōkua

スガシカオさんの名曲「Progress」の魅力とNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』の番組情報


【画像:GATAG

「Progress」という単語には、「進歩」や「発展」という意味があります。

この曲はそんなタイトルどおり、聴く人を前向きな気持ちにさせ、少しずつでも進んでいこうと思わせてくれるところが魅力です。淡々と語りかけるような歌詞は、悩んだり壁にぶち当たっていると感じたときにふと大切なことを思い出させてくれます。ゆったりとしたリズムに乗せたバッキングは、一歩一歩道を踏みしめているような感覚に。歌詞とサウンドが絶妙にマッチしているところにも魅力を感じますね。

2005年、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌を依頼されたスガシカオさん。
その日に歌詞が仕上がらないと初回の放送に間に合わないというほどタイトなスケジュールの中での制作だったそうです。スガシカオさんのブログでは2013年のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』放送再開時に、制作時のエピソードを語っています。

人生の応援歌ってことで、ライト感覚な応援ソング
(よくあるやつね、勇気だの明日だのっていう・・)を
あてることもできたんだと思う。

でも、当時の番組プロヂューサーから、「強烈に重い内容もあれば、ほほえましい内容もある…現場で何が起きるかわからないし、物語の操作なんてできない」という番組の内容を説明され、これはなんかライト感覚では書けないなって思った。

(出典:公式ブログより)

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、様々な分野の第一線で活躍する「プロ」1人1人にスポットを当て、人物を掘り下げていくドキュメンタリー番組。スガシカオさんがブログで語っているとおり、毎回登場する人物によって内容は全く異なるため、楽曲の内容を考えるのは非常に難しそうですよね。しかしそんな背景から、スガシカオさんが仲間たちとともに魂を込めて作った楽曲ということが伝わってきます。

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』のために生まれたユニット・Kōkuaとは?

「Progress」はスガシカオさん名義ではなく、スペシャルユニット「Kōkua」(コクア)名義でリリースされています。Kōkuaはハワイ語で「協力する、協調する」という意味を持ち、音楽界のプロフェッショナルたちが集結し、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』のために結成されました。

Kokuaのメンバーはユニットのプロデューサー、編曲、キーボードは武部聡志さん。松任谷由実コンサートツアーの音楽監督やJUJUさんや一青窈さんなど有名アーティストのプロデューサーとして活躍する人物です。

ギターはサザンオールスターズなどのライブでも活躍するギタリスト、コンポーザー小倉博和さん、ベースはCoccoさんやつじあやのさんなどのプロデューサー・根岸孝旨 (Dr.StrangeLove) さん、ドラムは世界的に有名なバンドであるシンプリー・レッドの円熟期を支えた屋敷豪太さん。

そしてボーカル・作詞作曲はスガシカオさんという日本の音楽を支えるメンバーたちで構成されています。

何年経っても心に残る名曲「Progress」


【画像:Photo AC

「Progress」のために結成されたスガシカオさん率いるKokuaですが、2016年には全国4カ所のホールツアーを開催、今年2017年4月にはツアーの様子を収めたDVD/BDもリリース。これからもハイクオリティなサウンドを届けてくれることが期待されます。

20周年を迎え、アーティストとして新たな領域に入ったスガシカオさん。

何年経っても多くの人の心に残る名曲「Progress」のような楽曲を、今後もたくさんリリースしてくれるはず。ますます波に乗っていくスガシカオさんから目が離せません!

スガシカオの他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。