スガシカオの「午後のパレード」は、明るくポップで、それでいてシニカル。

2006年に発売されたスガシカオさんのシングル「午後のパレード」。

この曲は、積水ハウス『シャーメゾン』のCMソング、日本テレビの番組『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』のオープニングテーマ曲、映画『髪がかり』の主題歌と、なんと3つものタイアップになったんですよー!

今回はスガシカオさんの「午後のパレード」について紹介していきます♪

まずはスガシカオ「午後のパレード」のPVを見てみましょう♪


(出典:youtube)

プロモーションビデオでは、たくさんのダンサーがスガシカオさんと同じサングラスをかけて踊る様子が映し出されています。華やかで楽し気であるのに、同時に少し不気味さも感じられるPVですね。

スガシカオさんはこの曲についてインタビュアーに「華やかな曲じゃないですか。でも歌詞は意外とシニカルなとこがありますよね」と問われると、

と答えています。

午後のパレードが誕生したキッカケとは

午後のパレードをAmazonでチェック!

「午後のパレード」は、スガシカオさんが海外に行ったときに見たパレードがモチーフとなった曲です。そのパレードは不思議な雰囲気だったそうで、そこからインスピレーションを受けてこの曲が誕生したそうです。

そのため、歌詞には「黄色いクレヨンで描いた太陽は沈まない」など、海外を思わせるフレーズも登場します。

▶︎午後のパレードをAmazonでチェック!

あの屋敷豪太さんとのコラボ!

この曲のドラムは屋敷豪太さんが演奏しています。スガシカオさんはインタビューで

と語っています。

そしてスガシカオさんは、ディスコと言ってもテクノが入ったディスコや、今っぽくないディスコにはしたくなかったと言います。

だから、屋敷豪太さんにオーダーしたそうです。

それまでのスガシカオとは違う一面

この曲、それまでのスガシカオさんの曲と比べて非常にPOPな曲ですよね。これについてスガシカオさんはインタビューでこう語っています。

「午後のパレード」は、スガシカオさんのひとつの転機となった一曲なのです。

スガシカオのオススメ記事はこちら

スガシカオさんのライブに行ってみましょう♪

いかがでしたか?チケットキャンプではスガシカオさんのチケットを取扱い中。ぜひライブに行ってみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。