SPYAIRでギターだけでなく独自のフロウのラップもこなすUZとは?

思い切りラウドでかつキリッとした極上のロックサウンドを届けてくれるバンド・SPYAIR (スパイエアー)。その爆音かつ轟音ギターとプログラミングを担当しているのがUZ(ユージ)です。

SPYAIR1 UZ(ユージ)1
(出典:プリ画像)

高校中退ということもあって、ちょっと不良っぽいけどギターの腕はバッチリ。ちなみに名古屋の音楽専門学校で学んでいました。

SPYAIR・UZの自由自在に弾き分けるギター・テクニシャンぶり

「SPYAIR UZ × BOSS OD-1X」


(出典:YouTube)

これは雑誌の企画でエフェクターを試している貴重映像。彼の素顔と、サラリと弾くハイテクニカルなギターフレーズが何ともかっこいいのです。

やっぱりこうした自由自在にいろいろなパターンを弾けるのは、音楽専門学校で学んだおかげなんだと思います。こうしたギター片手にいろいろ弾いてる時はまるで少年のようにはしゃいでいます。

SPYAIRのラップパートはUZが担当しています!

「Trust Your Anthem」


(出典:YouTube)

以前よりラップはUZが担当。この曲ではひときわそのスキルを磨きぬいたUZのフロウがすばらしいのです。

IKEの爽やかさと力強さを込めたサビメロディーに対し、不穏なまでに挑発的なUZのラップ。タイトル及びリリックに込められたテーマは「お前は自分の”絶対”を信じられるか?!」ってことなのだとか。

ちなみにメイン歌詞を作っているMOMIKENとはきちんと事前に打ち合わせをして、歌詞の世界観を統一したそうですよ。

ひたすらにぼやけた人間を挑発するSPYAIR・UZの攻撃的ラップ

SPYAIR2 UZ(ユージ)2
(出典:名古屋ビジュアルアーツ)

ちなみにそこでクールにライム(※韻を踏む)されている一部を紹介してみます。

♪(ラップ)Myself 雑踏の中 聞こえる声
馬鹿を見る事恐れ
愛想笑い せまりくる危機
探してたんだ 存在意義
あてぶりなEasyなShow
足りない 不完全なCombination
誰かに合わす日々なんでしょ?

日常に埋没してしまいそうな人間たちに対する、ガツンとした挑発的メッセージ、実にかっこいいです!もちろんそれに呼応するように入ってくるIKEさんのヴォーカルとの対比もお見事です!

SPYAIRの他のオススメ記事

チケットキャンプではSPYAIRのチケットを取扱中!

SPYAIR3
(出典:JpopAsia)

さて、SPYAIRのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるものなのです。

もちろんチケットキャンプではSPYAIRのチケットを取り扱っています。ぜひチェックしてみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。