スピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』の曲感想まとめ!

通算15作目となるスピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』はもうお聴きになりましたか?本記事ではアルバム『醒めない』の曲の感想をまとめてみました!

【スピッツ(Spitz)アルバム『醒めない』】

(出典:amazonより)

ボーカルの草野マサムネさんの癒し系ボイスが魅力のロックバンドスピッツ(Spitz)。そんなスピッツ(Spitz)にとって通算15作目となるオリジナルアルバム『醒めない』。

2016年7月27日に発売されました。前作の『小さな生き物』から約3年ぶりのアルバムとなっており、ファンの方にとっては待ちに待ったニューアルバム!といった感じですね。

最新シングルの『みなと』も収録されており、聴きごたえのある1枚となっています。そんなスピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』の楽曲の魅力と共に、ファンの方の感想なども併せてご紹介していきたいと思います。

【スピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』の曲感想 01・醒めない】

(出典:pixabayより)

まずはアルバムのタイトルにもなっている、『醒めない』。こちらの曲は、歌詞の中に、まだまだ醒めずスピッツ(Spitz)は続いていくよというようなニュアンスの歌詞となっています。ファンの方々への感謝の気持ちも込められているような曲ですね。

パンチのきいた曲調をファンの方も気に入っているようです!朝から出勤中に聴いて、1日のテンションをこの曲でアゲていくのもオススメです!

【スピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』の曲感想03.子グマ!子グマ!】


(出典:pixabayより)

タイトルからは想像できない、カッコイイ曲となっていますね。その一方で、女性のボーカルが入っていたり、どことなくかわいらしい歌詞となっています。スピッツらしい独特の雰囲気がたまりません!

ボーカルの草野マサムネさんの声に魅了されている方の感想です!癒されますよね!

【スピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』の曲感想 06.グリーン】


(出典:pixabayより)

爽やかな印象を受けるこちらの一曲。草野マサムネさんの歌い方も、とても気持ちよさそうで、聴いているだけでスッキリとしてしまうような曲に仕上がっています!なんだかもやもやとしてしまうそんな日に是非聴いていただきたい1曲です!

聴いているだけでスカッとする!とツイートしているファンの方。タイトルの『グリーン』も曲にぴったりと合っています!

【スピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』の曲感想 09.モニャモニャ】


(出典:pixabayより)

タイトルの『モニャモニャ』の通り、かなりの癒し系ソング。草野さんの歌声はまるで子守歌のようにまで聴こえてきますね。是非夜寝る前に聴きながらウトウト…としたい1曲となっています!

ちなみにこちらの『モニャモニャ』は、アルバムのジャケットに使われているモニャモニャとした生き物の名前とされていて、モニャモニャのオリジナルグッズなども販売されていたようです。大人気で、入手するのはとても困難だった模様。

こちらの方もモニャモニャの魅力にやられてしまっていますね♪何とも言えない癒し系の曲『モニャモニャ』と謎の生き物モニャモニャです♪

【スピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』の曲感想11・ヒビスクス】


(出典:pixabayより)

サビの盛り上がりがたまらないこちらの1曲!CMにも起用されていたので、耳にされた方も多いと思います。

トイレ掃除の際も頭を離れない『ヒビスクス』。中毒性の高さは計り知れません!

スピッツの他のオススメ記事

【スピッツ(Spitz)のアルバム『醒めない』のまとめ】


(出典:pixabayより)

全14曲収録の中から、オススメの曲と感想を添えてご紹介させていただきました。紹介した以外の楽曲も、スピッツ(Spitz)らしさ溢れる魅力ある曲ばかりとなっています!あなたのお気に入りはどの曲でしょうか?

実はこちらのアルバム『醒めない』は、アナログレコーディングでの制作となっているのです。味のあるアルバムとなっておりますので、是非聴いたことがない方も、聴いた方がある方はもう一度、手に取ってみてはいかがでしょうか?

草野マサムネさんの癒し系ボイスによってストレス社会に負けず頑張っていきましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。