スピッツ チケット
スピッツの名曲カバー特集!ロビンソンや空も飛べるはずなど

スピッツは大学のサークル活動から始まり、最初はパンクをやろうとしていました。しかし、ボーカルの草野マサムネがTHE BLUE HEARTSの「人にやさしく」を聴いてショックを受け、活動休止。

その後もう一度バンド結成しライブハウスで活動をしていましたが、その頃はまだTHE BLUE HEARTSのスタイルに倣っていました。

やがて他からのアドバイスもあり、アコースティックギターを持ったときから、少しずつ今のスピッツのスタイルが定まっていきました。全ての曲の作詞を草野が行い、作曲もほとんどは草野が担当しています☆

紆余曲折を経てたどり着いた自分たちらしい曲の数々は多くの人に愛され、豪華なアーティストたちがこぞってカバーしています♪ほんの一部ですが、5人のアーティストのカバー曲を、どうぞお聴きください!

スピッツ カバー
(出典:blogs.yahoo.co.jp)

万人から愛されるスピッツの名曲「ロビンソン」絢香の「音楽で遊んでみた」バージョン!

スピッツには名曲がたくさんありますが、その中でもベスト3に入る永遠の名曲「ロビンソン」♪1995年4月にリリースされた、スピッツ の11枚目のシングル曲です。テレビドラマ「白線流し」の挿入歌として起用され、またキリンビバレッジの「午後の紅茶」のCMにも起用されました。

2013年度時点でスピッツの全曲中最大のCD売り上げを記録しましたが、メンバーの予想では地味な曲だから売れないと思ったとのこと☆

絢香は、ほかのアーティストの曲をカバーして「音楽で遊んでみた」というタイトルで動画をアップしていますが、これもその一つです。スピッツも絢香も好きな人には嬉しい一曲!

スピッツの 「チェリー」を aikoがカバー♪

aikoの歌声で聴く「チェリー」☆これも多くの支持がある曲です!ほかにも多くのアーティストがカバーしていますが、aikoはスピッツの原曲からあまり編曲を変えずに、歌い方でaikoらしさを出しています♪

松任谷由実の「楓」?!いえいえスピッツの「楓」です☆

歌謡界の大御所、ユーミンこと松任谷由実が歌うスピッツの「楓」♪まるで初めからユーミンの曲だったかのように、編曲からテイストまで、すっかりと自分のものにしているところはさすがです!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。