フリースタイルダンジョンのテーマ曲!AAA SKY-HIのラップの実力に迫る!

テレビ朝日『フリースタイルダンジョン』という番組で3期連続でエンディングテーマ曲を務めているSKY-HI。AAAになる前からラップが好きで、独学で学んだというかなり熱い想いを持ったアーティスト。喉の手術や偏見からの苦悩を乗り越え復活したSKY-HIは、AAA(トリプルエー)のメンバーでもあり、ラッパーであり、シンガーソングライターであり、まさにエンターテイナー。今回は『フリースタイルダンジョン』エンディングテーマ曲となっているdungeonシリーズ3曲について掘り下げ、SKY-HIのラップの魅力に迫ります!

SKY-HI『フリースタイルダンジョン』テーマ曲をご紹介!

テレビ朝日『フリースタイルダンジョン』という番組で3期連続で主題歌を務めているSKY-HI。SKY-HIという名前はULTRA NANIWATICMC’Sから貰ったそうです。SKY-HIはラップが若い頃から好きで、良い音楽を届けることに関してかなり熱い想いを持ったアーティスト。喉の手術や偏見からの苦悩を乗り越え、数々のライブやフェスに出演してきたSKY-HIは努力家でファンをとても大切にされています。AAA(トリプルエー)のメンバーでもあり、ラッパーであり、シンガーソングライターであり、まさにエンターテイナー。

今回は『フリースタイルダンジョン』エンディングテーマ曲となっているdungeonシリーズ3曲について掘り下げると共に、SKY-HIのラップの魅力に迫ります!

SKY-HI「Enter The Dungeon」

  • 「Enter The Dungeon」
  • 放送期間:2015年9月30日〜2016年4月6日
  • Lyrics:SKY-HI
  • Music:SKY-HI
  • Music & Track Produced by JHETT a.k.a YAKKO

5thシングル「アイスリライト」に収録されています。

『フリースタイルダンジョン』のフリースタイルバトルで「モンスター」と呼ばれるラップの猛者と戦う挑戦者を、映画の物語だったり番組のコンセプトになっているRPGになぞられて歌っています。テーマ曲になったことで一躍話題となりました。

作詞、作曲をSKY-HIがしているところに注目です。SKY-HIの曲作りにはいつもストーリーがあるのが特徴的です。

歌詞の一部の<戦って勝ってみせたって終わりなんて見えやしないダンジョン>というラインからもわかるように、戦っても戦っても次々と強いボスが現れ、何度栄光を手にしてもその戦いは終わらない。そんな戦い続ける人へのアンセムになればと思って作られたそうです。

iTunesでは配信後、ヒップホップ/ラツプカテゴリーでトップソング1位を獲得しました。

ハードなラップでありながらかっこいい声とポップで聞きやすいところがさすがと言えます。

SKY-HI「Welcome To The Dungeon」

  • 「Welcome To The Dungeon」
  • 放送期間:2016年4月13日〜2016年10月5日
  • Lyrics:SKY-HI
  • Music:DJ WATARAI
  • Track Produced by DJ WATARAI

7thシングル「ナナイロホリデー」に収録されています。

『フリースタイルダンジョン』のテーマ曲第2弾となった曲です。

番組に登場する7人のモンスターであるラッパーの名前と、オーガナイザーであるZeebraの名前をリリックに上手に取り入れています。前作があまりにもよくできた為、世界観を変える工夫をして生まれたスタイルだそうです。

SKY-HIの得意なフリースタイルラップが存分に発揮できていて、切れ味鋭いラップがかっこいい曲。

あの人の名前がこんなところに隠れている!と驚かされるのでぜひ聞いて探してみてください。

SKY-HIのスキルの高さが感じられる1曲となっています。

SKY-HI「Dungeon Survivors」

  • 「Dungeon Survivors」
  • 放送:2016年10月12日〜
  • Lyrics:SKY-HI
  • Music:SKY-HI
  • Music & Track Produced by CHIVA from BUZZER BEATS for D.O.C

8thシングル「Doble Down」に収録されています。

『フリースタイルダンジョン』テーマ曲第3弾となっている曲です。

前作同様番組の世界をRPGで表現していますが、今回格段に違うのはスキルが上がっていること。超絶スキルを見せつけています。

SKY-HIは『フリースタイルダンジョン』への感謝の気持ちを込めて時間をかけて作り、献上した曲で、自分の曲としては切り離して考えているようです。

『フリースタイルダンジョン』を見てラップを始めた人や、前からラップをしている人も、SKY-HIが簡単に追いつけないレベルに行っていることを思い知らされます。

得意の高速ラップが力強く、サビのメロディは口ずさみやすくテンション高い仕上りとなっています。2016年のライブや2017年初日本武道館でも披露され、会場を大いに盛り上げました。

ダンジョンシリーズの中で最も人気のある曲です。

SKY-HIの評価は?音楽人からの熱い声をご紹介!

SKY-HIは著名人、音楽アーティストやラッパーからもラッパーとしての才能を認められて賞賛されています。どんなテーマでに即興ラップできてしまう頭の回転の速さとワードセンスは、ラッパーにとって最大の武器となっているようです。

SKY-HIの6thシングル「クロノグラフ」に対するアーティストからのコメントを一部ご紹介します。

DJ WATARAI

出すごとにクオリティがグングン上がっていてSKY-HIのセンスとアイデアが溢れていて素晴らしいアルバムになってます!一緒に仕事させてもらっていつも本当にいい刺激をたくさん貰っています!

(引用:SKY-HI/SPECIALより)

 

Vampillia

paper B-boyの耳と目しかもたない僕にとってもSKY-HIのスキル、ルックスはWジャスティンに比類するものだってわかる。全てが出尽くしたこの現代に必要なものって確かなスキルとキュートなルックス。その両方がある彼は今で無敵だ。

(引用:SKY-HI/SPECIALより)

 

三浦大知

昔から日高君はHIPHOP愛が常に止め処なく溢れていました。

沢山のクリエイターの方と共に作られたHIPHOP愛の様々な形。
SKY-HIにしか生み出せないカタルシスが存分に詰まった一枚だと思います。

(引用:SKY-HI/SPECIALより)

 

岩間 俊樹 from SANABAGUN

こんなにも聞き手に寄り添う形で表現されていることに一、リスナーとしては強く共感。一、表現者としては悔しくなってしまいました。SKY-HIの”心に溜まった感情が “何よりも届いて欲しいと願ってるように思える一枚です。

(引用:SKY-HI/SPECIALより)

SKY-HI『フリースタイルダンジョン』テーマ曲・まとめ!

(出典:Photo-ACより)

SKY-HIが手がける『フリースタイルダンジョン』のエンディングテーマ曲3曲をご紹介してきました。SKY-HIのラップは、エンターテイメント性に溢れ、初心者でも聴きやすい楽曲ばかりです。それは聞き手のことを一番に考えて気持ちいいラップを追求されているからではないでしょうか。SKY-HIのライブや、歌を聴いて勇気を貰ったり明日からも頑張れる力をもらえる、というファンが多いのも納得です。

アジアやヨーロッパでも公演を行うなど国内外でも注目度が増しているSKY-HIにますます目が離せません!

時にはアコースティックギターを弾いたり、カラフルでやさしいラップ曲もあります。ぜひ他の曲も聴いてみてくださいね!

 

続けて読んでおきたいオススメ記事はこちら!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。