Skoop On Somebody「Billboard Live 2017」ライブの詳細&座席情報まとめ!

2017年にはメジャーデビュー20周年を迎えたSkoop On Somebody。R&Bのサウンドを中心に、ボーカルのTAKEさんの歌声が心に染み渡る曲を作り続けています。長年音楽界で活動を続けてきたSkoop On Somebodyですが、普段とは趣向の違うライブ「Billboard Live 2017」を、2017年10月に東京・大阪の2会場で開催予定です!今回はライブ「Billboard Live 2017」の詳細をはじめ、2会場の座席紹介をお伝えしていきます!

Skoop On Somebodyが10月開催のライブ「Billboard Live 2017」をチェック!!

2016年には活動20周年を迎えた、2人組の音楽ユニット「Skoop On Somebody」。ユニットでの音楽活動のほか、楽曲提供なども多く手掛けており、音楽界では名の知れた存在として現在も活動を続けています!

今回は2017年10月に開催されるSkoop On Somebodyの「Billboard Live 2017」について、ライブの詳細情報から会場・チケット情報、さらに座席紹介をまとめてお伝えしていきます。豪華な会場で行われるSkoop On Somebodyのライブをぜひ、お楽しみください!

Skoop On Somebodyのライブ「Billboard Live 2017」詳細情報

Skoop On Somebodyが2017年10月に行うライブ、「Billboard Live 2017」。まずはライブの詳細情報からお伝えしていきます!

公演名

Skoop On Somebody<Billboard Live 2017>

日程・会場・チケット情報

【大阪公演】
・日程
2017年10月8日(日) 2部構成
1部:15:30開場/16:30開演
2部:18:30開場/19:30開演
※完全入れ替え制

・会場
「ビルボードライブ大阪」

・料金
サービスエリア:税込9,000円
カジュアルエリア:税込8,000円※1ドリンク付

【東京公演】
・日程
2017年10月15日(日) 2部構成
1部:15:30開場//16:30開演
2部:18:30開場/19:30開演
※完全入れ替え制

・会場
「ビルボードライブ東京」

・料金
サービスエリア:税込9,000円
カジュアルエリア:税込7,500円※1ドリンク付

【販売開始時期】
・「State Of Soul」会員特別先行受付開始日
2017年8月12日(土)11:00~
※電話受付限定・先着受付

・一般予約開始日
2017年8月19日(土)11:00~

Skoop On Somebodyのライブ「Billboard Live 2017」【大阪会場】座席紹介

Skoop On Somebodyが2017年10月に行うライブ「Billboard Live 2017」。まずはライブの詳細や会場・チケット情報をお伝えしました。

ここでは、2017年10月8日(日)に行われる大阪公演の会場「ビルボード大阪」の座席情報をお伝えしていきます。各座席紹介をはじめ、席ごとの特徴などをチェックしてくださいね!

サービスエリアとカジュアルエリアの違い

Skoop On Somebodyのライブ「Billboard Live 2017」では、サービスエリアとカジュアルエリアの2種類の座席が用意されています。ボルボード大阪の座席は、普段は別料金が発生するメンバーズシートとBOXシートを含むステージに近いサービスエリア、ステージより高い位置にあるカウンター席のカジュアルエリアに区別されています。

サービスエリアではフードやドリンクが運ばれてくるのに対してカジュアルエリアではセルフサービスと異なる点や、サービスエリアの背後にカジュアルエリアが設けられるため、サービスエリアの方がより近い距離でライブを楽しめるというメリットがあるのも特徴です。また、サービスエリアはテーブル席とカウンター席の2種類が用意されているので、好きな席を選べるという自由さもありますね。

各座席の見え方は?

Skoop On Somebodyのライブ「Billboard Live 2017」が行われる、大阪公演の会場「ビルボードライブ大阪」。サービスエリアとカジュアルエリアの座席では、ステージの見え方にどんな違いがあるのでしょうか?

【テーブル席(サービスエリア)】
サービスエリアに区分されているテーブル席はステージの正面に位置するため、ステージとの一体感が楽しめる座席でしょう。ステージの見え方ですが、奥の座席になると前のテーブル席に座るお客さんの頭で少し見えにくい場合もあり得ます。

フラットなフロアになるため、前の座席の方がステージが見やすいという点では、テーブル席を選ぶ際のポイントになるでしょう。

【カウンター席(サービスエリア)】
テーブル席の左右に配置されたカウンター席は、ステージを横目に見るような見え方となるでしょう。テーブル席と同じエリアに位置した席では同じ目線でライブを楽しめますし、段差を上がった座席では全体のステージをより見やすい座席といえます。

【BOXシート(サービスエリア)】
普段は特別な座席となるBOXシートは、テーブル席より1段上がった先にある、ゆったりしたソファシートが特徴的な座席です。ステージからは多少距離があるため、ライブを眺めるような感じとなりますが、1段の段差によって前が見えにくいなどの心配はないでしょう。

【カジュアルエリア】
サービスエリアの後方に位置しており、ステージからは段差の高い座席のカジュアルエリア。カウンタータイプの座席となっており、ステージ正面と、ステージ左右に座席が2列ほど配置されています。

ステージから距離感や高さがあるため、ステージの熱気からは少し離れてしまうのが座席の特徴で、正面エリアの後ろはBARになっているため、少し騒がしくなるところに注意したい座席です。ステージを肌で体感したい!というよりは、少し離れた空間で楽しむ感じになるようですね。

Skoop On Somebodyのライブ「Billboard Live 2017」【東京会場】座席紹介

Skoop On Somebodyが2017年10月に行うライブ「Billboard Live 2017」。大阪公演の会場「ビルボードライブ大阪」の座席紹介に続いて、ここでは2017年10月15日(日)に行われる東京公演の会場「ビイルボードライブ東京」の座席紹介をお伝えします!

サービスエリアとカジュアルエリアの違い

Skoop On Somebodyのライブ「Billboard Live 2017」では、大阪公演と同様にサービスエリアとカジュアルエリアの2種類の座席が用意されています。東京会場のビルボードライブ東京は、3階~5階席と会場が3階層の座席によって構成されているのもポイントです。

3~4階の一部はメンバーズシートとBOXシートを含むサービスエリア、4階の一部~5階はカジュアルエリアの座席とハッキリ分かれているため、エリアの違いでステージの見え方も大きく異なります。

各座席の見え方は?

Skoop On Somebodyのライブ「Billboard Live 2017」が行われる、東京会場の「ビルボードライブ東京」。六本木の景色が望める会場のサービスエリアとカジュアルエリアの座席によるステージの見え方についてご紹介します。

【テーブル席(サービスエリア)】
サービスエリアに区分されているテーブル席はステージと同じ3階に位置する座席ですので、ステージに一番近い距離で楽しめる座席といえるでしょう。ステージ自体に高さがあまりないため前方席ではすぐそこでライブを楽しめるような臨場感のある見え方が楽しめるほか、奥の座席ではビルボードライブ大阪同様に前のテーブル席に座るお客さんの頭で少し見えにくい場合もあり得ます。

また4階部分がせりだした作りとなっている関係で、ステージ正面最後尾や左右のテーブル席では、前方席に比べても狭く暗く思えてしまうこともあるようですね。

【カウンター席(サービスエリア)】
ステージよりも1階層上の4階に位置するカウンター席は、ステージ正面に位置しており、BOXシートを挟んで2列で構成された座席です。ステージの正面なのでテーブル席よりもステージへの距離は若干あるものの、見えやすい座席といえるでしょう。

ただし、BOXシートより後方のDHシートでは真後ろがBARカウンターになるため、少し騒がしくなることもあるようです。

【DX・Duoシート(サービスエリア)】
サービスエリアのカウンター席同様に4階席に位置するDXまたはDuoシートと呼ばれる座席は、ソファのふかふかした豪華な座席が特徴的。ステージ正面に位置したDXシートとステージ左右に配置された丸い形のDuoシートと2種類あり、DXシートはステージをやや見下ろすような見え方になるのに対してDuoシートは斜めにステージを見下ろす形になります。

それぞれのシートが隔離されているためプライベートな空間を楽しめるのはDuoシートですが、ステージの見えやすさでいえばDXシートでしょう。

【カジュアルエリア】
4階のDuoシートの後方と、5階のカウンタータイプと丸テーブルを挟んだBARタイプで構成されているのが、カジュアルエリアの座席。ステージからは2階層も上のため、5階席ではステージをほぼ見下ろす見え方となり、ステージからの距離も遠目の座席です。

4階のカジュアルシートは段差のある2列で構成された座席のため、ステージからの距離感は多少近くなるもののステージを斜め下に見下ろす形となるので、見え方よりも音楽をより楽しみたい人向けでしょう。

Skoop On Somebodyのライブ「Billboard Live 2017」では、よりよい座席を確保しよう!

(出典:Photo ACより)

2017年には久保田利伸さん作曲のシングルを5月にリリースし、メジャーデビュー20周年記念を迎えたSkoop On Somebody。ここでは2017年10月に開催される、2公演でのライブ「Billboard Live 2017」の日程・会場・チケット情報を含む詳細をはじめ、各会場の座席紹介をお伝えしました。

食事を楽しみながらライブを楽しめる、大人な雰囲気の会場で行われるSkoop On Somebodyの「Billboard Live 2017」。ぜひ座席紹介を参考に、よい座席で最高のライブをお楽しみください!

Skoop On Somebodyの関連記事はコチラ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。