名曲を聞き逃すな!スカート(澤部渡)のおすすめ曲TOP5

スカート(澤部渡)の楽曲を聴いたことはありますか?「まだ聴いたことがない」という方は必見!今回はスカート(澤部渡)のメンバープロフィールや、おすすめ曲TOP5などスカート(澤部渡)の魅力をぎっしりお伝えします。おすすめの曲ばかりですので、聴かずにいるのは勿体ないですよ。是非ご覧になって下さいね!

スカート(澤部渡)ってどんなバンド?

スカート(澤部渡)というバンドを知っていますか?

スカート(澤部渡)は、ミュージシャン・澤部渡(さわべ わたる)さんによるソロ・プロジェクトです。

2006年に大学生活と並行しながら多重録音からの活動を開始し、2010年からはレーベル・カチュカサウンズを立ち上げ1stアルバムをリリースするなど活動が本格化。

2016年4月放送のミュージックステーションではスピッツのバックバンドとして出演し、放送終了後にその存在が話題になるなど今注目を集めているおすすめのバンドです!

今回はスカート(澤部渡)のバンドメンバープロフィールや、数ある楽曲の中からピックアップしたおすすめ曲TOP5、皆さんの感想などの情報をまとめてお伝えしていきます。

スカート(澤部渡)の魅力が詰まったおすすめの情報ばかりですので、是非最後までご覧になって下さいね。

おすすめバンド・スカート(澤部渡)のメンバープロフィール

おすすめバンド・スカート(澤部渡)は澤部渡さんのソロプロジェクトですが、バンドを支えているサポートメンバーも存在します。

澤部渡さんのプロフィールとサポートメンバー、バンド名の由来などの情報をご紹介します。

澤部渡(さわべ わたる)

1987年生まれ、東京都出身。シンガーソングライターであり、スカート(澤部渡)の主宰者。

好きなものは漫画と音楽。

澤部渡さんの作る楽曲は清涼感のあることで知られ、性別・年齢問わずに人気を集めています。

スカート(澤部渡)では、ボーカル・ギターをはじめとした楽器、作詞・作曲を担当。

スカート(澤部渡)以外でも、メンバー全員が本業を持っている8人組ポップバンド「トーベヤンソン・ニューヨーク」や「川本真琴withゴロニャンず」、俳優・金剛地 武志(こんごうち たけし)さんがボーカル・作詞作曲などを手掛けるロックバンド「yes, mama ok?」など、様々なバンドでサポートメンバーとしての参加をされています。

その他にも、アーティストへの楽曲提供やプロデュース、トリビュートアルバム企画も行うなど積極的に幅広い音楽活動を行われています。

サポートメンバー

  • 佐藤優介(カメラ=万年筆)

キーボード担当

  • 清水瑶志郎(マンタ・レイ・バレエ)

ベース担当

  • 佐久間裕太(昆虫キッズ)

ドラム担当

  • シマダボーイ(NATURE DANGER GANG、フジロッ久(仮))

パーカッション担当

スカート(澤部渡)のバンド名の由来とは?

バンド名「スカート」の由来は、澤部渡さん自身が女性に憧れていたことからつけられたそうです。

小さい頃から戦隊ものなどに興味は無く、女性が羨ましかったという澤部渡さんは、

ツイッターのアカウント名を「澤部わたる子」としていた時期もありました。

出典:いいからスカート澤部渡を聞けって!

必ず聴いておきたい、スカート(澤部渡)のおすすめ曲TOP5

スカート(澤部渡)の楽曲は、美しいメロディーラインに澤部渡さんのなめらかな歌声が響く、とても聴き心地の良い楽曲ばかりです。

中には、有名アーティストがコメントを寄せている楽曲もあります。

今回はその中でも特に人気のあるおすすめの曲TOP5と、皆さんの感想をまとめてご紹介します。是非聴いてみて下さいね。

おすすめ曲TOP⑤「ストーリー」

メロディーが美しく安心感を感じさせてくれます。つい聴き込んでしまう1曲です。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんや、歌手・音楽プロデューサーのtofubeatsさんもコメントを寄せています。

ミュージシャンからも評価されている「ストーリー」は必見です。

後藤は「『ストーリー』で恋するみたいに澤部君の音楽に出会って、僕はとても嬉しかった。また、どこかで一緒にステージに立てることを願っています」とコメント。

tofubeatsは「華やかで、軽やかで、でも通して聞くと実は穏やかにも味わえるこの爽快感はなんだろう」とサウンドの魅力をつづっている。

引用:音楽ナタリー

  • 収録CD

アルバム「ストーリー」

ライブアルバム「The First Waltz Award」

  • 発売日

2011年12月15日

  • 皆さんの感想

おすすめ曲TOP④「すみか」

ポップ・バラードの「すみか」は、「透明感がある」と話題の1曲。

すぐそばで流しておきたくなるような落ち着きがあり、少し哀愁も感じさせる楽曲です。

ノスタルジックのような要素を感じさせる歌詞とギターのアルペジオがお互いを引き立たせ、より深い1曲になっています。

  • 収録CD

アルバム「サイダーの庭」

ライブアルバム「The First Waltz Award」

  • 発売日

2014年6月4日

  • 皆さんの感想

おすすめ曲TOP③「ともす灯 やどす灯」

キャッチーなメロディーをつい口ずさみたくなってしまうような1曲。

バンド演奏が全体的にシンプルでありながら、曲の雰囲気は程よくポップであり、塞ぎがちな雨の日の気分を明るく彩ってくれそうな楽曲です。

MVも可愛らしい仕上がりになっていますよ。

  • 収録CD

アルバム「ひみつ」

ライブアルバム「The First Waltz Award」

  • 発売日

2015年2月1日

  • 皆さんの感想

おすすめ曲TOP②「アンダーカレント」

澤部渡さんのツイッターにて、豊田徹也先生の漫画「アンダーカレント」(講談社)のオマージュであると発表されているこの楽曲。

MVのストーリー性のある映像に惹き込まれるように、気づいたら聴き入ってしまいます。

はっきりとは言い表せない不思議な切なさ・温かさが融合している名曲です。

  • 収録CD

アルバム「CALL」

  • 発売日

2016年4月20日

  • 皆さんの感想

おすすめ曲TOP①「CALL」

3rdアルバムのタイトル曲にもなっている「CALL」。

聴きやすいサウンドで、ゆっくりとスカート(澤部渡)の世界を楽しむことが出来ます。

ゆったりとしたメロディーとなめらかな歌声の効果で、歌詞がすっと心に沁み渡る1曲。

アップテンポな楽曲ではありませんが、聴いた後にお腹いっぱいの気分になれるような楽曲です。

「こういった名曲にはなかなか出会えない」との感想も多数の「CALL」は、是非聴いて頂きたいおすすめの1曲です。

  • 収録CD

アルバム「CALL」

  • 発売日

2016年4月20日

  • 皆さんの感想

旬なバンド情報が満載!関連記事もチェックしよう!

名曲揃いのスカート(澤部渡)の楽曲はおすすめの曲ばかり!


出典:PAKUTASO

いかがでしたでしょうか?

スカート(澤部渡)のバンドメンバープロフィール、おすすめの曲TOP5、皆さんの感想などの情報をまとめてお伝えしました!

澤部渡さんの柔らかくなめらかな声とバンドが奏でる美しいメロディーは、聴けば聴くほど魅力的に感じること間違いなし。今までのバンドのイメージとは違う、新しい彩りを発見することが出来ることかと思います。

今回ご紹介した5曲に限らず、スカート(澤部渡)の楽曲はどれもおすすめの名曲ばかりですので、気になった方は是非他の楽曲も聴いてみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。