謎多きバンド?シャムキャッツのおすすめ曲とメンバーを紹介!

2007年に結成されたインディーズバンド、シャムキャッツ。今年は、ゆうちょ銀行のCMソングに採用されたりと、徐々に活躍の場を広げつつあります。そんなシャムキャッツのNew Album ”Friends Again"発売日は6月21日間もなくです。ここで、おすすめ曲TOP5やプロフィールをまとめて紹介していきます!おすすめ曲の中にあなたのお気に入りが見つかると良いですね。

シャムキャッツ? なんだこの不思議なバンドは?

”シャムキャッツ”ってバンド名を聞いてどんなバンドを想像しますか?
シャム猫のようなキレイなお姉さんたちのバンド?
それとも、黒の革ジャン系で「路地裏」「野良猫」を連想するような
ハード系ロックバンド?

でも、「いったい、どんな人達で、どんなジャンルの曲をやるバンドなんだろう?」って、
ちょっと気になりますよね!
BEATELS以外に、小沢健二さんなどの影響を受けたという彼ら。
早速メンバーのプロフィールと、おすすめ曲TOP5をご紹介していこうと思います。

先ずはメンバー。不思議な4人組

メンバーは全員1985年生まれの同級生。
高校の終わりに菅原さん以外の3人が、「バンドやろう!」と言う事で結成。
当時は「淫乱シャムCATS」と言う名のパンクバンド!だったようです。

その後、直ぐに夏目さんの幼馴染であった菅原さんが加入し、現在のバンド名・シャムキャッツに!

  • 夏目知幸さん (Vocal&Guitar) 写真左上

メインボーカルでもあり、ギターも担当。
少し気だるい感じの曲が良く似合う、柔らかい声が印象的な夏目さんは、なんと高校・大学と早稲田出身のエリートです。
メインボーカルと言うと、大抵は、1人目立ちなタイプも多いと思うのですが、中学の時は生徒会長でもあったという夏目さんは、なんとなく「真面目」と言う言葉が似合うような、ボーカルと言うジャンルにしては珍しいタイプかもしれません。

  • 菅原慎一さん (Guitar&Vocal) 写真右下

担当パートに「Vocal」とも記載のある菅原さんは、シャムキャッツでも曲によっては、リードボーカルを担当したりもしています。
メインボーカルの夏目さんとの関係は、学生の頃から常に同じ感じだったようで、中学の部活では夏目さんが部長で、菅原さんが副部長、生徒会でも会長と副会長だったそうです。
しかし、一方で、バンド活動以外に単独でライブを行ったりもするのですが、その場所が、なんと銭湯!であったり(「フォークバンケット」次回は2017.6.18開催)、Instagramはなぜか大半が大好きなカレーの写真であったり、と言う個性も光ります。
多彩な音色を繰り出せるギターの技術には定評があり、他のバンドからの評価も高いようです。

  • 藤村頼正さん (Drums&Chorus) 写真左下

夏目さんと藤村さんの出会いは、地元の英会話教室(笑)だそうで、最初にこの2人が「バンドやろうか」と言い出したのが始まりだそうです。
その人柄には定評があり、菅原さんは、最初に夏目さんから藤村さんを紹介された時に、その人柄から「一緒にバンドやりたい」と思ったと、インタビューでも答えていました。
そんな藤村さんは、親交のあるアーティスト柴田聡子さんの曲「ゆべし先輩」のPV(プロモーションビデオ)に、ちょっとだけカッコ悪い「ゆべし先輩」役で登場していたりしますので、そちらも要チェックです。

  • 大塚智之さん (Bass&Chorus) 写真右上

ニックネームは”バンビ”。
Drumの藤村さんとは、高校の同級生で、夏目さんと藤村さんがバンドやろうと決めた時に「ベースがいないね」という理由で引き入れられたそうです。
しかし、元々ROCKやPOPではなく、フュージョン好きで理論派でもあった為、結成当初は音楽理論そっちのけであった夏目さんや菅原さんとは、別のルートを通ってきたタイプとも言えます。
それぞれのルートが異なるからこそ、今の個性が作り出せているのかもしれませんね!

では、シャムキャッツ おすすめ曲TOP5!

  • 第5位「GIRL AT THE BUS STOP」

これまで、彼らが出したアルバムの中で最もヒットした「TAKE CARE」に収録されている曲です。
Twitterのコメントにもあるように、メンバーの地元の団地で撮影したというPVの雰囲気と曲がとてもマッチしていて、ゆる~い感じの中に、ちょっと切なさが混じったような彼ららしい曲ではないでしょうか。

  • 第4位「洗濯物をとりこまなくちゃ」

自主レーベルになってからのEP「君の町にも雨はふるのかい?」の収録曲です。
これまた、気だるい感じが心地よく、歌詞もなんだか「あ~わかる。その感じ」という正に少しだけ憂鬱な、雨の日に聞きたくなる曲です。

  • 第3位「すてねこ」

バンド名にも通ずるようなこのタイトル。
否、バンド名はこの曲よりずっと前から存在したので、実際にはそうではないけれど、彼ら自身が「捨て猫」状況になってしまった(レーベルから独立する事になった)時期の心境で書いてみた曲なのだそうです。
こちらも前述の”君の町にも・・”の収録曲なのですが、タイトルのイメージよりは少しPOPで元気な感じもあり、個人的には錆の部分は、奥田民生さん的サウンドを醸し出しているように思えました。

  • 第2位「マイガール」

自主レーベル移籍後の、一つ目のSINGLEでもあるこの曲は、先ずは「キャッチー」という言葉が浮かびます。
何かのCMか映画の主題歌にでも使われていそうな出だしのフレーズは、一度聞いただけで、バッチリ耳に残ります。
3位までの曲とは打って変わって、爽やかですうっと聴きやすい曲ですね!

  • 第1位「Travel Agency」

お待たせしました!
こちらが、次のアルバム「Friends Again」に収録予定の一押し曲です。
PVも縦型撮影という拘り。
そして、マイガールから続く爽やか路線。
これからの季節、ドライブのお供にピッタリの曲ですね!!

気になるNewアルバム「Friends Again」の発売日は?

ニューアルバム「Freinds Again」の発売日は6月21日です!!
収録曲の「Four O’clock Flower」は、ゆうちょ銀行の新CMとして6月4日から本木雅弘さん扮する「ゆうちゃん」でお馴染みのシリーズのバックグラウンドで流れます。
乞うご期待!

まとめ


(出典:AC

さて、シャムキャッツのおすすめ曲はいかがでしたでしょうか?
興味を持たれた方の為に、この夏の彼らの予定をご紹介いたします。

  • “あそびなおす” DATE : 2017.6.10(Sat) PLACE : 長野・松本 旧・幸町保育園

  • YATSUI FESTIVAL!2017 YATSUI FESTIVAL!2017

    PLACE : TSUTAYA O-EAST / TSUTAYA O-WEST TSUTAYA O-nest / TSUTAYA O-Crest duo MUSIC EXCHANGE / 7th FLOOR / clubasia VUENOS / GLAD / SOUND MUSEUM VISION HARLEM PLUS / LOFT9 shibuya (合計12店舗)

  • SCLL LIVE “with the silence” 日程 : 2017.7.1(Sat) 場所 : 愛知・名古屋JAMMI’N

  • OUR FAVORITE THINGS 2017 日程 : 2017.7.9(Sun) 場所 : 岐阜・河川環境楽園

  • NHK-FM「ライブビート」 日程 : 2017.7.11(Tue) 場所 : 東京・NHKみんなの広場 ふれあいホール

  • GFB‘17(つくばロックフェス) 日程 : 2017.7.15(Sat) 場所 : 茨城・つくばねオートキャンプ場

  • Homecomings presents “BOWLER’S DELIGHT” 日程 : 2017.7.16(Sun) 場所 : 宮城・仙台enn3rd

  • カランコロン音楽祭 2017 決起会 日程 : 2017.7.23(Sun) 場所 : 三重・食堂カフェいちしな

  • shima fes SETOUCHI 2017 日程 : 2017.8.26(Sat)〜27(Sun) 場所 : 香川・小豆島ふるさと村

参加フェスやイベントが盛りだくさんですね!!気に入ったイベントがあれば、参加してみてはいかがでしょうか。

関連のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。