湘南乃風 若旦那こそ!理想のお父スタイル

ジャパニーズ・レゲエシーンの台風の目と言ったら4人全員がDJという男臭さ満点ヤンキー度無限大の湘南乃風(しょうなんのかぜ)

そのひときわデンジャラスな風貌と、妻が人気女性ヴォーカリストのMINMIということもあって、注目度の高いのが若旦那(わかだんな)。

2011年からはソロアーティストとしても活動している若旦那の秘密に迫ります!

若旦那の源流をたどるとINFINITY16に辿り着く

まずSHOCK EYEとともに所属していたことから、本格的レゲエサウンドユニットのINFINITY16(インフィニティ・シックスティーン)は外せないですよね。

湘南乃風となった今でも以下のようにフィーチャリングアーティストとして参加するくらい根っこにその存在があるのだ。ここで若旦那はホンモノのレゲエが生み出すグルーヴを心の芯まで叩き込んだといえます。

INFINITY 16 welcomez 若旦那 from 湘南乃風 & JAY’ED「伝えたい事がこんなあるのに」

若旦那の作曲の魅力に迫る

若旦那の書く曲は、実にリアル。まるでドキュメンタリーを見ているみたいに、聴いていると情景が浮かんできてしまいます。

ヒップホップ〜レゲエ系のアーティストの必殺定番テーマ「親への感謝」なんだけど、やっぱり若旦那が歌うとこうなります。ひと味、というかひとレベル違うですよね。

「いのち〜桜の記憶〜」

感謝してんのにあんた達扱いなところがニヤリとしちゃいます(笑)

奥様はMINMI、きっと若旦那は優しいけど強くて頼りがいのあるパパ

湘南乃風と自身のソロ活動の違いを聞かれて、

と語っていた若旦那。

そんな彼の究極のラブソングといえるのがこの曲。

「守るべきもの」

やっぱり偉大なるお父さんなんだよね、彼。そんな彼の包容力こそが彼の最大の魅力なんじゃないかな。

湘南乃風の他のオススメ記事

チケットキャンプでは湘南乃風のチケットを取扱中!行ってみよう!

チケットキャンプではもちろん湘南乃風のチケットも取扱中。生の興奮を味わうならやっぱりライブ。タオルを持ってぜひ会場に足を運んでみよう!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。