清水翔太「SNOW SMILE」は喜びと切なさの遠恋ナンバー

透き通る綺麗で甘い声と心揺さぶられる切ない恋愛ナンバーで、多くのファンの支持を集める清水翔太

そしてその歌詞の良さも人気の原動力となっていて、聴けば聴くほど心に染みわたる数々の楽曲を発表しています。

今や日本を代表するシンガーソングライターと言っても過言ではない清水翔太は、今年も全国のファンが待ち望む全国ツアー「清水翔太 LIVE TOUR 2015」で、私達の心を魅了してくれるに違いありません。

そこで今回は2014年に発売された冬の名曲「SNOW SMILE」にフォーカスを当ててご紹介させて頂きたいと思います!

清水翔太「SNOW SMILE」は遠恋の喜びと切なさを描くクリスマスソング

SNOW SMILE(初回生産限定盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

清水翔太の殊玉のラブソング「SNOW SMILE」は2014/11/12(水)に発売されました。

作詞・作曲は清水翔太自身が務め、自身による初のクリスマスソングになっています。

遠距離恋愛中のカップルが「クリスマス」に久しぶりに会う喜びや、再び離れ離れになることの切なさなどが凝縮されていて、特に全国の遠距離恋愛中の方々の共感を得ました。

この楽曲は2014年にディズニーリゾートのショッピングモールである、イクスピアリのクリスマスイベントとして開催された「クリスマス・キャロル・クロック」というプロジェクトマッピングショーの挿入歌にも使われ、多くのディズニーファンを楽しませたことでも話題になりましたね。

▶︎SNOW SMILE(初回生産限定盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

清水翔太「SNOW SMILE」の歌詞が心に染みわたる

続いて清水翔太「SNOW SMILE」の歌詞を見て行きましょう。

飛行機の距離に住む遠距離カップルが普通のカップルのように過ごすことの憧れや、久しぶりに会えた喜びが感じられますよね。会える日が待ち遠しくて待ち遠しくて、やっと会えた時の感動というのは、遠距離恋愛を経験したことがある方はとっても共感できるシチュエーションなのではないでしょうか?

久しぶりに会えたときは嬉しいけれども、この日を過ごしたら離ればなれになる切なさというのはデート中でも考えてしまうのが遠距離恋愛。この歌詞のように2人が離れ離れになっても寂しくないように、何かお揃いのものを持って遠距離を乗り切る。こういった経験も遠距離ならではだと思いますね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。