アートな夜と出演者!シブカル音楽祭。2017で音楽と映像のコラボが実現!

2011年より渋谷パルコをメイン会場に開催されてきたカルチャーイベント「シブカル祭。」。アート、ファッション、音楽、パフォーマンスなど、あらゆるジャンルの女子クリエイターがバラエティー豊かな表現を届けるイベントです。その中の音楽イベント「シブカル音楽祭。2017」が今年も10月27日(金)に渋谷WWWで開催。個性的なアーティストたちと気鋭のクリエイターたちが出演者として音楽と映像のコラボを味わえる「シブカル音楽祭。2017」の出演者をはじめ公演概要やイベントの見どころなどをまとめてご紹介します。

音楽×映像のアートな一夜「シブカル音楽祭。2017」の概要から、出演者のプロフィールをまとめてご紹介

2011年より渋谷パルコをメイン会場に開催されてきたカルチャーイベント「シブカル祭。」
アート、ファッション、音楽、パフォーマンスなど、あらゆるジャンルの女子クリエイターが毎年150名以上参加し、バラエティー豊かな表現を発表するカオスなイベントです。
その中の音楽イベント「シブカル音楽祭。2017」が今年も10月27日(金)に渋谷WWWで開催されます。
個性的なアーティストたちと気鋭のクリエイターたちによる音楽×映像のコラボレーション。音楽の楽しみ方が深まる贅沢な一夜となる「シブカル音楽祭。2017」の出演者をはじめ公演概要や会場の情報、イベントの見どころなどをまとめてご紹介します。

「シブカル音楽祭。2017」の公演概要

「シブカル音楽祭。2017」の公演日程

2017年10月27日(金)OPEN 18:30/START 19:00

「シブカル音楽祭。2017」の公演会場

渋谷WWW

「シブカル音楽祭。2017」の出演者一覧

小林うてな/禁断の多数決/CHAI/Akiko Nakayama/伊波英里/AAAMYYY/大島智子

「シブカル音楽祭。2017」のタイムテーブル

未定

「シブカル音楽祭。2017」の出演者のプロフィールをご紹介

「シブカル音楽祭。2017」の個性的な出演者のプロフィールをご紹介しましょう。

小林うてな

1989年生まれ 長野県原村出身
東京を拠点に、スティールパンやマリンバ、歌、作曲、DJなどを行なうソロ・アーティスト。
2010年に結成したガールズ・バンド“鬼の右腕”を主宰し、2013年FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE STAGEに出演。同年解散。その後、ソロでの活動をスタートしました。
ソロ活動と並行して、「D.A.N.」のライブにサポートで参加する他、様々なアーティストのライブやレコーディングへの参加、映画の劇中曲製作、楽曲アレンジ、音源制作等マルチに活動しています。

禁断の多数決

メンバーの素性を明かさぬまま独特の世界観を表現するクリエイター集団。
2011年より動画サイトにて自作のビデオクリップやグラフィックなどを公開し、耳の早い音楽ファンを中心に注目を集めました。
音楽面では、ダンスミュージックを中心に、R&B、Rap、ノイズ、ワールドミュージックなど型にハマらない音楽性が多く支持されています。音楽以外にも演劇、パフォーマンスなどジャンルフリーな活動を見せています。

CHAI

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組バンド。
ノンプロモーションにも関わらず、彗星のごとくSpotifyのUKチャートTOP50に代表曲「ぎゃらんぶー」が突如チャートイン(最高位36位)。
2017年にはSXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功に収めました。
今年の衝撃値No.1の“NEOかわいいバンド”、“NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド”が、『CHAI』に要注目です。

Akiko Nakayama

液体から固体までさまざまな材料を相互に反応させ、見るものに要素の流れがもたらす美的な快楽と、様々な景色や生命を想起させる「Alive Painting」という手法で世界を舞台に活躍する気鋭のアーティスト。
自ら音も絵も同時に奏でるソロパフォーマンスにおいては、音を「透明な絵の具」として扱い、絵を描くことによって空間や感情に触れています。
近年では、TEDxHaneda でのプレゼンテーション、Audiovisual Media festival 2015 (台湾) 、Ars Electronica Fes 2016 (オーストリア)、Lokerse Feesten 2917(ベルギー)等、国内外問わず活動の場を広げています。

伊波英里

2003年創形美術学校卒業後、ニューヨーク滞在を経て、2010年よりグラフィックアーティストとしての活動を開始。
漫画、ゲーム、お笑い、そしてディズニー作品など、表現媒体を問わずさまざまな創作表現を掛け合わせ、作品を生み出すアーティスト。
グラフィックデザインに軸足を置きつつ、映像やプロダクト、空間演出、テキスタイルなど、多岐に渡り活躍中です。

AAAMYYY

AAAMYYYさん(@amy0aaamyyy)がシェアした投稿

長野県出身のシンガーソングライター/トラックメイカー。CAを目指しカナダに留学するも、帰国後22歳からなぜか突如音楽制作を開始。
人気急上昇中のサイケロックバンド”Tempalay”のサポートメンバーとして活躍しつつ、2017年にAAAMYYY名義で始めたソロ活動でも注目を集めています。
その他にも、”KANDYTOWN”のメンバー”呂布”のゲストボーカル、ラジオMC、DJなど幅広く活動中です。

大島智子

女子美術大学メディアアート学科卒業、術ノ穴所属のイラストレーター・映像作家。
2010年ごろからイラストレーションを元にしたGIFアニメをTumblr上で公開しはじめ、2011年「ガストでもロイホでもラブホでもいいよ。」が第17回学生CGコンテストの最終ノミネートに残る。
どこにでもいるような女の子の繊細さやアンニュイな雰囲気の絵で、10代、20代の女子の支持を集めています。

「シブカル音楽祭。2017」の会場、渋谷WWWとは?

「渋谷WWW」は、2010年に東京渋谷・スペイン坂にオープンしたスペースシャワーTVがプロデュースするライブスペース。
“いま、ここにしかない”表現の場として、個性豊かなラインナップから、より多様な音楽、カルチャーを発信してします。
元々映画館だったためフロアに段差があり、ステージがとても見やすいと評判です。
開放感のある天井高や国内屈指の音響・照明・映像設備も相まって独自の個性を持った空間です。

住所

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下

交通アクセス

渋谷駅ハチ公口から徒歩7分。
スクランブル交差点正面の「Qフロント」ビル (TSUTAYA、スターバックスがあるビル)の右側の通りをひたすら直進。
西武デパートA館とB館の間を左折し、約180メートル先右側ZERO GATEの角からスペイン坂へ。
坂の頂上左側にあるCINEMA RISEの地下階がWWWです。

会場には駐車、駐輪スペースはありませんので、公共交通機関の利用をおすすめします。

「シブカル音楽祭。2017」の見どころ・まとめ


(出典:写真ACより)

10月27日(金)に渋谷WWWで開催される毎年恒例の音楽イベント「シブカル音楽祭。2017」。
その見どころは何と言っても、個性的なアーティストたちと気鋭のクリエイターたちによる音楽と映像のコラボレーション。
その日、その時、その場所でしか得られないライブな体験で、音楽の楽しみ方がこれまで以上に深まる贅沢な一夜となること間違いありません。
2019年の再スタートに向けて渋谷パルコが一時休業中となり変わりゆく渋谷の街で、これからを変えていく新たな女子アーティストと女子クリエイターが作り出すアートをぜひ身体中で味わってください。

その他の関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。