椎名林檎の浴室はディープでエロい狂気を描いた名曲

今年2014年でデビュー15周年を迎えてなお不動の地位を誇る、椎名林檎さん。

常に誰にも真似ができない孤高のポジションで有り続ける姿勢は、男女どちらから見てもカッコイイですよね!歳を重ねるごとに美しさにも磨きがかかっているような気がしませんか?

ここでは、そんな進化し続ける椎名林檎さんの名曲の数々の中から、初期の作品「浴室」をご紹介します。

「浴室」ってどんな曲?

「浴室」は2000年にリリースされたアルバム「勝訴ストリップ」の2曲目に収録されています。他にも「ギブス」「本能」「罪と罰」などシングルリリースされた曲も並ぶなか、林檎さん本人が「このアルバムの中で一番のお気に入りかもしれない」と言っているのがこの「浴室」なんです!

この曲は、レンタルビデオショップで「浴室」というフランス映画の背表紙を見かけた時に、ふと思いついたというエピソードがあります。

インスピレーションをフランス映画から得るなんて、さすが林檎嬢カッコイイ・・・と感じてしまいますね!

椎名林檎「浴室」の歌詞がエロい

浴室が入っているアルバム 勝訴ストリップをAmazonでチェック!

毎作、椎名林檎さんの曲は歌詞の言葉遊びが秀逸ですよね。「浴室」ではリズミカルな音にのせて、言葉が踊っているような曲調が印象的です。

特に筆者が一番好きなのは、サビのこの部分です!耳元でささやくような、ポツリポツリとつぶやくような唄い方・・・林檎嬢の手にかかると、なんとも艶っぽくてエロいんですよね。

そしてエロさがもっとも溢れるのが、こちらのフレーズ。「どういう意味!?」と考えてしまいますが、実は林檎嬢本人が制作意図を語ってくれているんです!

浴室が入っているアルバム 勝訴ストリップをAmazonでチェック!

椎名林檎「浴室」を味わうなら「勝訴ストリップオフィシャル フォト&スコア」を手元に

椎名林檎ファンのための、原曲に近いコード集と写真集を兼ね備えた1冊が「勝訴ストリップオフィシャル フォト&スコア」、全曲に本人の解説がついているんです!

もちろん「浴室」についても解説があり、このように語られています。

ん〜深いですね!愛を追求するあまり、狂気さえも感じる凄みが「情念系」とカテゴライズされる所以なんですね!

椎名林檎「浴室」の貴重なライブ映像


(出典:youtube)

こちらは2008年のライブ映像です。包丁を片手に持って唄うアーティストは、林檎嬢ぐらいではないでしょうか。

バックバンドも白衣を着ていてみな後ろ向きで演奏しており、ライブ会場がまるで幽霊屋敷かのような演出が印象的ですよね!

椎名林檎の他のオススメ記事

ディープな椎名林檎を味わうにはライブが一番!

いかがでしたか?「浴室」はディープな林檎ワールドが全開の名曲ですよね。さらにどっぷり雰囲気を味わうには、ライブに足を運ぶのが一番!

もちろんチケットキャンプでは椎名林檎のチケットも取扱中です。欲しいチケットをリクエストする機能もあるので、チェックしてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。