椎名林檎の名曲「ギブス」を改めて聴いてみる

「ギブス」は2000年に発売された椎名林檎さんの5枚目のシングルです。セカンドアルバム『勝訴ストリップ』にも収録されています。

「ギブス」は今もなおファンが多い曲であり、また、カラオケでも十八番にしている方も多々いらっしゃるので椎名林檎さんの5枚目のシングルです。はないでしょうか。

今回は、名曲「ギブス」を改めて紹介したいと思います。

まずはミュージックビデオを見てみる

ギブスのプロモーションビデオは、YouTubeの上記のURLから見ることができます。まずはミュージックビデオをお楽しみください。

色っぽいピンクのミニワンピ姿でギターの弾き語りをする椎名林檎さんが印象的です。

ちなみに、このワンピは椎名林檎さんの私物で、渋谷109で購入されたそうです。

曲にまつわるエピソード

ギブス をAmazonでチェック!

「ギブス」は、シングル「罪と罰」と同時に発売されました。椎名林檎さんの曲の中で最も累計売上が多いのが「本能」、そして二番目の売り上げがこの「ギブス」です。

この曲は、椎名林檎さんが当時交際していた男性に向けた曲であるとインタビューで語っています。

2002年には特別番組「クリスマスの約束」では、小田和正さんがギブスをカバーし、話題になりました。

▶︎ギブス をAmazonでチェック!

カートとコートニーとは?

2番の歌詞に

という一節があります。

カートとはアメリカのロックバンド「ニルヴァーナ」のボーカルであるカート・コバーンであり、コートニーとはアメリカのミュージシャンであるコートニー・ラヴのことです。

カートとコートニーは印象的に曲中に現れますが、ニルヴァーナは当時交際していた男性が好きだっただけで、椎名林檎さんにとっては特に思い入れはないそうです。

歌詞の世界観

前節でも述べた通り2番では、カートとコートニーという2人の人物が現れます。2人は夫婦でしたが、夫のカートは薬物中毒の末に自殺をしてしまいます。

この曲では、カートのように強いながらも暗い一面を持つ男性像が描かれているのではないでしょうか。

また、コートニーも14歳のときに逮捕歴があり、離婚歴もあり、決して完璧な人間とは言えません。ギブスは、そのような2人の交際を描いた曲なのではないでしょうか。

椎名林檎のおすすめ記事

椎名林檎の声に聞き入ろう

椎名林檎さんの「ギブス」はいかがでしたでしょうか。椎名林檎さんは、現在も精力的にライブを開催しています。2014年11月と12月にも、全国アリーナツアーが行われる予定です。

椎名林檎さんの歌声を生で聴きたい方は、ぜひライブに足を運んでみてください。チケットキャンプでは、椎名林檎のライブチケットを取扱い中です。ぜひ実際に足を運んでみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。