SEKAI NO OWARI(セカオワ)の人気曲ランキングTOP10!ファンの感想が集まるおすすめ曲について歌詞やメイキングの裏話、PV動画や見どころを紹介!

今や国民的アーティストの1つとなったSEKAI NO OWARI(セカオワ)。今回はそんなSEKAI NO OWARI(セカオワ)のおすすめの人気曲を売上ランキングTOP10の上位3位を歌詞やPVと一緒に紹介します!

SEKAI NO OWARI(セカオワ)の人気曲ランキング

今や国民的アーティストの1つとなったSEKAI NO OWARI(セカオワ)。最近では「End Of The World」名義で海外展開も進めていて、ますます活動の幅が広がっていますよね。

今回はそんなSEKAI NO OWARI(セカオワ)の人気曲を動画や歌詞とあわせて、発売日やPVの見どころ、ファンの感想などを紹介します!

(出典:PICSより)

【SEKAI NO OWARI(セカオワ)の売上ランキング】

(出典:JapanCulture•NYCより)

SEKAI NO OWARI(セカオワ)のシングル売上TOP10は、2016年11月現在では次のようになっています。

  • 1位: RPG (2013年5月1日リリース)
  • 2位: スノーマジックファンタジー (2014年1月22日リリース)
  • 3位: Dragon Night (2014年10月15日リリース)
  • 4位: 炎と森のカーニバル (2014年4月9日リリース)
  • 5位: ANTI-HERO (2015年7月29日リリース)
  • 6位: SOS/プレゼント (2015年9月25日リリース)
  • 7位: Hey Ho (2016年10月5日リリース)
  • 8位:眠り姫 (2012年5月30日リリース)
  • 9位: INORI(花鳥風月/不死鳥/Never Ending World) (2011年8月17日リリース)
  • 10位: スターライトパレード (2011年11月23日リリース)

今回はこの中でも上位3曲について紹介します!

【SEKAI NO OWARI(セカオワ)人気曲ランキング第3位:Dragon Night】

人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があるとおもうんだ
(引用:j-lyric)

SEKAI NO OWARI(セカオワ)人気曲ランキング第3位は、2014年10月15日発売の「Dragon Night」です。

「ドラゲナイ」の愛称でも親しまれているこの曲は、第一次世界大戦のクリスマス休戦がテーマとなっていて、それまでオーケストラアレンジが多かったのに対してこの曲ではEDMアレンジになっています。

本格的に世界進出をするにあたって海外のプロデューサーを迎え入れ、ファンの感想でもセカオワのファンタジックな世界観と海外発のEDMのキャッチーさが絶妙なバランスでマッチしていると人気を集めています。

元々は海外でリリースするためにアメリカでレコーディングされた曲であったためPVも英語で収録されていますが、日本でもリリースできる楽曲だと思い急遽日本向けにメイキングしなおしたとFukaseさん自身が語っています。

【SEKAI NO OWARI(セカオワ)人気曲ランキング第2位:スノーマジックファンタジー】

この世界は知らない方がロマンチックなこともたくさんあるのでしょう?
(引用:j-lyric)

SEKAI NO OWARI(セカオワ)人気曲ランキング第2位は、2014年1月22日発売の「スノーマジックファンタジー」です。

JR SKISKIのCMタイアップ曲としても話題を集めたこの曲は、冬のイメージから連想される寂しさ、キラキラ感、ワクワク感が曲全体に散りばめられているとファンの感想でも人気の高い曲の1つとなっています。

ベースパートとして3大ピアノの1つであるベーゼンドルファーのピアノ音が使われていたり、ギターアンプの代わりに100年前の蓄音機を改造したものを使用しているなど、サウンドメイキングにおいてもFukaseさんのこだわりが感じられますね。

PVでもメンバーそれぞれがマーチング、指揮者、チアリーダー、鼓笛隊に扮していて、中でもSaoriさんのチアダンスが楽しそうで一生懸命に踊っているところは見どころです!

【SEKAI NO OWARI(セカオワ)人気曲第1位:RPG】

「方法」という悪魔にとり憑かれないで
「目的」という大事なものを思い出して
(引用:j-lyric)

SEKAI NO OWARI(セカオワ)人気曲ランキング第1位は、2013年5月1日発売の「RPG」です。

仲間、冒険、絆をテーマにしたこの曲ですが、実はFukaseさんとSaoriさんがバンドをやめるというほどの大喧嘩をし、その後仲直りした後に歌詞が浮かんできたといいます。

「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の主題歌として採用され、YouTube再生回数1億回を突破したことでかなり話題になりました。

PVの内容も「動物に扮した子供たちに導かれるようにメンバーが集まり、革命を起こす」というストーリーになっていて、セカオワが持つファンタジックな世界観をよく表現していますよね。

SEKAI NO OWARI オススメ記事

【ライブ前にSEKAI NO OWARI(セカオワ)の人気曲を要チェック!】

(出典:SEKAI NO OWARI オフィシャルサイトより)

このように、どの曲にも歌詞やPVに独特の世界観があるのがSEKAI NO OWARI(セカオワ)の魅力でもありますよね。このほかSEKAI NO OWARI(セカオワ)にはたくさんの名曲があり、YouTubeでも公式チャンネルにてPVが公開されていいます。2017年にはドームツアーも控えているため、参戦する人もしない人もぜひ動画で人気曲の歌詞やPVをチェックしてみて下さい!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。