セカオワ Fukase&Nakajinのギターや愛用の使用機材を徹底分析!

2011年にメジャーデビューを果たしたバンド、SEKAI NO OWARI(セカオワ)。

Fukase、Nakajin、Saori、DJ LOVEの4人が作り出す世界観は独自のもの。彼らだけにしか出せない世界は多くの音楽ファンを虜にしてきました。

そんなセカオワのサウンドの中で色を加えるギターについてご紹介します。Fukase、そしてギタリストであるNakajinのギター、ぜひ参考にしてくださいね。

セカオワ・Fukaseのギター

セカオワでボーカルとギターを担当しているFukase。

セカオワの世界はまさに彼が中心となってできていると言えるのではないでしょうか。

Fukaseが愛用しているギターは主に以下の3つ。

  1. フェンダー・テレキャスター
  2. グレッチ・ホワイトファルコン
  3. ギブソン・レスポール

最近では意図的にギターロックから遠ざかっているセカオワですが、テレキャスやレスポールなどは彼らのサウンドを構築する上で、重要なポジションを占めていると言えるでしょう。

セカオワ・Nakajinのギター

セカオワのギターとサウンドプロデュースを手がけるのはNakajin。

多くの楽器を扱えることから、セカオワのサウンド面を引っ張っているのは彼と言えます。

使用機材は主に以下のもの。

  1. ギブソン・レスポール
  2. ギブソン・SG
  3. エピフォン・G-400
  4. フェンダー・ストラトキャスター
  5. フェンダー・ジャズマスター

さすがサウンドプロデュースを手がけるだけあって、様々な機種を使い分けていますよね。ジャズマスターが好きなんてコアなファンの方もいるのではないでしょうか。これからもセカオワの世界観を構築するNakajinの機材に注目してくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:2)

  • セカオワの大ファンです!自分たちの魅力と世界観をこれからも持ち続けて下さい。
    遠くでひそかに応援してます!がんばれ!

    • はじめまして寺田秀之です
      近江八幡市に来てください。

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。