サザン チケット
サザンオールスターズの真夏の果実は今聴くのがアツい!

サザンオールスターズの28枚目のシングル曲であり、ロングヒット曲となった「真夏の果実」は、桑田佳祐自身も気に入っている曲です。
この曲は桑田佳祐が初めて監督として製作された映画『稲村ジェーン』の主題歌として作られました。

レコード大賞は逃してしまったものの、ファン投票では1位、2位を争う人気曲です。
「真夏の果実」がそこまで指示されている理由を探ってみましょう。

日本のミュージシャンたちもこぞってカバーしたサザンオールスターズの「真夏の果実」

真夏の果実 をAmazonでチェック!

EXILE、中村あゆみ、中西保志、河村隆一、フィリップ・ベイリーなどを始め国内外の多数のシンガーがサザンオールスターズ「真夏の果実」をカバーし、アルバムに収めています。

なぜこれほど注目を集めたかを追求してみると、桑田佳祐が作った詞とメロディー、小林武史を迎えてのアレンジの一つ一つが素晴らしく、そしてそれらが見事にかみ合っていることに気づかされます。
先ずは絢香がカバーしている「真夏の果実」をこちらの動画からご覧ください。
女性の声で聞くのも違った良さが感じられます。

サザンオールスターズの「真夏の果実」の歌詞の中で、どのフレーズが好きですか?

今現在恋をしていなくても、恋をしてしまっているかのように切なさを一緒に感じてしまう桑田さんの歌詞ですね。
「真夏の果実」は、夏の恋の歌の中でもダントツであるという声が多いのも頷けます。

イントロから引き込まれるサザンオールスターズ「真夏の果実」の、メロディーの素晴らしさ

複雑な音の組み合わせではなく、キーボードとウクレレがメインの演奏は、控えめに歌い始める桑田佳祐のボーカルと素直にマッチしています。
1990年7月に発売されて以来、多くの人々に愛されている「真夏の果実」を、サザンオールスターズの演奏でこちらの動画からご覧ください。

真夏の果実 をAmazonでチェック!

サザンに関する最新情報はここからチェック!

サザンオールスターズのコンサートへ行ってみましょう

サザンオールスターズの「真夏の果実」の魅力を探ってみましたが、いかがでしたか。1978年の「勝手にシンドバット」でのセンセーショナルなデビューからすでに約55枚のシングル曲を発表しています。「真夏の果実」を始め、まだまだ魅力ある曲がいっぱいありますね。

是非コンサートで、サザンオールスターズのメンバーと一緒に歌い、踊り、笑って泣いて、素晴らしいひとときを過ごしてみてください。チケットキャンプではサザンオールスターズのコンサートチケットも扱っています。なかなか手に入りにくいチケットは是非リクエスト機能を使ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。