サザン チケット
どれもこれも名曲ばかり!サザンオールスターズのPV・YouTube動画を厳選してご紹介!

30年以上にわたり日本の音楽界を牽引し続けるバンド、サザンオールスターズ。さて本日はYouTubeで見ることのできるサザンオールスターズの比較的新しい名曲動画と、桑田佳祐ソロ名義の最新作をご紹介していきます。

1978年のデビュー以来、30年以上にわたって活動を続けている日本を代表するバンド、サザンオールスターズ

50代の人はもちろんのこと、小さい頃、ドライブに行くときに親がよく聴いていて知っている、なんていう方も多いのではないでしょうか。

1980年代から2010年代まで4つの年代でチャート1位獲得という驚異的な記録を持つサザンオールスターズ。これほど長いキャリアがあるにも関わらず、どんどん新しい要素を取り込み、斬新な楽曲を生み出し続けていることも大きな特徴です。

親の世代からトップをひた走る国民的アーティストでると同時に、日本の音楽シーンを牽引する革新的なアーティストでもあり続けているのです。

バンドとしても活動はもちろんのこと、ボーカルの桑田佳祐は「ソロ・シンガー、桑田佳祐」としても活動をしており、数多くのドラマやCMの主題歌としても起用され、ヒットを記録しています。

ここではYouTubeで見ることのできるサザンオールスターズの比較的新しい名曲動画と、桑田佳祐ソロ名義の最新作をご紹介していきます。

(出典:音楽ナタリーより)

サザン活動再開の一!『涙の海で抱かれたい ~SEA OF LOVE~』

まず最初にご紹介するのは、2003年7月に発売されたシングル『涙の海で抱かれたい ~SEA OF LOVE~』。活動を休止してから、サザンオールスターズが約3年ぶりに活動を再開したときの作品になります。

月9ドラマ『僕だけのマドンナ』の主題歌にも起用され、ヒットを記録しました。優柔不断な大学生役の滝沢秀明が、突然ひとり暮らしの家に入りこんできた年上の奔放な女性(長谷川京子)に振る舞わされつつも惹かれていくという、月9らしい明るいタッチのドラマの内容とピッタリ合った恋の歌です。売上総数は74万枚以上にのぼりました。

海辺で経験したひと夏の熱い恋の思い出に、切なく身を焦がす気持ちを歌った歌詞は、「これぞサザン!」と言いたくなる夏の歌。夏と言えばサザン、何年経っても変わらないイメージはさすがベテランといったところでしょうか。下記のYouTube動画の範囲では登場しませんが、PVには小池栄子も出演しています。

お茶の間でもお馴染みのサザンの名曲、『君こそスターだ』

続いてご紹介するのは、2004年7月に発売されたシングル『君こそスターだ』です。『夢に消えたジュリア』も同時に収録されている両A面としてリリースされました。TOYOTAのCMソングとしても起用され、お茶の間でもたくさん流れたので、聞いたことのある方はとても多いと思います。

第77回選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用され、TOYOTAのアテネオリンピック応援ソングにもなった『君こそスターだ』は、前向きでストレートな応援ソングです。

PVにも車いす陸上競技選手の永尾嘉章が出演しているなど、スポーツをするシーンが多く挿入されているため(下記のYouTube動画でもスポーツシーンが確認できます)、特にスポーツの応援ソングとしてのイメージが強い方もいるかもしれません。

しかし、歌詞を見てみるとスポーツに限らず、人生の応援ソングだということが分かります。また、「稲村ケ崎は今日も雨」という歌詞からはじまる、サザンオールスターズらしいバリバリの湘南ソングでもあります。

サザンの50枚目シングル!『愛と欲望の日々』

なにやら怪しい調のイントロではじまるのはこちら、2004年11月に発売されたシングル『愛と欲望の日々』。こちらの作品はサザンオールスターズにとって、記念すべき50枚目シングルとなりました。

多くのアーティストが出てきて、消えていく中、こんなにも多くの作品を残せるのは本当にすごいことですよね。ドラマ『大奥〜第一章〜』の主題歌として起用され、大ヒットした作品となりました。

1980年代風のディスコナンバーですが、歌詞は英語と日本語を織り交ぜた和洋折衷の不思議セクシーな内容になっています。日光江戸村で撮影されたPVは、主題歌とおなったドラマ『大奥』の世界観に寄せつつ、さらに艶やかで妖しい雰囲気を醸し出しています。

分かりやすい振付も特徴で、メンバーもしっかりと踊っていますので、下記YouTube動画で確認してみてください。マスターしてカラオケで皆で踊りたくなりますね。

オートチューンが印象的なサザンの『I AM YOUR SINGER』

オートチューン(Auto Tune)で処理されたボーカルが特徴的なのはこちら、2008年8月に発売されたシングル『I AM YOUR SINGER』。デビュー30周年を記念して作られた作品のひとつです。

いかにもサザンオールスターズらしい夏っぽさを敢えて外し、打ち込みサウンドを際立たせた『I AM YOUR SINGE』ですが、「I am your singer.僕の生きがいは数えきれないその笑顔」という冒頭からも分かるように、ファンに対する30年の感謝の気持ちを素直に歌った内容になっています。

また、この楽曲のリリースの際に翌年以降の無期限活動休止を発表したこともあり、別れと再会に向けたメッセージも込められています。

PVも一風変わっていて、宇宙船が舞台になっています。打ち込みサウンドとマッチした宇宙船での様子を、下記YouTube動画でチェックしてみてください。

サザンのユーモアあふれるPV!『ピースとハイライト』

最後次にご紹介するのはこちら、2013年8月に発売されたシングル『ピースとハイライト』。2013年11月現在、最新のシングルとなっています。フォルクスワーゲンのCMソングに起用されました。

デビュー35周年記念日に、活動再開の告知と同時に発売が発表された本作。サザン!夏!といった内容ではなく、平和に向けた強いメッセージが打ち出された楽曲になりました。タイトルである『ピースとハイライト』は共にタバコの銘柄ですが、「ピース=平和」「ハイライト=日の当たる場所」というストレートな意味を表しています。

平易な言葉を使って、平和と愛について率直に述べている歌詞は、年代を問わずに訴えかけるパワーがあります。 

サザンオールスターズのPVはいつもユーモアたっぷりなのが有名で、こちらの作品ではメンバーが戦隊ものに扮して演奏しています。こう言ったセンスも長年人気のある秘訣と言って良いでしょう。

また、各国首脳のお面をつけた人物が喧嘩をするなど、風刺的な側面が強いコミカルな内容になっています。どのリーダーが登場するのかは、下記YouTube動画で確認してみてくださいね。

東京オリンピックに向けて!『東京VICTORY』

最後にご紹介するのは、2014年に発売された、55枚目のシングルとなる『東京VICTORY』です。三井住友銀行CMソングであり、TBS系列「2014年 アジア大会&世界バレー」テーマソングにもなりました。

2020年に開催される東京オリンピックへ向けた思いを自然と感じさせる内容で、「頑張ってチャンスをつかめ!」という強いメッセージが込められているとともに、東日本大震災の被災地へも想いを馳せています。

PVには多くのアスリートが登場します。黒いスーツなど、キチンとした服装で演奏するサザンオールスターズメンバーの様子と、様々な競技のアスリートたちのスローモーションが交互に登場するシンプルなPVは、歌詞の内容と合わせて胸を打ちます。歌詞に耳を済ませながら、下記YouTube動画を見てみてください。

桑田佳祐ソロ名義の斬新な新曲『ヨシ子さん』

サザンオールスターズ名義では『東京VICTORY』以来新曲の発表はないのですが、桑田佳祐ソロ名義として今年シングル『ヨシ子さん』が発売されました。

無国籍でアングラな雰囲気と、言葉遊びがふんだんに取り入れられた歌詞は独創的の一言。亡くなったデヴィッド・ボウイやボブ・ディランといった具体名が入っていたり、「EDM」といった新しい音楽用語と「ナバオカ針」といったアナログ時代を回顧するような単語が混在していたりと、知的で自由な世界観はお茶の間に大きなインパクトを与えました。

PVを見ていただければ、その独創性がよく分かると思います。色々な国の人々が雑然と踊り狂っている不思議な映像はまさにカオス。桑田佳祐の底知れぬ才能を垣間見られるYouTube動画をご覧ください。

サザンの魅力をもっと知りたい方はこちら

サザンオールスターズのまとめ

(出典:音楽ナタリーより)

いかがでしたでしょうか。ここではサザンオールスターズの曲の中から、比較的新しいものを選んでYouTube動画と共にご紹介しました。

いつまでも色褪せない名曲ばかりですよね。活動を再開して以来、『東京VICTORY』以降はまだサザンオールスターズ名義のシングルは発売されていませんが、2015年にはアルバム『葡萄』がヒットを記録しました。

これからまた、どのような楽曲を発表してくれるのか、またどのような独創的なPVを発表してくれるのか。ファンの期待は高まるばかりです。

もちろん、さらに自由な楽曲をリリースし続けている桑田佳祐ソロ名義の新曲にも期待しましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。