サザンオールスターズの不動の人気を誇る愛の言霊について語ろう!

皆さんはサザンオールスターズの「愛の言霊」を初めて聴いたとき、どんな印象や感想をお持ちになりましたか?

日本語が別の言語のように聞こえる独特の歌詞フレーズと、怪しげな特有のメロディーを持つこの曲。ファンのみならず、日本中が「なんて曲が生まれたんだ!」と驚いたものです。

今回は、サザンの新境地を切り開いた、「愛の言霊」について語ることにしましょう!

「愛の言霊」はサザンオールスターズ37枚目のシングル

サザンオールスターズの「愛の言霊」の基本情報から確認しましょう!「愛の言霊」は1996年5月20日ですから、15年以上前にリリースされたサザン37枚目のシングルです。

作詞作曲は、言わずもがな桑田佳祐で、この曲はSMAPの香取君が主演したドラマ「透明人間」の主題歌としても採用されました

ドラマはタイトル通り、香取君が透明人間になって活躍するややコメディタッチのドラマですが、独特、ユニーク、不思議と言った言葉が曲の印象にピッタシ当てはまる「愛の言霊」と大変マッチしていたと言えるでしょう。

サザンオールスターズ「愛の言霊」の歌詞に仕込まれたアメイジングな仕掛け!

愛の言霊 〜Spiritual Message〜をAmazonでチェック!

「愛の言霊」の何がユニークかと言えば、これは文句なく歌詞ですよね~~!日本語なのに別言語に聞こえる、またその逆も然り…といった仕掛けが随所に散りばめられ、何度聴いても新たな発見ができる歌詞なんです。

ファンの方なら当然ご存知だとは思いますが、一応ご確認。

歌詞のこのフレーズ部分、日本風の英語読みでは「カムアクールラップ」となるところですが、正確な英語発音では空耳で逆に「カマクラ」と言っているように聞こえます。つまり、鎌倉の“英語当て字”といったユニークな試みが、歌詞の中でされていた訳ですね。これは日本人とネイティブの発音を理解していないとできないコト!奇才・桑田ここにあり!ですね。

愛の言霊 〜Spiritual Message〜をAmazonでチェック!

サザンオールスターズ「愛の言霊」はあの歌詞だからサウンドを楽しめる!?

たとえば「愛の言霊」で何度も繰り返される

というこの歌詞、文字にすると普通の日本語の「詩」として読めますよね。

ところが桑田さんは、普通2音に乗せるべき「とは」の2語を1音に乗せ、「とぅわっ」と発音する独特の歌い方を生み出したんです!「挿話」も「そわっ」と1音で発音。この歌い方によって、日本語なのに日本語であることを感じさせない曲を生み出したというわけです。

だから逆に歌詞を意識せずに「サウンド」として楽しむことが出来るJ-POP、それが「愛の言霊」と言えるかも知れませんね~。こんな試みを思いつき、大ヒットさせた桑田さんはスゴい!

サザンオールスターズの他のオススメ記事

サザンオールスターズに会いたくなったら、ライブ会場へレッツゴー!

ということで、型にはまらない音楽で私達を楽しませてくれるサザンオールスターズに会いたくなったら、ぜひライブコンサートへ出掛けましょう!

サザンオールスターズのライブチケットは、チケットキャンプで絶賛取扱中ですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。