平成生まれのならず者!SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール!

巷で噂のジャズ、HIPHOPバンド!SANABAGUN.(サナバガン)をご存知でしょうか?2013年にSANABAGUN.(サナバガン)を結成し、2015年のメジャーデビューまで渋谷等でストリートライブをして活動していました。メンバーの大半が音楽大学卒という実は音楽エリート集団。「日本の音楽はクソだ!」と、ゆとりのイメージと真逆の挑戦的なパフォーマンスが話題。演奏はもちろん、ファッショナブルでクールなスタイルも人気があります。サックスやトランペットの楽器陣とボーカリストとラッパーが織り成すオリジナリティ溢れる新ストリートバンド。2017年9月にメンバーチェンジがあり、新たな気持ちでスタートを切ったSANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィールを紹介します。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィールをご紹介!

今巷で噂のジャズ、HIPHOPバンド、SANABAGUN.(サナバガン)をご存知でしょうか?“レペゼンゆとり教育 平成生まれのHIPHOPチーム”と謳っている8人組のグループです。レペゼンとは〇〇からやってきたというHIPHOP用語。

2013年にSANABAGUN.(サナバガン)を結成し、2015年のメジャーデビューまで渋谷等でストリートライブをして活動していました。SANABAGUN.(サナバガン)とはスラング用語で”Son of a gun”からきていて、日本語訳は”ならず者、ろくでなし”ですが、メンバーの大半が音楽大学卒という実は音楽エリート集団なんです。「日本の音楽はクソだ!」と反骨精神剥き出しで、ゆとりとは思わせない挑戦的なパフォーマンスをし続けています。演奏はもちろん、スタイルも格好いいSANABAGUN.(サナバガン)は、男性にも女性にも人気があります。

サックスやトランペットの楽器陣とボーカリストとラッパーが織り成すオリジナリティ溢れる新ストリートバンド。

2017年9月にメンバーチェンジがあり、新たな気持ちでスタートを切ったそんなSANABAGUN.(サナバガン)のメンバーについて、気になるプロフィールを紹介したいと思います。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール ボーカル担当 高岩 遼

出身地:岩手県宮古市

誕生日:1990年8月27日

年齢:27歳

SANABAGUN.(サナバガン)の中心人物。メンバーを集めたのもこの高岩遼さん。

ブラックミュージック好きの両親のもとで育ち、小3の時からスティーヴィーワンダーを歌い、ピアノも習いながら合気道と野球に打ち込んでいました。

尚美学園大学ジャズ&ポップスコースを卒業。在学中から都内を中心にジャズボーカリストとしてステージに立っていたそうです。

「ザ・スロットル」や「SWINGERS」のフロントマンとしても活動をしています。

自身のツイッターで「北野映画に出演するのが夢」とコメントし、かっこいいと思うもの全てやってみたいと話していたことも。ジャズボーカルレッスンの講師をしていたこともあるというマルチな幅を利かせています。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール MC担当 岩間 俊樹

出身地:青森県三沢市

誕生日:1990年11月24日

年齢:26歳

お兄さんがDJをやっていたことや、地元に米軍基地があった影響で自然とHIPHOPに触れていました。

もともと目立ちたがりやで始めたHIPHOPでしたが、自分には本当は根暗な部分があって人に言えないことを表現するためにリリックを書くようになったそうです。

航海士や、神戸気象台の観測船の機関手として働いていたことのある経歴の持ち主。SANABAGUN.(サナバガン)の中では一番”卑屈で無垢な男”だそうです。

2009年から”リベラル”という名でラッパー活動をしています。2016年には初のソロアルバム「I.MY.ME」をリリースしました。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール ギター担当 隅垣 元佐

出身地:神奈川県横浜市

誕生日:9月11日

洗足学園音楽大学ロック&ポップスコース卒業。

中学生からギターを始め、メタルから入り60年代ロックが好きでジャズには途中で挫折します。

その後、音楽大学に行き自分の思いを詞にしてラッパーとして活動していましたが、高校の同級生であるジャズ・ギタリストの井上銘さんのデビューを知り、ギターへの道を決意したそうです。横浜のジャズクラブでのライブで高岩遼さんと出会いSANABAGUN.(サナバガン)に加入します。ライブではMCをやることもあるようです。

ハーレーダビッドソンとのコラボ企画では、大型バイクの免許取得にボーカルの高岩遼と共にチャレンジし合格しました。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール ドラム担当 澤村 一平

出身地:神奈川県横浜市

誕生日:1990年1月25日

年齢:27歳

2012年 洗足学園音楽大学ジャズコース卒業。

SANABAGUN.(サナバガン)の初期メンバーで、ドラムとバンドマスターを担当しています。

土岐麻子さんのツアーにバックバンドとして参加したり、他にも佐々木亮介、iri(SMA)、岩間俊樹(リッチ)、BYT(BY ONE)など様々なアーティストのサポートドラマーとしても活動しています。

タイトでバネのあるビートが得意。CANOPUSのエンドーサーでもあります。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール サックス担当 谷本 大河

出身地:カナダ、東京都町田市

誕生日:1991年4月1日

年齢:26歳

中央大学理工学部(ジャズ研究部)卒業。

SANABAGUN.(サナバガン)初期メンバー。

少年時代は野球に打ち込んでいた大河さんですが、高校に入るとサックスに魅了されます。サックスを始めた時にコーチに勧められたThe Brecker Brothersの「Heavy Metal Be-Bop」というアルバムが大河さんのターニングポイントになりました。

サックスの師匠は、旧橋壮氏。SANABAGUN.(サナバガン)結成前、町田で高岩遼さんとクラブで演奏していたそうです。

MCの岩間俊樹さんとラジオ番組「大河とリベラルの酔いどレディオ」を担当しています。

持ち前の長身を生かし”VIA SPARE”というブランドでモデルにも挑戦、また「SWINGERS」にも参加しています。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール キーボード担当 櫻打 泰平

出身地:富山県氷見市

誕生日:1992年7月4日

年齢:25歳

洗足学園音楽大学 音楽・音響デザインコース卒業。

ヤマハ音楽教室の先生だったお母さんの影響で2歳からエレクトーンを始めます。中学生の時に聞いたジャミロクワイに衝撃を受けバンド編成の中でのキーボードに興味を持ち始めたそうです。

2015年からSuchmosのメンバーとしても活動しています。

ルーツはディズニー映画の「ファンタジア」で、1歳の頃から何回も見ていてコンサートにも行くほど好きなのだそうです。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール トランペット担当 高橋 紘一

出身地:群馬県

誕生日:1990年5月4日

年齢:27歳

SANABAGUN.(サナバガン)初期メンバー。トランペット(フリューゲルホルン)吹き。

高校生の時に吹奏楽部でトランペットを吹いていたそうです。高岩遼さんが主宰するビッグバンドに参加したことがきっかけで意気投合しバンドを組むことになりました。

古着をこよなく愛し高円寺の古着屋さんで働いていたことがあり、メンバーの中でもだんとつのファッションセンスで、Levi’sやrvddwなどのブランドモデルも務めました。好きなブランドはTOGA。

特徴的なロングヘアーは、高校生の時に出会ったアメリカのミュージシャンやヒッピーへの憧れなのだそう。

「SWINGERS」にも出演しています。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィール ベース担当 大林 亮三

出身地:神奈川県藤沢市

誕生日:1990年9月8日

年齢:27歳

2017年9月24日に脱退した小杉隼太に代わり、SANABAGUN.(サナバガン)に加入。

10代の頃からソウル、ファンク、レゲエ、ジャズなど様々な音楽に触れ、2015年にファンクベーシストとしてデビューしました。当初はレコード店でバイトをしながらライブ活動をしていたそうです。

Jazz Funkプロジェクトにてロンドン・パリにおける海外でのセッションワークなど、ベーシストとして幅広く活躍しています。平成生まれのおかげでSANABAGUN.(サナバガン)に入れたと、加入したことに喜びの声をあげていました。

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバーは粒揃い!

(出典:Photo-ACより)

SANABAGUN.(サナバガン)のメンバープロフィールをご紹介しましたが、才能溢れる人材の集まりということがお分かり頂けたかと思います。コワモテで一見近付きづらいオーラを放っていますが、そこがまたSANABAGUN.(サナバガン)が人を惹きつける魅力なのかもしれません。

個々に活躍している8人のメンバーがSANABAGUN.(サナバガン)を音楽を楽しむ場所としていて、SANABAGUN.(サナバガン)に依存していないスタイルが楽曲作りにも上手く反映されているのではないでしょうか?

これからの日本の音楽シーンを彼らが盛り上げてくれることは間違いありませんね!

続けて読んでおきたいオススメ記事はこちら!

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。