坂本龍一 チケット
坂本龍一のYouTube動画特集!戦場のメリークリスマスほか

彼と仕事した人は学ぶことが多い。そのような理由から度々こう呼ばれる、「教授」こと、坂本龍一。世界で活躍する日本を代表するアーティストのひとりです。

スタジオミュージシャンとしての活動を経て、ソロでの活動、YMOとしての活動、そして、映画音楽と様々な活動をしてきました。ここではそんな坂本龍一の魅力を、youtubeの動画と一緒にご紹介していきます。

第5位 「千のナイフ」の小山田圭吾のギタープレイは必見

第5位にランクインしたのは、1978年10月に発売されたアルバム『千のナイフ』の表題曲でもある「千のナイフ」。記念すべき坂本龍一にのとって1枚目の個人名義のアルバムとなりました。

ソロでの楽曲ももちろん素晴らしいものですが、ここでご紹介するのはYMOで演奏された2012年のライブの映像のもの。

何歳になっても常に新しいことに挑戦し続ける3人の姿はすごいですよね。ソロを聞かせる小山田圭吾のギター・プレイも必見です。

第4位 アカデミー賞作曲賞を受賞した「The Last Emperor」

第4位にランクインしたのは、1988年1月に発売された映画『ラストエンペラー』のサウンドトラックから「The Last Emperor」。この作品で、坂本龍一は日本人で初となるアカデミー賞作曲賞を受賞し、まさに日本を代表する世界のサカモトとなりました。

動画は90年に行われた欧州でのツアーでの模様。ピアノを前に演奏する坂本龍一の姿、とても素敵ですよね。

第3位 ピアノ一台で数々の名曲を表現する「energy flow」

第3位にランクインしたのは、1999年5月に発売されたシングル『ウラBTTB』に収録された「energy flow」。時代が疲れていたということもあったのか、本人の思惑以上にヒットしたというエピソードもある今作、坂本龍一と言ったらこの曲を思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか。

動画は、数々の名曲をピアノ一台で表現する「Playing the Piano」。名曲がピアノ一台で生まれ変わります。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。