斉藤和義が出演するラジオで魅せるユーモアの魅力に注目!

斉藤和義は、有名なシンガーソングライターですので、ファンの人も多いはずです。その曲はいつも、心に響きますよね。

そんな斉藤和義ですが、アーティストらしく、頻繁にラジオに出演しています。彼の声を聞いて、パーソナリティを想像してみましょう!

きっと、音楽とは違った側面の斉藤和義を、感じることができるはずです。ますます、好きになっちゃいそうです。

そんな斉藤和義ですが、主にFM FUKUOKAに出演しています。栃木出身の彼ですが、福岡にもご縁があるのですね~。FM FUKUOKA、ぜひ聞いてみてください。また違った側面が楽しめるはずですよ。

FM FUKUOKA 「BUTCH COUNTDOWN RADIO」

斉藤和義は、FM FUKUOKAの「BUTCH COUNT DOWN RADIO」に出演することが多いのです。

金曜日の午後に、夕方までやっている番組で、主に17時半ごろから、コメントでの出演です。楽しみですよね。

だいたい、斉藤和義は、新曲を出すたびに、ラジオ番組に呼ばれます。そして、いろいろな音楽を、ヘビーローテーションでかけてくれるのです。ですので、ファンとしては、うれしいところですよね。

BUTCH COUNTDOWN RADIOはカウントダウン形式なので、何位になるのかも楽しみです。

ラジオって、ユーモアのセンスが試されますよね。

また、竹中直人の月夜の蟹というラジオにも、ゲストで出演しています。動画がこちらです。

ギターは中学校からやっているという斉藤和義さん。栃木という海無し県に育って、海への憧れの曲が多くなってしまったそうです。自然に、海の曲が多いそうです。竹中直人との息もぴったりで、聞きごたえのあるラジオです。

海を見たのはいくつですか?という質問に対して、「さすがにそこまで奥地じゃないよ」と笑いを誘うコメントを返しているところも、さすがです。思わず笑ってしまいますね。

斉藤和義の16歳を思った名曲「ずっと好きだった」を聞いてみよう!

ずっと好きだった(初回限定盤)をAmazonでチェック!

ではここで、斉藤和義のラジオでよくかかる名曲を紹介したいと思います。「ずっと好きだった」です。動画はこちらです。

16歳のころを、思い出して、歌っています。16歳の歌ではなく、16歳のころの、マドンナへの思いを、歌っているのです。CMでもおなじみですよね。

ほんと、いい曲ですよね。好きだったことをいえなかったというのを、今告げる歌です。

▶︎ずっと好きだった(初回限定盤)をAmazonでチェック!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。