斉藤和義のギターの実力!魅力的な動画も紹介♡

栃木出身のシンガーソングライター、斉藤和義

ギター一本でオーディエンスを熱狂の渦に巻き込むことができるのは、彼のすごいところですよね!ここでは、斉藤和義の相棒とも言えるギターをご紹介したいと思います。あなたはギターについて、どこまで詳しいですか?斉藤和義はさまざまなギターを使い分けています。

そのどれもが、魅力的な斉藤和義の世界観を、作り上げるのに一役買ってくれています。きっと、あなたも斉藤和義のギターの魅力にはまるはずですよ☆

斉藤和義のギターGibsonJ-50!超有名ですよね!

斉藤和義のギターとして有名なのは、GibsonのJ-50というモデルです。画像はこちらです。

アコースティックギターとしては、安めの、23万円前後で購入することができますので、あなたもぜひ購入してみてはいかがでしょうか。斉藤和義に一歩近づけるかもしれませんよ!

練習しだいで、いろいろな曲を演奏することができるようになりますよ。強めのストロークでひけば、ラウドするようなサウンドを奏でることができます。それも大きな魅力のひとつで、ファンが多いのです。納得ですね。そんな響きにひかれて、斉藤和義もこのギターを愛用しています☆

そして、J-45というモデルは、斉藤和義モデルです!このギターで日本人がシグネチャーされたのは、斉藤和義が初という逸話があります!さすがです!ギブソンのスタッフと斉藤和義は、交流を繰り返しており、斉藤和義の思いが消化されたモデルでもあります!

Dobro Hound Dog Round Neck

斉藤和義は、Dobro Hound Dog Round Neckというギターも使っています。ご存知でしたか?画像はこちらです。

めちゃくちゃかっこいいギターですよね!こちらは海外からの輸入品になります。中央のシルバー部分が特徴的です。

これは、斉藤和義がライブで使って有名になったギターなんですよ~!!海外でしか買うことができませんので貴重ですよね。ドプロは経営が不安定なので経営権をめぐって、ロゴが表に出せなかったためそのロゴがヘッド裏にあるそうです。

ブルースを歌うのにぴったりのドブロ。斉藤”弾き語り”和義ライブツアーin大阪城ホールでも使われた、という伝説を持っています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。