歌うたいのバラッドに斉藤和義が託した思いとはいったい…?

斉藤和義と言えば、ドラマ「家政婦のミタ」で大ヒットした主題歌「やさしくなりたい」を思い浮かべる人が多いかも知れませんが、もし斉藤和義ファンに彼の代表曲は何かと問われたら「歌うたいのバラッド」をあげる方も多いのではないでしょうか。

Mステで披露されて以来人気が再燃し、奥田民生等の有名アーティストにもカバーされたそんな名曲「歌うたいのバラッド」について、その魅力や彼が託した思いについて紹介します。

「歌うたいのバラッド」はアーティストに認められた名曲

斉藤和義が「歌うたいのバラッド」を出したのは97年で、必ずしも当時は爆発的なヒットをしたと言える程ではありませんでした。

にも関わらずご存知の通り、大山百合香や奥田民生といった数多くの実力派のアーティストにカバーされてきました。

つまり「売上」や「ランキング」といった商業的な評価を超え、アーティストから選ばれたことこそが「歌うたいのバラッド」が名曲の一つと言える証しではないでしょうか。

「歌うたいのバラッド」の歌詞に託された心の叫び

「歌うたいのバラッド」は聞いた者の心にそっと染み入るメロディーも秀逸ですが、歌詞もとても素敵ですね。

「唄うことは難しいことじゃない」から始まるこの歌詞には、唄うことが難しいと思えるが故に、それを否定したいと言う斉藤和義の歌手としての苦悩が伝わってくるフレーズでもあり、それは彼の心の叫びのようにも聞こえます。

そうした苦悩交じりの心の叫びを歌詞に託したからこそ、聞く者の心を掴んで離さないのでしょう。

「腕組みするビル」の意味について

「歌うたいのバラッド」の歌詞の中で、「腕組みするビル」というフレーズの意味にネット上で関心が集まりました。

ビルを擬人化しているので少し神秘的に感じられるフレーズですが、その意味は考えたくなりますね。

ただ大事なことは何が正解かより、その歌詞から感じられるイメージをリスナー側が自分なりに受けとめることであり、作詞者である斉藤和義もそれを一番望んでいることだと言えますし、それで良いと言えます。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。