第2回ビクターロック祭り出演者の予習用動画コレクション!

昨年初開催、9時間に渡る長時間で聴衆を圧倒したビクターロック祭り。その第2弾となる「ビクターロック祭り2015」が2015年3月14日(土)に幕張メッセ国際展示場で開催することになりました。

まだ若いフェスティバルということで、カラーははっきりしていないけれど、これからの行く末を決めるのはそれこそ来場者次第なので、これまでのフェスに納得していない人ならいろいろと期待していいかも。

メインビジュアルは「MONSTER」のマンガ家・浦沢直樹。まだ全ては決まっていないけれど、すでに発表された出演アーティストの面々の予習をさっそく始めておきましょう!

ビクターロック祭り 1
(出典:ナタリー)

ビクターロック祭り出演者予習動画〜斉藤和義編

「歌うたいのバラッド」

「やさしくなりたい」などの大ヒット曲で大御所となってしまった斉藤和義(さいとう・かじよし)だけど、その基本はやはりギターの弾き語り。中でもせつせつと歌われるこの「歌うたいのバラッド」こそ、彼の魅力の核となっていると語る人多数。

実際にギター1本でこれだけ人を感動させることができるのか、とこのライブ風景を見ればわかるはず!

ビクターロック祭り出演者予習動画〜スガシカオ編

「アシンメトリー」

突然メジャーレーベルから脱退して個人で活動したり、再びメジャーシーンに舞い戻ってきたり、つねにファイティングポーズで音楽シーンと格闘しているスガシカオ。

そんな彼の魅力は、かっこいい哀愁メロディーとタイトなファンクのリズムがベストマッチした独自の世界。中でもライブで大人気の曲のひとつとなるのがこの「アシンメトリー」。ブラックミュージックのルーツを感じさせるグルーヴとハスキーヴォイスがめくるめく官能のファンクワールドに連れてってくれること確実です。

ビクターロック祭り出演者予習動画〜キュウソネコカミ編

「ビビった」

初期衝動満点のアイロニカルな歌詞で今後の日本のロックシーンをぐいぐい引っ張っていきそうな大本命バンドがこのキュウソネコカミ。

最近流行の、企画物っぽいネーミングだけど中身は結構本格派チームの一つです(SEKAI NO OWARI、ゲスの極み乙女などなど)。

ニューフェイスのように感じるかもしれないけど、ライブで鍛えた足腰は相当なものなので、期待していいです!

ビクターロック祭り出演者予習動画〜ハナレグミ編

「サヨナラCOLOR」

日本の裏ファンクシーンでそれなりの成功を収めたのがSUPER BUTTER DOG(スーパー・バター・ドッグ)。そのヴォーカリストである永積タカシ(ながづみ・たかし)によるソロ・プロジェクトが、このハナレグミ。

SBDとは違って歌心全開で、ほとんどがギター一本で歌って感動させられる楽曲が多いのが特徴。

そんな彼の代表曲といえば、この「サヨナラCOLOR」。ギター一本で歌われるそのテクニシャンぶりは失礼だけど見た目とは違うイケメン・ヴォーカル!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。