[徹底解説]ROCK IN JAPAN 2016に行く前に知りたい4つのこと(服装・持ち物等)

—————————————————-

音楽系の出版社であるロッキング・オンが主催する日本最大級の野外ロック・フェスティバルROCK IN JAPAN FESTIVAL (ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)。

今年のロッキンジャパン2016は8/5(土)、8/6(日)、8/13(土)、8/14(日)と2週にまたがり4日間の日程という大ボリュームで、国営ひたち海浜公園にて開催されます!

昨年もJ-ROCKやJ-POPを中心に1日辺り50組以上もの豪華アーティストが揃って大盛況だったので、今年のライナップも気になりますね!

今回はROCK IN JAPAN 2016に行く前に知っておきたい4つのことをご紹介させていただきます。事前に知っておいたら便利なことなどもありますので、ぜひご覧になっていって下さいね。

ROCK IN JAPAN 2016に行く前に知りたいことその1:会場アクセスをチェック

まずは、ロック・イン・ジャパン2016が開催される国営ひたち海浜公園(茨城県)へのアクセスを確認しておきましょう。

お車で行く場合

お車で会場まで向かう場合は、北関東自動車道~常陸那珂有料道路をご利用の際は、「ひたち海浜公園IC」もしくは「常陸那珂港IC」から降りて会場まで10分ほどになります。

<常磐自動車道>

  • 友部JCT~北関東自動車道~ひたちなかI.C.
  • ひたち海浜公園I.C.
  • 常陸那珂港I.C.

駐車場に関してはイベント当日には専用駐車場が設けられますが、専用駐車場をご利用したい場合は必ず「駐車券付き入場券」を購入してください。こちらを購入しておかないと専用駐車場を利用することができません。また離れた専用駐車場の場合は、駐車場~会場間のシャトルバスが運行されます。

▶️駐車券に関する注意事項はコチラ

電車で行く場合

電車で会場に向かう場合、最寄り駅はJR常磐線及びひたちなか海浜鉄道の「勝田駅」になります。(上野駅より特急で約80分)
勝田駅からは東口の茨城交通バスに乗車するか、専用シャトルバスを利用して15分ほどで会場に到着します。ちなみに水戸駅から会場間も専用シャトルバスが運行されています。

▶️勝田駅着時刻表(行き専用)
▶️勝田駅発時刻表(帰り専用)

シャトルバスで行く場合

JR常磐線勝田駅・水戸駅・阿字ヶ浦〜会場間で有料シャトルバスを運行しています。

<所要時間>

  • 勝田駅ー会場(約20分)
  • 水戸駅ー会場(約40分)
  • 阿字ヶ浦ー会場(約15分)

※当日は渋滞が予想されますので時間に余裕をもってご来場ください。

ROCK IN JAPAN 2015に行く前に知りたいことその2:持ち物をチェックしよう!

続いて、必要&あったら便利な持ち物を確認しておきましょう。

◎チケット

当然第一に持っているか確認しておかなければいけませんよね。当日になってうっかり忘れたりするのがチケットなので、出発直前にも必ず確認するようにしましょう。

◎バッグ

できるだけ身体に密着したコンパクトなデザインのものを選びましょう。ボディバックやウエストポーチが一番フェスに向いていると思います。逆に混雑した場所で周囲の邪魔になるリュックサックやキャリーバッグなどは避けたほうがベター。

◎タオル

噴き出す汗を拭き取ったり、何かと便利なタオルは必ず持っておきましょう。汗を拭き取るだけでなく首元にかけておくだけで日よけ・熱中症対策にもなります。できれば交換用にもう一枚あったほうが良いですね。会場でも毎年オフィシャルグッズとして販売されていますので、そちらを購入して使用すれば気分を盛り上げてくれること間違い無しではないでしょうか。

◎携帯電話・スマートフォン

一緒に行った友人と別々のアーティストのステージで見た後の待ち合わせするときに必需品になってきますよね。フェスは丸一日かかるので、出かける前にフル充電しておくのがベストです。屋内では電波がつながりにくくなるので、屋内ステージなどでライブを見たりする際は事前に待ち合わせ場所を示し合わせておいたほうが良いかと思います。

◎腕時計

複数のステージで並行してライブが行われるロック・イン・ジャパン2015では、タイムテーブルを確認するのに腕時計が便利です。野外ステージが中心になってくるので汗や雨に濡れても耐えられる耐水性の腕時計がベター。できればオシャレよりも壊れても良いくらいの時計を使ったほうが気が楽です。

◎帽子・サングラス

ロッキンジャパン2016は一年でも最も日差しが強い8月に開催されますので、熱中症対策としても日差しよけとしても帽子はマストアイテムになってきます。曇っていればさほど問題はありませんが、カンカン照りの快晴の時はサングラスがないとまぶし過ぎてステージの方向を向けないということも。そういう事態を避けるためにもサングラスは持って行きましょう!

◎飲み物

ミネラルウォーターなど水分補給できるものを必ず持っておきましょう。会場でも水やジュースなどは販売されていますが、会場外のコンビニや最寄り駅などでは会場内より安く買えますので、事前に買っておいたほうが良いかと思います。またジュースなどすぐに喉が乾くものや利尿作用のあるカフェイン飲料などは、トイレの大混雑が予想されるため避けたほうが懸命です。

◎日焼け止め

真夏に開催されるロッキンジャパン2016は野外ステージにいることが多いので、もし日焼け止めを塗っていない状態ですと終わった後に火傷のようになってしまいます。女性だけでなく男性も日焼け止めを使用することをオススメします。

◎現金など貴重品

必ず必要になってくるお金ですが、必要な分だけを持ち歩いて下さい。スリなどの被害に遭わないためにも財布や必要のないカード類は、できればロッカーやクロークに預けるなどの対策をとったほうが良いです。また、グッズや食べ物を購入する際に便利なように万札を千円札・500円玉・100円玉などに事前に両替しておいたほうが便利です。

◎ジップロック

意外と見落としがちなジップロック。突然雨に降られたり汚れたりしても良いように、特に携帯電話など濡れたらまずいものなどを中心にジップロックにいれておくと便利です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。