ライジングサン初心者向け!参加時の服装と持ち物は?

毎年8月中旬に開催されているRisingSunRockFestival(ライジングサンロックフェスティバル)。真夏の8月とはいえ、昼と夜の温度差が激しいため、服装や装備は万全にして臨む必要があります。今回は、ライジングサン初心者向けに、最低限必要な装備をご紹介しましょう。

毎年8月中旬に開催されているRisingSunRockFestival(ライジングサンロックフェスティバル)。その名の通り、朝日がのぼるまでオールナイトで開催される夏フェスですが、開催地は北海道石狩市。真夏の8月とはいえ、昼と夜の温度差が激しいため、服装や装備は万全にして臨む必要があります。今回は、ライジングサン初心者向けに、最低限必要な装備をご紹介しましょう。

ライジングサンにオススメの服装

相手は北海道の大自然。日帰りだったとしても、けっして「Tシャツにサンダル」のような軽装で臨んではいけません!暑さ、寒さ、そして雨に対応できるようにしておきましょう。せっかく来たのに体調を崩してライブどころではなかった…なんてことにならないように、準備は万全にしてください。

超重要アイテム

  • ポンチョ
  • レインブーツ
  • 帽子
  • タオル(フェイスタオル3枚程度とバスタオル)

雨も降っていなく、寒くもなければTシャツにハーフパンツ、スニーカーでもいいです。ただし、上記の「超重要アイテム」は、バッグに入れてテントサイトに置いておくか、クロークに預けておき、いつでも天候の変化に対応できるようにしておきましょう。

ライジングサンの会場は、周囲を自然に囲まれた環境なので、サマーソニックやロックインジャパンのような比較的軽めの服装よりは、フジロックのような厳重な装備や服装で臨んだほうが安心です。

ライジングサンの服装、雨対策は特に重要!

夏フェス全般にいえることですが、雨天時の服装がとても重要です。雨に濡れると急激に体温が奪われ、一気に体調を崩す人が多いため、雨具はきちんとしたものを選びましょう。

ポンチョ

100円ショップで売っているようなレインコートは、前開きのボタンのすきまから水が入ってくることが多いため、あまりおすすめできません。上からかぶるタイプのポンチョは、つぎ目が少ないため、濡れる心配も少ないでしょう。

レインブーツ

ステージ間の移動の多い夏フェス。歩くうちに足がつかれてクタクタ…。なんてことも多いですが、はきなれたスニーカーと比べて、長靴(レインブーツ)は疲労がたまりやすく、歩きづらいものがとても多いです。そんななか、フジロッカーをはじめ多くのフェス参加者が愛用しているのが、「バードウォッチング長靴」です。「日本野鳥の会」が販売している、バードウォッチングのために開発された長靴なのですが、とても歩きやすく、そのはき心地はスニーカーにも勝るものです。価格も5,000円前後とお手頃なのもうれしいポイント。しかも、コンパクトにたたんでバッグに入れられるため、移動も楽です。

ライジングサン、その他の装備

服装以外で必要なものを見ていきましょう。

  • チケット(絶対忘れずに!)
  • 大きめのバッグ、リュック(着替えやタオルなどを入れておきます)
  • 両手があくようなウエストポーチ、ボディバッグ(貴重品やスマホなどが入るもの)
  • 財布
  • スマホ
  • 日焼け止め
  • 折りたたみ可能な椅子
  • レジャーシート

会場には休憩用の椅子などがほとんどないため、椅子やレジャーシートはかなり重宝します。財布については、普段使用しているもののほかに小さめのものを用意し、それに必要最低限の現金を入れておきましょう。財布を落として自宅まで帰れなくなった、なんて最悪の事態にならないように注意してください。

服装、装備はしっかりと!最高の夏をライジングサンで

北海道の夏の風物詩となった、ライジングサン。フェスならではの多くのアーティストによる音楽はもちろん、北の大地に朝日がのぼるその幻想的な光景は、ぜひ一度見ておきたい貴重なものです。服装や装備をしっかりと準備し、熱い夏にしてくださいね。

今年の夏はライジングサンに行こう!

2016年8月12日(金)〜13日(土)に開催が予定されているライジングサンロックフェスティバル。服装や持ち物をしっかりとチェックして、北海道で過ごす夏をたっぷり満喫してくださいね!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

ライジングサンのオススメ記事はこちら

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。