国内最大級の野外ロックフェス!ライジングサン(RSR)2017の出演者や会場、ステージに服装や持ち物、宿泊、ご飯など概要全まとめ!

国内最大級のロックフェス「ライジングサン(RSR)2017」が、毎年恒例の北海道小樽市の石狩湾新港樽川埠頭横で開催されます!今までライブフリークでご紹介してきた、出演者や会場、ステージ、服装、持ち物、宿泊、ご飯についての概要記事をここに集約!ライジングサン(RSR)2017開催前におさらいしてみましょう!あなたのライジングサン(RSR)2017が素晴らしいものになりますように!ライジングサン(RSR)2017の出演者、会場、ステージ、服装、持ち物、宿泊やご飯について、これで丸分かりです!

ライジングサン(RSR)2017ついに開催!

(出典:無料写真素材AC より)

国内最大級のオールナイトロックフェス、ライジングサン(RSR)2017が今年もやってきます!

北海道小樽市の石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージにて1999年より開催されている、日本のロックファンにとって切っても切り離せないイベントとなったライジングサン(RSR)2017!ライブフリークでは、これまでにライジングサンの出演者や会場・ステージ、服装や持ち物、宿泊場所やご飯について全まとめにしてご紹介してきました。今年は8月11日(金・祝)から12日(土)にかけて開催されることが決定しており、あと一か月後にせまった大イベントを楽しみにしている方もたくさんいることでしょう。

今回は、これまでにご紹介してきたライジングサン(RSR)2017関連の記事(出演者や会場・ステージ、服装や持ち物、宿泊場所やご飯など)を総合し、全まとめとして一気にご紹介します!

ライジングサン(RSR)2017の開催概要について

それではライジングサン(RSR)2017開催概要について、もう一度おさらいしていきましょう。

  • ライジングサン(RSR)2017日程

2017年8月11日(金)・12日(土) 〈雨天決行〉
11日 Open 10:00 / Live Start 15:00 / Live End 23:00 予定
12日 Open 10:00 / Live Start 12:30 / Live End 05:00 (13日)予定

(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZOより)

  • ライジングサン(RSR)2017会場

石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ〈北海道小樽市銭函5丁目〉
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZOより)

ライジングサンの日程や会場、申込みに関する記事はこちら!

ライジングサン(RSR)2017の出演者について

国内最大級の野外ロックフェス!ライジングサン(RSR)2017の気になる出演者についてご紹介していきましょう。

先日、第5弾アーティストが発表されたばかりですが、今回のライジングサンには以下のアーティストの出演が決定となっています。現在発表されている出演者一覧は以下の通りです。

【8月11日(金・祝)】

雨のパレード  / 稲川淳二 (for CAMPERS) / UVERworld / 打首獄門同好会 (for CAMPERS) / H ZETTRIO / THE ORAL CIGARETTES / 岡崎体育 / 勝手にしやがれ / Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)(for CAMPERS) / ココロオークション  / Gotch & The Good New Times / SANABAGUN. / G-FREAK FACTORY / 清水ミチコ / 女王蜂  / SCANDAL / ストレイテナー / チャットモンチー / Chara / チャラン・ポ・ランタン/ 手嶌葵 / 10-FEET / Nothing’s Carved In Stone / ねごと / KNOCK OUT MONKEY / THE BACK HORN / B’z / THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一) / ヒステリックパニック / ビッケブランカ / Midnight Bankrobbers / 夜の本気ダンス / LiSA / Rei & NakamuraEmi / レキシ / LOSALIOS

【8月12日(土)】
[Alexandros] / 175R / F-BLOOD【藤井フミヤ+藤井尚之】 / エマーソン北村 / Awesome City / ClubOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / OLDCODEX / 岸谷香 / きのこ帝国 / 銀杏BOYZ / 久保田利伸 / くるり / go!go!vanillas / CORNELIUS / 斉藤和義 / さかいゆう feat. 福原美穂 SOLAR JAM  / ZAZEN BOYS / Suchmos / SHISHAMO / John John Festival / SUPER BEAVER / SCOOBIE DO / sumika / SLANG / TK from 凛として時雨/PANDAS [中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)+TK(凛として時雨)] / 天才バンド  / 長岡亮介(ペトロールズ) / 夏木マリ / Nulbarich / never young beach / NOT WONK / ハシケントリオ / BAZRA  / back number / BAND-MAID / フジファブリック / BLUE ENCOUNT / フレデリック / the peggies / ぼくのりりっくのぼうよみ / My Hair is Bad / MY LIFE IS MY MESSAGE(山口洋×仲井戸麗市×宮沢和史) / マキシマム ザ ホルモン / MONOEYES / MOROHA  / ユニコーン / RIZE / ROTH BART BARON / WANIMA

改めて出演者一覧を見てみると、総勢80組を超える豪華な顔ぶれが大変魅力的!ライジングサン(RSR)2017の開催日に向けて、さらに出演者の追加があるかもしれませんね!

ライジングサン(RSR)2017の出演者一覧に関する記事はこちらから!

ライジングサン(RSR)2017の会場・ステージ

ライジングサン(RSR)2017の会場と、気になるステージの見え方について!

ライジングサン(RSR)2017では複数のステージが組まれ、それぞれ同時進行でフェスが行われています。野外音楽フェスでは定番のシステムではありますが、やはりどのステージにどのアーティストが出演するのかはしっかり頭に入れておきたいところですよね。

それではここで、各ステージについてご紹介していきましょう。

「SUN STAGE」

会場・ステージ紹介、まずは「SUN STAGE」から。ライジングサンの目玉ともなるステージがこちらの「SUN STAGE」!気になるステージの見え方としては、かなり広大な広場に設けられたステージであるので、なかなかアーティストを目前で見るのは難しいかもしれません。目玉アーティストが多数出演する傾向にある「SUN STAGE」ですから、どうしてもお気に入りのアーティストがいる!などの場合には、とにかく早く入場することが必須となります。

ただし、後方からでも十分みることができるように、ステージの両サイドにはかなり巨大なモニターを設置してあります。後方の場所になってしまったとしても全く見えない!ということはありませんからご安心下さいね。

「EARTH TENT」

会場・ステージ紹介、お次は「EARTH TENT」!その名のとおり、大きなテント内にステージが組まれています。

野外フェスなのに…?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、真夏に開催される野外音楽フェスには、屋根付きのステージは観客にもアーティストにも大変ありがたい存在なのです。

言うなれば、巨大なライブハウスといったところなのですが、このテント、実は縦長に作られているため、あまり後ろの場所ではステージはほとんど見えないかと思われます。ライブハウスのように傾斜のないフロアに大勢が集まりますし、ステージもそこまで高さがありませんので、身長の低い方、女性の方は埋もれてよく見えないことも起こる可能性があります。

お目当てのアーティストの出演前になるべく入るのが鉄則でしょう。

「RED STAR FIELD」

会場・ステージ紹介、お次は「RED STAR FIELD」!

ライジングサン(RSR)2017のステージのなかでは比較的見やすいと言われている「RED STAR FIELD」ですが、その理由はステージと客席の距離が短いことにあるのです。

さらに、このステージの近くには「RED STAR CAFE」があり、一息つきながら「RED STAR FIELD」で行われているライブを見ることができるのが嬉しいですね!

「BOHEMIAN GARDEN」

会場・ステージ紹介、お次は「BOHEMIAN GARDEN」!

森の中に作られたステージです。自然のなかでゆったりと音楽を聞く、といった傾向が強い会場となっているため、横になったり座ったりして音楽を楽しんでいる方が多いようです。

「RAINBOW SHANGRI-LA」

会場・ステージ紹介、お次は「RAINBOW SHANGRI-LA」ですが、こちらも屋根付きの屋内ステージ!

この「RAINBOW SHANGRI-LA」は、照明や映像パフォーマンスが素晴らしいのも特徴の一つですね。こちらも縦長に作られているために、超人気アーティストの出演回では混雑して埋もれてしまう場合もあるようです。

「def garage」

会場・ステージ紹介、お次は「def garage」!

こちらも屋内ステージではあるのですが「SUN STAGE」の熱気がそのまま入り込んでかなり暑くなるという声もあがっています。この会場も縦長に作られているため、あまり後ろだとステージにいるアーティストは見えにくいかもしれません。

ライジングサン(RSR)2017の会場・ステージに関する記事をチェック!

ライジングサン(RSR)2017の宿泊・ホテル情報

ライジングサン(RSR)2017のために前泊される予定の方や、キャンプサイトが取れなかった方でも安心!フェス後に疲れた体をしっかり癒したいという方のために会場周辺のおすすめ宿泊・ホテル情報もご紹介!

宿泊場所のおすすめは、フェリーを利用して会場まで行かれる方は小樽市、観光もしたいという方は札幌市がおすすめポイントです。

ライジングサンは毎年6万人以上が訪れる大きなロックフェスとしても有名ですが、宿泊予定の方は早めにホテルを予約しておかないと、ギリギリではほとんど残っていないという声も聞かれますので、早めに予約をしておきましょう!

ライジングサンでは、オートキャンプ付きの入場券も販売していますが、現在は売り切れており、これから宿泊について考える方はホテルのチェックをしっかりしておきましょうね!

ライジングサン(RSR)2017の宿泊・ホテル情報に関する記事はこちらからチェック!

ライジングサン(RSR)2017のアクセス・駐車場・周辺施設情報

ライジングサン(RSR)2017のために、開催日前から北海道に遠征される方や、道内から車などで会場に向かわれる方もいることでしょう。

ここではライジングサン(RSR)2017のアクセス・駐車場情報、周辺情報についてまとめてみました。

アクセス情報

  • 車でのアクセス

新千歳空港から1時間40分

JR札幌駅から約40分

苫小牧港から約1時間30分

小樽港から約30分

  • バスでのアクセス

地下鉄南北線麻生駅からシャトルバスに乗車(バスチケットが必要)

会場へのアクセス方法には、車で向かって駐車場を利用するか、電車で向かって地下鉄南北線麻生駅でライジングサン(RSR)2017専用のシャトルバスを利用するかの2通りの方法があります。

駐車場情報

ライジングサン(RSR)2017の駐車場情報については、公式サイトにこのように記されています。

※開催期間中は駐車場の出入りは自由です(一時規制有)。

※駐車場内では係員の指示に従ってください。場所取り等は御遠慮ください。

※自転車・バイクは指定の無料駐輪場がありますので、駐車券は必要ありません。

※当日、道路の交通規制がありますので係員の指示に従ってください。

※駐車場についての注意事項を必ずお読み下さい。

(出典:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZOより)

さて、肝心な駐車場には、会場内と会場外の2種類がありますが、これは一目瞭然、会場内の駐車場に止められた方が各ステージにも近いですよね。ですが、ただ駐車場へ行けばいいというわけではなく、事前に駐車券を手に入れておく必要があります。

車を利用する場合は駐車券は必須ですから、うっかり忘れてしまうことのないようにしたいですね。なお、駐車場へ入庫できる時間も決められているため、該当時間になると会場周辺は混雑してしまうことが予想されます。

みなさんの声でも、会場に入る前の渋滞で体力消耗されてしまった方が多数のこと!会場へ入るためには通らざるを得ない試練ですが、乗り越えると素晴らしい光景がそこに広がっているのです。

周辺情報

会場内にも飲食ブースやコンビニのような店舗はありますが、入場前に足りないものを買い足しておきたい時や、腹ごしらえしておきたい場合も出てきますよね。スーパーや飲食店などの周辺情報をご紹介しましょう。

  • コンビニ・スーパー

最寄りのコンビニは「セイコーマート 新港中央店」ですが、営業時間は5時30分から24時までですから、営業時間に注意しましょう。ATMもありますから、お財布の中身を増やしたい場合にも対応できますね。

こちらは会場外駐車場の近くにありますから、徒歩でも十分に行ける距離にあります。

会場から出てすぐの小樽石狩道を西に進むと「セイコーマート 新港西店」がありますので、そちらを利用してもいいですね。

「イオンスーパーセンター 石狩緑苑台店」会場からは約7kmほど離れていますが、フードコートはもちろん100円ショップにコインランドリーなど、一か所で複数の用事が済んでしまうのでとても便利です。

  • ドラッグストア

野外フェスですから、虫よけ対策は十分にしておきたいですよね。コンビニにも置いてあるかとおもいますが、虫よけスプレーもしっかり準備しておきたいものの一つです。最寄りのドラッグストアは「ツルハドラッグ 花川北店」ですが、こちらは会場から少し離れているため、車で向かわれることをおすすめします。

  • 飲食店

会場から車で行ける範囲にある飲食店には、北海道を中心に展開している「ラーメンさんぱち」の石狩北川店があります。手軽に手早く食事を済ませたい場合はラーメンもいいですよね。

そのほか、北海道の新鮮な海の幸を堪能したい場合には「回転寿し和楽石狩店」があります。このお店がある石狩手稲通にはたくさんの飲食店がずらっと並んでいますので、困ったときはこの通りを目指してみるのもいいかもしれません。

ライジングサン(RSR)2017の駐車場についてのおすすめ記事はこちら!

ライジングサン(RSR)2017に参加する際の服装や持ち物は?

ライジングサン(RSR)2017で特に気を付けておきたいことは、やはり服装や持ち物を万全に整えておくことです。

夏だからと言って、Tシャツにサンダルのような軽装で参戦することは絶対にNG!急な雨や、気温の変化に耐えられるようにポンチョや羽織物などはしっかり準備しておきましょう。

ライジングサン公式サイトでは、服装についてこう記されています。

服装・靴は動きやすいもので!(会場は土・草地等です)寒暖の差も激しいので、全天候に対応できる服装がいいです。防水仕様の上着・靴等は重宝します。

(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 FAQより)

目安としては、フジロックのようにしっかりとした装備で行くことが最適と言われています。日差しが強いので、日射病対策のために帽子もかぶりましょう。

持ち物に関しても、ライジングサン公式サイトにて推奨の持ち物リストがあります。

【雨ガッパ】簡易ビニールカッパではない、キャンプ・登山用のしっかりしたもの(傘は突起物として大変危険なだけでなく、視界を遮り周りに迷惑をかけるので使用せず、カッパをご利用下さい)

【タオル】日よけ、汗拭き、熱冷まし等いろいろ使えます

【予備の着替え】汗をかいたり、泥だらけになった時用に

【帽子】日焼け、日射病対策に必要!

【上着】夜は冷えるので暖かい上着は必要です。防水仕様だと雨が降った時にも役立ちます!

【ポケットティッシュ・ウェットティッシュ】

【簡易救急セット】会場内には救護テントもありますが、軽い怪我をしたときには絆創膏などあると便利!また、虫に刺されることもあるので、虫刺され用の薬も需品。

【懐中電灯】

【ゴミ袋】

(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 FAQより)

夏フェスは服装や持ち物によって運命が決まると言っても過言ではありません。雨天や気温の変化に対応できるよう、事前にしっかり準備しておきたいですね。

みなさんの声からも、会場内にはロッカー等がないことが挙げられていますから、荷物は多くなってしまいますが、管理には十分気をつけましょう!

ライジングサン(RSR)2017の服装や持ち物に関する記事はこちらから!

ライジングサン(RSR)2017でご飯・グルメを楽しもう!

ライジングサン(RSR)2017でのもう一つの楽しみと言えば、フェス飯!

現時点では、どのようなフェス飯が登場するのかわかっていませんが、ライジングサン(RSR)では、北海道ならではのご飯・グルメが堪能できるのもうれしいポイントの一つですよね。

石狩鍋やたらこバター丼、函館ラーメンなどの他にも、地元の食材をふんだんに使用したメニューはぜひ食べておきたいご飯・グルメです!

みなさんの声からも、ライジングサン(RSR)2017で食べるご飯・グルメにかける想いが伝わってきますね。

地元の食材を使用したスープカレーも参加者にとても人気のあるメニューですので、ぜひ一度食べてみて下さいね!

ライジングサン(RSR)2017のご飯・グルメに関する記事はこちらからチェック!

日本最大級の野外ロックフェス、ライジングサン(RSR)2017を見逃すな!

北海道で行われる、日本最大級の野外ロックフェス、ライジングサン(RSR)2017!

ライブフリークでは、これまでにライジングサンの出演者や会場・ステージ、服装や持ち物、宿泊場所やご飯、周辺施設について全まとめにしてご紹介してきました。ライジングサン(RSR)2017当日まで、残すところあと1か月となりましたね。

今回はこれまでの出演者概要記事、会場・ステージ記事、服装・持ち物記事、宿泊場所に関する記事やご飯・グルメ記事を統合して一覧としましたが、事前に計画をしっかり練る為の判断材料になれば幸いです。

ライジングサン(RSR)2017で、今年の素晴らしい思い出をつくりましょう!

ライジングサン(RSR)2017に関連するオススメ記事もチェックしよう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。