ライジングサン(RSR)2017日程と会場、アクセスから申し込みまで徹底紹介

ロックファンにとって、北海道小樽市で毎年夏に行われるお楽しみといえば…そう、ライジングサン(RSR)!2017年もRSRへ参戦しようとしている方に向けて、今回はライジングサン(RSR)2017の日程、会場、アクセスから申し込みまでを総まとめしてお届けします。徹底チェックしておきましょう。

【激アツ間違いなしのライジングサン(RSR)2017!日程、会場、アクセス、申し込みを総チェック】

1999年の初開催以来、毎年北海道の夏の風物詩となった野外ロックフェスティバル「ライジングサン(RSR)」

北海道小樽市の広大な自然に囲まれる会場、そして複数日程(2日目はオールナイト)で豪華アーティスト勢揃いと、ロックファンにとっては今や外せない定番イベントとなっています。

19回目を迎える2017年のライジングサン(RSR)に、期待を大きくしながら申し込み方法やアクセスをチェックしている方も多いことでしょう。

そこで今回は、大盛り上がり確定ともいえるこのライジングサン(RSR)2017について、日程や会場へのアクセス、申し込み種別などを徹底紹介します。

【まずは日程と会場をチェック!ライジングサン(RSR)2017】

アクセスや申し込み種別などの詳細のまえに、まずはライジングサン(RSR)2017の基本情報となる日程や会場をチェックしておきましょう。

ライジングサン(RSR)2017 日程

2017年8月11日(金)・12日(土) 〈雨天決行〉
11日 Open 10:00 / Live Start 15:00 / Live End 23:00 予定
12日 Open 10:00 / Live Start 12:30 / Live End 05:00 (13日)予定
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

ライジングサン(RSR)2017 会場

石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ〈北海道小樽市銭函5丁目〉
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

2017年もライジングサン(RSR)は2DAYS!そして土曜日の夜からは、日曜が「ライジング」するのを皆で一緒に迎えるオールナイトであることも定例どおりです。

もちろん、会場は石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ。

それでは、会場についてのアクセス方法や駐車場有無など、気になる詳細をご紹介していきます。

【ライジングサン(RSR)2017会場 アクセス情報まとめ】

ライジングサン(RSR)2017で2DAYSの会場となるのは、今回も石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージとなります。

申し込みをする前に、一番自分に合ったアクセス方法をチェックしておきましょう。

ライジングサン(RSR)2017会場 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ 住所

北海道小樽市銭函5丁目
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

ライジングサン(RSR)2017会場 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ アクセス情報

ライジングサン(RSR)2017会場「電車でのアクセス」

会場からの最寄り駅には下記のようなものがありますが、いずれも徒歩で会場までアクセスしようとすると、10km前後の距離があります。

  • 学園都市線 新琴似駅
  • 地下鉄南北線麻生駅
  • 函館本線手稲駅、稲穂駅

そこで、全日程で利用できる便利なシャトルバスをご紹介しましょう。

ライジングサン(RSR)2017会場「新千歳空港やJR札幌駅からの、シャトルバスへのアクセス」

会場までのシャトルバスは、前述した最寄り駅の「地下鉄南北線麻生駅」を通過します。

・JR新千歳空港駅 – JR札幌駅・地下鉄南北線さっぽろ駅乗換 – 地下鉄南北線麻生駅 – (シャトルバス) – 会場
 (所要時間約1時間20分)
・新千歳空港連絡バス – 地下鉄南北線麻生駅 – (シャトルバス) – 会場
 (所要時間約1時間20分)
・JR札幌駅・地下鉄南北線さっぽろ駅乗換 – 地下鉄南北線麻生駅 – (シャトルバス) – 会場
 (所要時間約40分)
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

シャトルバスの利用には、「バス券(片道)」の購入が必要です。

ライジングサン(RSR)2017会場「バス券(片道)申し込み詳細」

地下鉄麻生駅から会場までの往復シャトルバスを片道ご利用になれます。往復ご利用の場合は2枚必要となります。
未就学児童無料/小学生半額(小学生は当日乗場にて直接係員にお支払い下さい)
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

ライジングサン(RSR)2017会場「車でのアクセス」

・新千歳空港 – 〈道央自動車道〉千歳IC – 札幌南IC経由 – 札幌北ICまたは新川IC下車 – 会場
 (所要時間約1時間40分)
・JR札幌駅 – 会場
 (所要時間約40分)
・苫小牧港 – 会場
 (所要時間約1時間30分)
・小樽港 – 会場
 (所要時間約30分)
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

ライジングサン(RSR)2017会場「駐車場 申し込み詳細」

会場となる石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージの内外には、全日程で利用できる便利な有料駐車場があります。

・会場内駐車券(車1台)
会場に隣接した駐車場を利用できます。車1台につき1枚必要となります。長さ5m以上の大きな車の場合は、駐車券2枚必要です。
・会場外駐車券(車1台)
会場から少し離れた駐車場を利用できます。車1台につき1枚必要となります。長さ5m以上の大きな車の場合は、駐車券2枚必要です。」
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

会場内外の駐車場のチェックとあわせて、後述する申し込み種別もぜひチェックしてみてください。駐車場とキャンプスペースをセットで申し込みできる、「オートキャンプ付入場券」等が用意されています。

【テントサイト付きやオートキャンプ付きも!ライジングサン(RSR)2017申し込み種別】

さまざまなものが用意されている、ライジングサン(RSR)2017の申し込み種別を見てみましょう。

ライジングサン(RSR)2017 基本の申し込み種別

通し入場券

11日(金)の開演から13日(日)の終演まで、全日程を通しで楽しめるおすすめの申し込み種別です。

開催期間中有効(11日(金)10:00 ~13日(日)12:00まで)
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

11日入場券

11日(金)のみ有効の申し込み種別で、2DAYSの1日目にお目当てのアーティストがいる場合などにおすすめです。

開催期間中有効(11日(金)10:00 ~11日(金)23:30まで)
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

12日入場券

12日(土)から13日(日)正午まで有効の申し込み種別で、2DAYSの日程のうち、本イベントの醍醐味ともいえるオールナイトが楽しめます。

開催期間中有効(12日(土)10:00 ~13日(日)12:00まで)」
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

ライジングサン(RSR)2017を最大限に満喫するのにおすすめ!特別な申し込み種別

ライジングサン(RSR)2017には、専用のテントスペースを利用できる申し込み種別「テントサイト付入場券」や、あわせて駐車スペースも利用できる「オートキャンプ付入場券」などが用意されています。

▼HEAVEN’Sテントサイト付入場券

HEAVEN’Sテントサイト1スペースご利用になれます。
通し入場券1枚とのセット販売です。単券販売はありません。

▼FORESTテントサイト付入場券

BOHEMIAN GARDEN周辺FORESTテントサイトを1スペースご利用になれます。
通し入場券1枚とのセット販売です。単券販売はありません。

▼オートキャンプ付入場券

オートキャンプサイト1スペースご利用になれます。車両のみ、およびテントのみの利用は出来ません。
通し入場券1枚とのセット販売です。単券販売はありません。」
(引用:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO)

上記「テントサイト付入場券」「オートキャンプ付入場券」などの特別な申し込み種別は、いずれも1人ぶんの通し入場券がセットになっています。例えば友達4人でテントやオートキャンプを楽しむ場合は、3人は入場券だけ購入すれば良いので、とても便利ですね。

夏のお祭りイベント「ライジングサン(RSR)2017」を、まさに「参戦している」気分で最大限満喫できるのが、「テントサイト付入場券」「オートキャンプ付入場券」です。

会場へ車でアクセスしようと考えている方には特におすすめですので、ぜひご利用を検討してみてください。

ライジングサンのオススメ記事はこちら

【ぜひ2DAYS、オールナイトを含む全日程に申し込みして会場へアクセスを!ライジングサン(RSR)】

(出典:pixabayより)

広大な大自然のなかで、豪華アーティストの最大限のパフォーマンスを楽しめるライジングサン(RSR)2017。今回はその日程や会場へのアクセスから、申し込み種別までをご紹介しました。最後にご紹介したテントサイト付入場券やオートキャンプ付入場券での参戦なら、人にも自慢できるスペシャルな体験です!車で会場へアクセスする方にとっては、とくに注目の情報だったのではないでしょうか。ぜひご自分にあった申し込み種別を検討して、できればオールナイトを含む全日程で、ライジングサン(RSR)2017をお楽しみください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。