「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」でのおすすめの服装や持ち物をチェック!

先ごろ第3弾の出演アーティストの発表があった音楽イベントREDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017。2010年にスタートしたこのイベントの特徴はツアーイベントだということ。今年も11月3日(金・祝)にZEPP OSAKA BAYSIDE、11月22日(水)に新木場スタジオコーストの2会場で開催されます。今回初めてREDLINE TOUR(レッドラインツアー)に参加する方のために、ライブハウスでのイベントに参加する際のおすすめコーデやおすすめの持ち物をご紹介します。気になる服装や持ち物をチェックして当日に挑みましょう!

今年もツアーライブイベント「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」がやって来る!

先ごろ第3弾の出演アーティストの発表があったばかりの音楽イベント「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」
2010年にスタートしたこのイベントの特徴はツアーイベントだということ。今年もZEPP OSAKA BAYSIDE(大阪)と新木場スタジオコースト(東京)の2会場でそれぞれ11月3日(金・祝)、11月22日(水)に開催されます。
すでに当日に向けて準備している方もいらっしゃると思いますが、今回初めて「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)」に参加する方のために、こういったライブハウスでのイベントに参加する際のおすすめコーデやおすすめの持ち物をご紹介していきます。

「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」参戦時におすすめコーデは?

今回初めて「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」に参加する方、またはライブハウス自体に初めて行くいう方にとっては、どんな服装で出掛けたらいいのか、迷うものですよね?
「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」はライブハウスという屋内でのイベントなので、屋外の会場でのフェスなどのように日差しや暑さ寒さへの対策をする必要も無く、基本的にはどんな服装でもOK!
なのですが、よりライブを楽しむためにおすすめしたい服装のポイントがありますので、お伝えしたいと思います。

動きやすく、汗をかいても大丈夫な服装がおすすめ

ライブでは、観客も飛んだり跳ねたり踊ったり、ステージから繰り出される大迫力なサウンドに合わせて体を動かすので、かなり汗をかきます。
特に今回の「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」の出演アーティストを見る限り、両会場ともにかなり激しい盛り上がりが期待されます。ラッシュ時の満員電車のようなもみくちゃな状況の中で暴れまくって汗だくになっても大丈夫な服装がおすすめです。
一番のおすすめは、男女ともに「Tシャツ」「パンツスタイル」「スニーカー」といったシンプルコーデ。
応援しているバンドのバンドTシャツを基本に、一緒に参加するお友達や仲間と双子コーデなどお揃いで挑むのも楽しいものです。
女の子の中には、普段しているような可愛らしいコーデで参加したいと思っている子もいるかもしれませんが、スカートよりも断然パンツスタイルにするべし。
Instagramにはそんなシンプルなコーデでライブを楽しんでいる様子がいろいろ投稿されています。

natsumiさん(@___nmikan)がシェアした投稿

履き物も危険なヒールや脱げてしまいやすいサンダルは避けましょう。
ライブ中にもみくちゃになって激しく盛り上がっているところで、ヒールで踏まれでもしようものならかなりの大怪我になってしまう可能性が大。
ヒールを履いていると、周りにもかなり白い目で見られて迷惑がられちゃいますよ。
もし、背が低くて大勢の中で埋もれちゃうから本当はヒールを履きたいという人は、ソールが厚底になっているスニーカーを履いたりスニーカーの中敷を重ねてみたりするのもいいでしょう。
ライブ参戦時は、スポーツする時と同じくらいのイメージでちょうどいいですね。


(出典:写真ACより)

 着替えも忘れずに

それくらい汗をかくわけですから、着替えの準備もお忘れなく。
「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」が開催される11月は、風も冷たくなってきているはずですから、汗で濡れたままの格好で帰宅して風邪をひいたなんてことが無いようにお気をつけください。

「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」参戦時におすすめの持ち物は?

タオル

すでにお伝えした通り、ライブ中はもみくちゃになってかなり汗をかきます。
首にかけておくだけでもかなり汗を吸ってくれて助かりますよ。
贔屓のバンドのグッズのタオルならより完璧ですね。

小さめのボディーバッグやウエストポーチ

激しく揉み合っている会場内でリュックなどの大きな荷物を持っていると、周りにも迷惑をかけてしまいますし、なにより自分自身が動きにくくて、ライブ自体を楽しめなくなってしまいます。
お財布やスマホなどの貴重品や小物類を入れて持ち運べるくらいの小さめのボディーバッグやウエストポーチがあると便利。
遠くから参戦したり着替えを入れるために大きなリュックやキャリーバッグなどを持ってくる方がほとんどだと思いますが、そういった大きな荷物は必ずロッカーに入れるようにしましょう。
ちなみに、各会場のロッカーはそれぞれ次の通り用意されています。

  • ZEPP OSAKA BAYSIDE
    建物外:495個(300円)/建物内:675個(300円)
  • 新木場スタジオコースト
    建物外:1000個(300円)/建物内:240個(400円)

マスクと伊達メガネ

特に女子にとっては、マスクと伊達メガネを持っていると便利です。何度も書いているように、ライブでかなり汗をかきます。ということは、メイクもかなり崩れてしまうということです。
たくさんのお客さんで溢れかえる中、トイレでゆっくりメイクを直すなんてこともなかなか難しいでしょう。
でも、そんな時でもマスクと伊達メガネを持っていれば、メイクの落ちてしまった顔を隠せるということです。

準備万端で「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」を楽しもう!


(出典:写真ACより)

いかがだったでしょうか?
11月3日(金・祝)にZEPP OSAKA BAYSIDE、11月22日(水)に新木場スタジオコーストで開催される音楽ライブイベント「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」を前に、ライブハウスでのライブを楽しむためのおすすめコーデや持ち物についてまとめてみました
くれぐれもチケットを忘れて出かけることの無いよう、お気をつけて。
これまでに何度も「REDLINE TOUR(レッドラインツアー)2017」に参加して楽しんでいるみなさんも、今回初めて参加するみなさんも、この記事を参考にしていただいて、当日は思う存分ライブを楽しんでください。

その他の関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。