「かめあり亭落語まつり」 落語家・笑福亭鶴瓶の魅力に迫る!

落語家 笑福亭鶴瓶はテレビでも活躍中、どこか安心感を与えるキャラクターが愛されています。本業は落語家である笑福亭鶴瓶も出演する「かめあり亭落語まつり」。おなじみの落語家が多数出演し初心者にも楽しめる内容の「かめあり亭落語まつり」についてご紹介します。

ビートたけし、タモリ、明石家さんまの「お笑いBIG3」。そこに肩を並べるほどの実力と人気を兼ね備えた落語家 笑福亭鶴瓶。テレビで見ない日はないほどの売れっ子で、タレ目で安心感のあるキャラクターは、ほかの人には真似できない唯一無二の魅力があります。現在、上方落語協会副会長を務める笑福亭鶴瓶の落語は「鶴瓶噺」(つるべばなし)と呼ばれ、独自のジャンルといっても過言ではないほどの地位を確立しました。

葛飾区亀有 かめありリリオホールで定期的に開催されている「かめあり亭落語まつり」には笑福亭鶴瓶をはじめ、おなじみの落語家が多数出演しています。今回は「かめあり亭落語まつり」の魅力とともに、過去に出演歴もある落語家 笑福亭鶴瓶の魅力についてもご紹介します。

笑福亭鶴瓶出演「かめあり亭落語まつり」とは?

東京下町の亀有駅南口から徒歩1分の、かめありリオホールで定期的に開催されている落語寄席のイベントです。過去には「笑点」でおなじみの三遊亭円楽、林家正蔵、春風亭昇太をはじめ、テレビでおなじみの桂文珍、さらにはお笑い芸人の「ナイツ」、そして今やお笑い界の重鎮となった笑福亭鶴瓶など、出演陣は豪華な顔ぶれとなっています。

ほとんどが2〜3組の出演ですが、中には独演会として開催されたこともある「かめあり亭 落語まつり」。2016年5月には20回目の開催を迎え、落語ファンにとってはお馴染みのイベントとなっています。

落語家 笑福亭鶴瓶の魅力とは

バラエティ番組に引っ張りだこの笑福亭鶴瓶。もちろん本業は落語家なのですが、TVの司会者や俳優としてドラマや映画にも多数出演しています。落語という枠にとらわれず、若者の文化にも積極的に触れることでファンを増やしてきました。「笑っていいとも!」や「きらきらアフロ」という番組は、まさにそれを象徴するものだったといえるでしょう。

本業の落語ですが、笑福亭鶴瓶の落語は「鶴瓶噺(つるべばなし)」と呼ばれ、もはや独自のジャンルとして確立されています。日常の話題をネタにすることで誰もが親しみやすく、落語をもっと気軽に楽しんでほしいという思いが伝わってくるようです。子供からお年寄りまでその知名度は抜群で、おそらく最も有名な落語家といえるのではないでしょうか。

彼の落語に対する真摯な姿勢は所々にうかがい知ることができます。例えば、過去に公演した寄席のDVDは販売していません。これは「落語は生で聴いてほしいから」との理由だそうです。DVDの販売はそれなりの利益が見込めるものなのですが、落語というものを本気で考え、強いこだわりや信念を持っているからこそのエピソードだと思います。

笑福亭鶴瓶出演「かめあり亭 落語まつり」で落語をもっと身近で気軽なものに

テレビでお笑い芸人を見ない日はないと思います。大物芸人と呼ばれる明石家さんま、ビートたけし、ダウンタウンなど、そのルーツを辿ると実は「落語」という共通のジャンルに行き着くのです。

一口に落語といっても、古典落語や創作落語など様々な種類の演目があるため、お気に入りの噺が見つかるはずです。そして最大の魅力は、内容が一緒で同じ噺のはずなのに落語家によってまるで印象が変わってくるという点です。これは音楽に似ています。

よくアーティストの皆さんが「名曲○○をカバー」というように、同じ曲でも歌い手によっては全く別物に聞こえることがあります。落語の世界も同様で、古典落語と呼ばれる「名曲」を、さまざまな落語家が「カバー」しているということです。さらには落語家によって「創作落語」といったオリジナルの落語もあったりと、楽しむ幅も広がってきます。

落語は全て1人で全役をこなすため、いわば「一人芝居」のようなもの。思わず聞き入ってしまい、自分の頭の中に自由に情景を作り、聞き手が物語の世界を構築しているような感覚になります。いわば「読書」に似ているのではないでしょうか。あなたの頭の中に作られるその情景も、落語家によって変わったものになるはずです。

「かめあり亭 落語まつり」は落語初心者にもオススメ

テレビでお笑い番組を見る機会は多いけれど、落語はちょっと敷居が高そう…。そんなイメージをお持ちの方にこそ、ぜひ一度足を運んでみていただきたい、「かめあり亭 落語まつり」。

普段テレビで見るような著名な落語家が集まるので、一見の価値は大いにあります。そして、聞いているうちに気付いた時には引き込まれ夢中になっていた、なんてこともあるかもしれません。

「かめあり亭 落語まつり」。そこには落語という、古いようで新しい世界があなたを待っています。

笑福亭鶴瓶について、こちらの記事もおすすめ

  • 笑福亭鶴瓶の魅力がたっぷり味わえる「鶴瓶噺」とは
  • 「かめあり亭 落語まつり」に行こう!

    かめあり亭 落語まつりのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

    友達に教えたくなったらシェアを!

    コメントお待ちしております

    ※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。