「君の名は。」の主題歌として注目! RADWIMPS(ラッドウィンプス)の新曲『前前前世』とは?

映画「君の名は。」が8月26日にいよいよ公開され、RADWIMPS(ラッドウィンプス)が劇中の曲を複数手がけることも注目を集めています。今回は映画予告映像で使用されているRADWIMPSの新曲『前前前世』について、彼らの想いなども一緒にお伝えしていきます。

新海誠監督が手がける長編アニメーション映画「君の名は。」が、8月26日にいよいよ公開されます。俳優としても活躍する神木隆之介さんが、主人公である立花瀧役の声を担当するほか、上白石萌音さんや長澤まさみさん、市原悦子さんといった豪華なキャスト陣、また、日本を代表するスタッフが結集していることでも話題となっています。

そして、この作品の世界観をより鮮明に描き出す音楽として、RADWIMPS(ラッドウィンプス)が劇中の曲を複数手がけることも注目を集めており、映画予告映像で使用されている主題歌『前前前世(ぜんぜんぜんせ)』をはじめ、「君の名は。」を効果的に魅せる楽曲にも期待が高まります。今回はRADWIMPSの新曲『前前前世』について、ご紹介していきたいと思います。

新海監督のRADWIMPS(ラッドウィンプス)への想い、「君の名は。」に捧げられた『前前前世』という楽曲

アニメーション映画を製作するにあたり、「誰に音楽をやってほしいか」と問われた新海監督は、実現するかどうかは全く考えず、ただ純粋に「好き」という思いだけで「RADWIMPSが好き」と答えたのだそう。その思いが届き、正式にタッグを組むことが決まってからの時間は「ずっと夢を見ているように幸せ」と語っています。

RADWIMPS(ラッドウィンプス)が生み出す楽曲はデビュー当時から常に新しさを持った「音楽の最前線」であり、歌詞に触れたときに、日本語が持つ自由さ・豊かさに驚かされたと新海監督は話しています。

「君の名は。」の主題歌である『前前前世』は1年以上前に、劇中音楽の最初の1曲として受け取っていたそうで、「まさに映画に捧げられた曲で、胸が詰まった」と語っています。新海監督の持ち味でもあるボーカル楽曲を劇中で印象的に使う手法が、RADWIMPSの音楽とアニメーション作品をどう化学反応させるのかに注目が集まります。

『前前前世』はまっすぐすぎるラブソング! 「君の名は。」に対するRADWIMPS(ラッドウィンプス)の想い

RADWIMPS(ラッドウィンプス) のメンバーは、「君の名は。」という作品と自分たちの関係性について「お互いの領域にオーバーラップし、響き合い、結びつき、共に冒険ができるようなもの」であると語っています。2014年の冬に初めて新海監督と出会い、まっすぐな人柄と脚本に心を惹かれたというメンバー。単純にオファーを受けて主題歌を作るという関係性ではなく、前述のような相乗効果をもたらす深い関わりの中で、「人々の人生に寄り添い、心の中にずっと残っていく作品になるよう最後まで心を研ぎすまして全力で取り組みたい」と意気込みを見せています。

RADWIMPSボーカル・ギターで、全ての作詞・作曲を手がけている野田洋次郎さんは、この映画の印象について「ど真ん中を真っすぐに突き進む」と語っています。『前前前世』のようなラブソングからは、つい逃げがちになってしまう性格だと自身を分析する野田さん。ストレートすぎる表現は恥ずかしさが出てしまい、別の方向性や受け止められ方を求めてしまうと話しています。

今回「君の名は。」の音楽を手がけることが決まった際にも、無意識にそうした逃げの意識が出てきたそうですが、新海監督の「とにかくこの物語が貫こうとしているど真ん中を全力で歌って欲しい」という言葉に背中を押され、「恋」というものとまっすぐ向き合い、思い切り踏み込めたと語っています。

RADWIMPSのオススメ記事はこちら

神木隆之介さんも絶賛! 「君の名は。」を彩る、RADWIMPS(ラッドウィンプス)の『前前前世』

君の名は。(初回限定盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

主人公・立花瀧役の声を担当する神木隆之介さんは『前前前世』という音楽に初めて触れたとき、「これまで感じた事のない衝撃を受け鳥肌が立った」と話しています。神木さんがRADWIMPS(ラッドウィンプス)の音楽を聴いて「君の名は。」の世界観がより鮮やかになったと語るように、この作品には、たくさんの彩りが散りばめられているのではないでしょうか。「君の名は。」とRADWIMPSの出会いが、アニメーションの新たな1ページを刻みます。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。