RADWIMPSメンバーの個性が滲みでるプロフィール紹介!

2001年に結成し、わずか4年後の2005年にデビューしたRADWIMPS。その活動には目が話せません。日本のオルタナティブ・ロックをリードするバンドとして注目が集まっています。

楽曲ごとに雰囲気が変わり、あるときは味噌汁’sとしても活躍する彼ら。

RADWIMPSが好きな人にも、まだまだ知らないという人のためにも、今回はメンバーの簡単な紹介をしていきたいと思います。ほんの序の口ですので、気になったらCDなどを買ってみてくださいね。

RADWIMPSメンバー 野田洋次郎

なんと野田ちゃんは帰国子女なのです!ご存知でしたか?小学校の低学年から4年生になるぐらいまで、アメリカに住んでました。その頃に覚えた英語で、今でも英語がペラペラ。やっぱり子供の頃の英語は違いますね~。歌詞に出てくる英語も、ぜんぶ野田ちゃんオリジナルです。さすがですね。

全ての曲を、作詞・作曲しており、ボーカルとしてもクリエイターとしてもはずせない存在の野田ちゃん。しかも、RADWIMPSの歌詞はほとんどが彼の体験談!実話なんですよ。アルバム3枚を使って愛する人へラブソングを書いたりなど、情熱過剰な野田ちゃんです。

RADWIMPS メンバー 桑原彰

つづいては、リーダーの桑ちゃん

桑ちゃんは実は高校を辞めているのですが、その理由が、なんと「俺はRADWIMPSで食っていくから」とたった16歳できめたからだそう。うーん、すごい!でも実力は実際あったわけですから、桑ちゃんの判断は正しかったというわけですよね。

日本国内のアーティストで好きなのは、BUMP OF CHICKENで、アルバムは全部持っているそうです。

ポカリスエットが必需品で、ライブではポカリを客席に向かって投げたりなど、ポカリ好きとしてもファンの間では知られているんですよ。人見知りで非常に無口な桑ちゃんですが、しっかりものなのでリーダーを務めています。

RADWIMPS メンバー 武田祐介

ベースの武田君。

途中加入のメンバーです。ドラムの山口君とは同級生で、とっても仲良し。音大出身なので、音楽センスには抜群の自信があります!

ブルーマウンテンという愛車に乗っているのですが、その愛車、実は自転車なんです^^ でも愛車のブルマン、盗難されてしまいました・・・。そして撤去されて、とりにいくのを忘れちゃって、あわれブルマンはどこかの新世界へと旅立ってしまいました。

彼女がいたのですが、別れた!!とブログで書いています。オープンな性格なのですね。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:2)

  • 最後の画像flumpoolですよ(笑)

  • 野田さんが英語喋れるのは帰国子女で勉強したんじゃなくて大きくなってから独学で勉強したのでは…

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。