くるり「ワールズエンド・スーパーノヴァ」はロックの問題作

くるりといえば岸田繁が中心人物として君臨し、常にメンバーチェンジを繰り返しているロックバンドだと大方の人はわかっていることと思います。ところがそのロックバンドという概念さえ打ち壊してきたのがこの問題作「ワールズエンド・スーパーノヴァ」です。

くるりといえば岸田繁が中心人物として君臨し、常にメンバーチェンジを繰り返しているロックバンドだと大方の人はわかっていることと思います。

ところがそのロックバンドという概念さえ打ち壊してきたのがこの問題作「ワールズエンド・スーパーノヴァ」です。

なんとここで展開しているのはハウス系ダンスミュージック。ベースラインとともに打ち込まれた独特のビートが、くるりのロックバンドとしての枠組みを破壊しているのです。

くるり「ワールズエンド・スーパーノヴァ」


(出典:youtube)

印象的なプロモーションビデオは、岸田繁本人が監督を務めたもの。夜から始まる朝と夕方の海を印象的に描き出し、随所に演奏シーンが映り込みます。

そこでの岸田は、ポケットに手を突っ込んだまま棒立ちで歌っているのが印象的です。

さらにちょっとした遊びだとは思いますが、 ギターの大村達身がベースを、ベースの佐藤征史がキーボードを弾いているのもファンとしては面白く感じてしまうところだと思います。

文学的な思索にあふれた歌詞が印象的な、くるり「ワールズエンド・スーパーノヴァ」

作詞はもちろんくるりなので岸田繁。そこで描かれる歌詞世界はやはり文学の香りが満ち満ちています。

導入から何の手がかりも提示してくれない、いつもの岸田イズムがこうして炸裂しています。

ハウスのビートに乗せて切り開いた別世界〜くるり「ワールズエンド・スーパーノヴァ」

ワールズ・エンド・スーパーノヴァをAmazonでチェック!

常にキック音がズンズンと響いてくる、独特のハウス・フィーリングのサウンドメイキング。

てっきりダンス系でぱーっと弾けるかと思いきや、やはり岸田さんらしく抑えた文学臭満点の歌詞で幻惑してくれるのです。

なんていうくだりはもう、さながら「不思議の国のアリス」です。さてアナタはどんなふうに思えたのでしょうか。

ワールズ・エンド・スーパーノヴァをAmazonでチェック!

くるりの他のオススメ記事

チケットキャンプではくるりのチケットを取扱中!

さあ、いかがでしょう? くるりのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やっぱり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるものです。

もちろんチケットキャンプではくるりのチケットも取り扱っています。ぜひチェックしてみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。