くるり チケット
くるりの東京から垣間見る上京当時の想いとは一体…

様々な音楽性を見せ、その度に多くの音楽ファンを驚かせてきたロックバンド、くるり

これまでに発売された10枚ものアルバムはどれも異なる魅力を放っています。

ここではそんなくるりの楽曲の中から、デビューシングルでもある「東京」に注目したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

くるりのヒット曲「東京」

くるりのヒット曲「東京」は、1998年10月21日に発売されました。

くるりにとって記念すべきメジャーデビュー1枚目のシングルです。くるり初期の作品にして、現在でも人気に作品となっています。

岸田が「初めて素直な気持ちが書けた」というだけありますよね。ぜひチェックしてみてください。

上京したことのある人なら感動すること間違いなし、くるりの「東京」の歌詞を見てみよう

ここではくるりの初期の名作「東京」の歌詞を見ていきましょう。

地方から上京してきたことのある方なら誰もが分かる感覚なのではないでしょうか。

特に役者やミュージシャンなど夢を追ってきた人にとって、自分のことを歌われているような気がするそんな作品に仕上がっています。

「東京」

どこか切ない、くるりの「東京」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはくるりの名作「東京」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのはミュージックビデオです。右チャンネルから聴こえるエレキギターストロークが楽曲の中心を担っています。

シンプルな構成の「東京」が胸に響いてきますよね。これだけ人が多いのに孤独を感じてしまう東京、そんな雰囲気をくるりが表現します。

名作と名高い、くるりの「東京」の百鬼夜行のライブ動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、「東京」のライブバージョンです。現在でもファンの間で最高と言われる百鬼夜行LIVE ver.の「東京」。

当時のドラムを担当していたクリストファーのドラミングも見応えたっぷりです。

静と動のコントラストがとても美しいですよね。間奏で聴かせるスライドギター、グルーヴ感たっぷりのギターストロークが感動します。

一度は見ておきたい! くるりのライブに行ってみよう

くるりの初期の名作「東京」のご紹介いかがだったでしょうか。同じコード進行をループさせ曲を彩っていく彼らのセンスもとても素敵でしたよね。地方から見る東京を描いた本作はまさに名曲と言えるでしょう。チケットキャンプではくるりのチケットを取扱中です。音楽ファンに人気の高いくるりのライブ、行ったことがないという方は、ぜひ行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。