時代とともに変化するくるりのメンバー!第9期メンバーをご紹介!

くるりのメンバーといえば、入れ替わりが激しいことで有名ですよね。ドラムの吉田省念さんが脱退したのは2013年5月のことでした。それ以降は現在の3人体制での音楽活動が続いています。

くるりは時代とともにどんどん成長していき、新しい音楽を作り出しています。それでいて、根っこの音楽性は変わらず、古くからのファンをずっと楽しませてくれています。

今回は、第9期となる現在のメンバーをご紹介いたします!

言わずと知れたくるりの作詞作曲・ボーカル 岸田繁

大半のくるりの楽曲の作詞作曲を行っているのが、きっしーこと岸田繁さん。くるりの顔といっていい人物でしょう。

幼い頃からクラシックに慣れ親しみ、ギターの他にピアノやドラムの演奏もできます。多彩な音楽に挑戦している方です。

映画『まほろ駅前多田便利軒』の音楽を担当したのも岸田さんです。この映画のサウンドトラックにて、岸田さんは初めてソロ名義の楽曲を発表しています。プライベートでは、大の鉄道ファンだそうです!

もう1人のオリジナルメンバー 佐藤征史

くるりのベーシスト、サティさんこと佐藤 征史さん。ベースだけでなく、たまにボーカルをすることもあります。現在残っているくるりのオリジナルメンバーは、ボーカルの岸田さんとベースの佐藤さんの2人です。

自ら音楽を演奏するだけではなく、レーベル「NOISE McCARTNEY RECORDS」の社長も務めています。さまざまな角度から新たな音楽を生み出す活動をしている方です。

くるりへの愛は深く、「もしもくるりが解散したとしても、別のバンドで活動することはない」と公言しています。

2011年加入メンバー ファンファン

2011年に新たに加入したメンバー、ファンファンさん。くるりではトランペットを担当しています!

ファンファンさんの音楽活動は、くるりとしての活動だけに留まりません。くるりを脱退した吉田省念さんと、アコースティックグループ『吉田省念と三日月スープ』としての音楽活動もしています。

くるりに関するおすすめ記事もチェック!

今しか見られない!?くるりを見に行こう!

くるりのメンバーの魅力は伝わったでしょうか!?冒頭でも述べた通り、くるりはメンバーの入れ替わりが激しく、絶えず変化しています。

今のくるりは今しか見られないかも!?今しか見られない、今だからこそ見られる、そんなくるりを見に行きませんか?

チケットキャンプではくるりのチケットを取扱い中!みんなでくるりのライブに行こう!

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。