くるりのファンファンはサウンドにトランペットを加えて新しい音楽を作り出した功績者。

2011年にくるりに加入したファンファンさん。

岸田さんのサウンドにトランペットをプラスして、新たなくるりサウンドへと導いてくれたのは彼女の功績です。

今回は、ファンファンさんの魅力を紹介します!

くるりでトランペットを演奏!

ファンファンさんのくるりでの担当は、トランペット。

他にも、キーボードやコーラス、ボーカルを担当することもあります。

ちなみにトランペットの演奏だけでなく、演奏中にステップを踏むファンファンさんの姿にも注目です。この姿がキュートだとファンから大好評なんです。

ファンファンが覚醒した2枚目のアルバム『THE PIER』

THE PIER (初回限定盤)をAmazonでチェック!

ファンファンさんが加入してから2枚目になるアルバム『THE PIER』がリリースされたとき、ファンファンさんはインタビューでこのように語りました。

このアルバムでファンファンさん自身にも心境の変化があったのでしょうか。このあたりから、さらに進化したファンファンさんのトランペットが聴けるようになりました!

▶︎THE PIER (初回限定盤)をAmazonでチェック!

ファンファンさんは「吉田省念と三日月スープ」としても活動されています!

吉田省念さんはファンファンさんと同時期にくるりに加入し、2013年5月にくるりを脱退されました。

吉田省念さんとファンファンさんは今でも親交が深く、一緒に音楽活動もされています。グループ名は「吉田省念と三日月スープ」。吉田省念さんのアコースティックギターの弾き語りライブがきっかけとなって結成されたグループです。

ファンファンさんは、吉田省念と三日月スープでは、吉田省念さん、植田良太さん、鈴木ちひろさんと共に、京都を拠点としてアコースティックライブを行っています。素敵ですね。

くるりに関するおすすめ記事もチェック!

ファンファンさんのトランペットを聴くならくるりのライブへ行こう!

ファンファンさんの魅力は伝わったでしょうか。ファンファンさんのトランペットの魅力を存分に味わいたいのならば、ライブに行くのが一番です。チケットキャンプでは、くるりのチケットを取扱い中です♪みなさんぜひ、ライブでファンファンさんの生のトランペット演奏を楽しんでください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。