くるり全国ツアー「チミの名は。」の会場・座席表情報まとめ

2016年にバンド結成20周年を迎えたロックバンド「くるり」。同年9月にはベストアルバム「くるりの20回転」がリリースされ、発売を記念したツアー「チミの名は。」が2017年2月に開催されることも決まっています。今回は、くるり全国ツアー「チミの名は。」の会場・座席表情報を中心に情報をまとめていきます。

【「くるりの20回転」リリースの記念ツアーが開催決定!】

独自の世界観で、印象的な音楽を生み出し続けるロックバンド「くるり」。2016年はバンド結成20周年を迎え、ベストアルバム「くるりの20回転」がリリースされたことも話題となりました。そして、2017年2月には同アルバムの発売を記念した全国ツアー「チミの名は。」が行われることも決定しています。

今回は、くるりの全国ツアー「チミの名は。」について、日程や会場、座席表・アクセス情報などを中心にまとめていきます。座席ごとの見え方や良席の情報、最寄り駅をはじめとするアクセスや駐車場・周辺施設の情報についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【くるり全国ツアー「チミの名は。」の日程・会場をおさらい】

まずは、くるり全国ツアー「チミの名は。」の日程や会場についてまとめていきます。冒頭でお話ししたように、2017年2月に北海道・大阪・福岡・愛知・東京の5都市で7公演が行われる予定となっています。ツアー日程と会場、開場および開演時間は以下の通りです。

くるり全国ツアー「チミの名は。」の日程・会場一覧

・2月15日(水) 北海道・Zepp Sapporo Open18:00/Start19:00・
・2月19日(日) 大阪府・Zepp Osaka Bayside Open16:00/Start17:00
・2月21日(火)、22日(水) 福岡県・DRUM LOGOS Open18:15/Start19:00
・2月24日(金) 愛知県・Zepp Nagoya Open18:00/Start19:00
・2月27日(月)、28日(火) 東京都・Zepp Diver City TOKYO 27日:Open18:30/Start19:30、28日:Open18:15/Start19:15
(引用:くるり公式サイト)

当初は大阪・福岡・愛知・東京の4都市で公演が行われる予定となっていましたが、北海道のZepp Sapporoでの公演も追加される形となっています。上記の日程は、記事執筆時点(12月20日)のものとなります。

くるり全国ツアー「チミの名は。」の席種について

くるり全国ツアー「チミの名は。」に関しては、基本的に各会場ともスタンディング形式となっていますが、2階がある会場では「2階指定席」という席種も展開される予定です。2階の有無については、このあとご紹介する「会場ごとの情報」をまとめた項目内で触れていきます。

【くるり全国ツアー「チミの名は。」 <北海道>Zepp Sapporoの座席表・アクセス・周辺施設情報】

札幌市中央区、「日本の都市公園100選」にも認定されている中島公園の北側に位置するライブハウス「Zepp Sapporo」。中島公園や鴨々川などの自然に囲まれた北国の地で、日々、熱いライブや各種イベントが行われています。

Zepp Sapporoの座席表・良席解説

まずは、会場の座席情報をまとめていきます。

Zepp Sapporoの座席PDFはコチラ

Zepp Sapporoの収容人数は、最大で2,009人(スタンディング時)となっています。1階が1,800人(スタンディング)、2階が110人(座席)+99人 (スタンディング)という構成です。先ほどご紹介したように、今回のツアーで「2階指定席」にあたるのが、110人分設置されている2階の座席部分と考えられます。

2階の座席部分は「座りながら楽しめる」反面、前方にある手すりが気になってしまう席もあるかもしれません。また、列ごとに傾斜はついているものの、前の人の頭が視界に入ってしまうことも考えられるので、中央付近の最前列(C列8~23番あたり)などが比較的良席であると考えられます。

Zepp Sapporoへのアクセス・駐車場・周辺施設情報

Zepp Sapporoの最寄り駅は地下鉄南北線の「中島公園駅」となっており、中島公園下車後、徒歩1分ほどで会場へ到着します。また、市電の「山鼻9条駅」で下車し会場へ向かう方法もあります(徒歩約5分)。

Zepp Sapporo専用の駐車場はありませんが、周辺には有料駐車場が充実していますので、車でアクセスする場合はそちらを利用する形になります。また、周辺のホテルへ宿泊を考えている方は、ホテルに宿泊者専用の駐車場を備え付けているケースが多いため、車をホテルに置き、歩いて会場へ向かう形がベストです。

Zepp Sapporoは、札幌の歓楽街・繁華街として知られる「すすきの」に近いこともあり、飲食施設も充実しています。また、冒頭でご紹介した中島公園内にも、国の重要文化財に指定されている豊平館・八窓庵をはじめ、「札幌市こども人形劇場こぐま座」や「札幌市天文台」などがあります。季節ごとに様々なイベントも開催されているので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【くるり全国ツアー「チミの名は。」 <大阪>Zepp Osaka Baysideの座席表・アクセス・周辺施設情報】

2017年2月に開業が予定されている「Zepp Osaka Bayside」。大阪では2012年に開業した「Zepp Namba」に続き、2つ目のホールです。開業月となる2月には、くるりのほか、Alexandrosやサカナクションのライブも予定されており、ここから、Zeppの新たな歴史の1ページが刻まれていくこととなります。

Zepp Osaka Baysideの座席表解説

記事執筆時点(12月20日)では、施設内の詳細については明らかとなっていませんが、収容人数についてスタンディング時で2,800名超となる予定であることが発表されています。これは、現時点で最大の収容人数を誇る「Zepp Tokyo」の2,709名を上回る数字であることから、国内最大のZeppホールとなる可能性が高そうです。

Zepp Osaka Baysideへのアクセス・駐車場・周辺施設情報

Zepp Osaka Baysideの最寄り駅はJRゆめ咲線の「桜島駅」となります。車でのアクセスを考えている場合は、Zepp Osaka Baysideを両サイドから挟むような形で有料駐車場が設置されているので、そちらを利用するのがベストです。

また、安治川沿いのウォーターフロントに立地しているZepp Osaka Baysideの近くには、エンターテインメント・テーマパークとして人気の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」があります。Zepp Osaka Baysideへ行く際は、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に立ち寄るパターンが定番となるかもしれませんね。

【くるり全国ツアー「チミの名は。」 <福岡>DRUM LOGOSの座席表・アクセス・周辺施設情報】

九州・福岡を中心にDRUMグループが展開するライブハウスの一つ「DRUM LOGOS」。週末を中心に、様々なアーティストの熱いライブが繰り広げられています。

今回のくるりツアーは各都市のZeppが会場に設定されているケースが多いですが、「Zepp Fukuoka」は商業施設の再開発に伴い、2016年5月に閉館したため、「DRUM LOGOS」での開催なったと考えられます。なお、「Zepp Fukuoka」は、2018年度に再オープンする予定です。

DRUM LOGOSの座席表解説

DRUM LOGOSの収容人数は最大で1,000人ほどとされています。ライブによっては2階席が設置されることもあるようですが、「関係者席」として一般には開放されないケースが多いようです。

今回のツアーで2階が使用されるかどうかは明らかになっていません。ただ、くるり公式サイトで2F指定席に関して「2Fが有る会場のみ」と掲載されている点、各都市のZeppには、ある程度の人数を収容できる2階席が設置されている点を考慮すると、DRUM LOGOSの2階席は使われないのではないかと推測されます。

DRUM LOGOSへのアクセス・駐車場・周辺施設情報

DRUM LOGOSの最寄り駅は、福岡市地下鉄空港線の「天神駅」となります。天神駅下車後、1番出口より徒歩5分ほどで会場へ到着します。

なお、DRUM LOGOSの専用駐車場はありませんので、周辺の有料駐車場を利用する形となります。徒歩3分圏内に20件以上の駐車場がありますので、車でアクセスする場合も「DRUM LOGOS」の近くに車を停めることが可能です。また、DRUM LOGOS周辺には「親冨孝通り」があり、飲食店も充実しています。ライブ後に飲食店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【くるり全国ツアー「チミの名は。」 <愛知>Zepp Nagoyaの座席表・アクセス・周辺施設情報】

Zeppで6番目にオープンし、東海地区最大のライブホールとして知られる「Zepp Nagoya」。他の都市にあるZeppと比べると規模は小さいものの、国内外アーティストの魂のこもったパフォーマンスで、日々熱い盛り上がりを見せています。

Zepp Nagoyaの座席表・良席解説

Zepp Nagoyaの座席PDFはコチラ

Zepp Nagoyaの収容人数は、最大で1,864人(スタンディング時)となっています。1階が1,600人(スタンディング)、2階が192人(座席)+72人 (スタンディング)という構成です。今回のツアーで「2階指定席」にあたるのが、192人分設置されている2階の座席部分と考えられます。Zepp Sapporoよりもキャパは小さいですが、座席が多めに確保されているのが特徴と言えるかもしれません。

Zepp Sapporoよりも手すりが低く、列ごとの段差も大きめに取られているため、比較的見やすいのではないかと考えられます。そのなかでも良席と考えられるのは、最前列中央付近の2A列9~24番でしょう。スタンディングでライブの熱気や臨場感を楽しむのか、ゆったりと座ってライブを楽しむのかによって、様々な選択肢が考えられますが、どの席・場所からでもしっかりとパフォーマンスを楽しめることに変わりはありません。

Zepp Nagoyaへのアクセス・駐車場・周辺施設情報

Zepp Nagoyaの最寄り駅は、あおなみ線(名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線)の「ささしまライブ駅」となります。「ささしまライブ駅」下車後、5分ほど歩くと会場へ到着します。また、多少歩く形にはなりますが、「名古屋駅」から徒歩15分~20分でアクセスすることも可能です。

Zepp Nagoyaに専用駐車場はないものの、隣接するマーケットスクエアに193台収容可能な駐車場があります。また、名駅通沿いをはじめ、周辺にはいくつか駐車場がありますので、そちらを利用する方法も考えられます。ただし、早い段階で満車になったり、イベント時に特別料金が設定されるケースもあるようですので、注意が必要です。

このマーケットスクエアは、映画館や名駅エリア最大級のゲームセンターをはじめ、買い物や飲食を楽しめる施設も充実しています。また、Zepp Nagoya周辺には名古屋名物グルメを堪能できるお店もたくさんありますので、遠方からアクセスされる方は、名古屋グルメを楽しむのもおすすめです。

【くるり全国ツアー「チミの名は。」 <東京>Zepp DiverCity TOKYOの座席表・アクセス・周辺施設情報】

東京都江東区にある複合施設「ダイバーシティ東京」内にある「Zepp DiverCity TOKYO」。日本最大級の広さを誇り、ライブをはじめとして様々なイベントに使用されています。

Zepp DiverCity TOKYOの座席表・良席解説

Zepp DiverCity TOKYOの座席PDFはコチラ

Zepp DiverCity TOKYOの収容人数は最大で2,473人(スタンディング時)となっています。1階が2,107人、2階が214人(座席)+152人(スタンディング) という構成です。

規模が大きい会場のため、他のZeppと比べると、後方はステージとの距離を多少感じてしまうケースが出てくる可能性もあります。なお、2階席はある程度段差が設けられていますが、前方の席の場合は手すりが気になってしまう場合もあるかもしれません。そういう意味では最前列(2A・2B)よりも3~4列目あたり(2C・2D)を良席と考えることもできますが、あまり大きな差はないと考えたほうが良さそうです。

Zepp DiverCity TOKYOへのアクセス・駐車場・周辺施設情報

Zepp DiverCity TOKYOの最寄り駅は、東京臨海高速鉄道りんかい線の「東京テレポート駅」となっており、会場までは徒歩3分ほどでアクセスすることが可能です。また、東京臨海新交通臨海線 (ゆりかもめ)の「台場駅」からは徒歩5分となっています。冒頭でご紹介したように、ダイバーシティ東京内にある会場のため、早く到着した場合もショッピングや休憩などができるスポットが充実しています。

【くるり全国ツアー「チミの名は。」のスタンディング場所はどのように決まる?】

くるり全国ツアー「チミの名は。」は、ここまでにご紹介したように「スタンディング」が中心となります。会場やライブ主催者によって異なりますが、スタンディングの場合は整理番号の順に入場するケースが多いです。

整理番号は多くの場合「AまたはBの○番」といった記載がされており、「Aの1番から入場→Aが全員入り終えた後にBの1番から順に入場」という形が多く採用されています。

ただ、会場やライブによっては、AとBが並列で入場するケース、アルファベット順とは反対(B→A)に入場するケースもあるようです。

くるりの他のオススメ記事

【ベストアルバム「くるりの20回転」を引っ提げた全国ツアーを見逃すな!】

(出典:photoACより)

今回は、くるりの全国ツアー「チミの名は。」について、日程・会場・座席表・アクセスなどを中心にご紹介しました。基本的にはスタンディングが中心となる予定ですが、2階指定席が設けられる会場もあります。スタンディングで臨場感や熱気を味わったり、座席で会場全体の雰囲気を楽しんだりと、様々な形でライブを満喫することができそうですね。バンド結成20周年を迎え、ますますパワーアップするくるりから目が離せません!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。