POPSPRING 2017開催決定!出演アーティストを徹底紹介!

2016年4月に開催され、ポップミュージックファンを熱狂させた国内最大級のポップミュージックフェスティバル『POPSPRING 2017』が今年も開催決定し、出演アーティスト第一弾が発表されました!今回は、出演アーティストのプロフィールやヒット曲の紹介など、徹底紹介します!

【POPSPRING 2017開催決定!】

2016年4月、日本で『POPSPRING』という新たなポップミュージックフェスが誕生しました。ペンタトニックスを始めとする、世界中のヒットチャートを賑わす有名ポップアーティスト達が日本に集結し、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

そして今年、またあの熱いポップミュージックフェスがやってきます。『POPSPRING 2017』の開催が決定しました!

今年はいったいどんなアーティストたちが、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?第一弾で発表された主演アーティストを徹底紹介していきます!

【POPSPRING 2017出演アーティスト紹介その1:フィフス・ハーモニー】

世界中で大人気、ガールズパワーで旋風を巻き起こしているフィフス・ハーモニーがヘッドライナーとして登場します!

オーディション番組『Xファクター』で初めて登場した5人組ガールズグループで、番組では3位に終わってしまいますがその後デビューすると快進撃が始まりました。

デビューシングル『Miss Movin’ On』ではビルボード最高位76位、ダウンロードも50万以上を記録しゴールド認定を受けます。さらに2ndシングル『Boss』、3rdシングル『Sledgehammer』 の2曲はプラチナ認定、4thシングル『Worth It』はトリプルプラチナ認定を受け、まさに人気はうなぎのぼり。、今ポップ界で最も熱いアーティストのうちの一組です。

シングルディスコグラフィ

  • 1.Miss Movin’ On
  • 2.Boss
  • 3.Sledgehammer
  • 4.Worth It
  • 5.I’m in Love with a Monster
  • 6.Work from Home
  • 7.All in My Head

アルバムディスコグラフィ

  • 1.Reflection
  • 2.7/27

【POPSPRING 2017出演アーティスト紹介その2:DNCE】

あの大人気バンド『ジョナス・ブラザーズ』のリードボーカルを担当していたジョー・ジョナス率いるDNCEも参戦です!

2015年の夏に結成したばかりのグループですが、1stシングル『Cake By The Ocean』がビルボード初登場9位を飾る大ヒットを記録。youtubeに投稿されたPVはなんと再生回数2億回を突破しました。個性的な4人が放つ熱い演奏がたまらない一曲です。

日本でも仲里依紗さんがDNCEの大ファンとして知られており、発売予定である2ndシングル『Body Moves』のMVに出演したことがニュースでも報道されるなど知名度は確実に上がってきています。POPSPRING 2017ではどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

シングルディスコグラフィ

1.Cake By The Ocean

アルバムディスコグラフィ

1.DNCE

【POPSPRING 2017出演アーティスト紹介その3:ジョーダン・フィッシャー】

俳優としても活躍するアメリカ出身の新人アーティスト、ジョーダン・フィッシャーがPOPSPRING 2017のために初来日です!

あのアリアナ・グランデが『彼の声はとってもマジカル!』と評した、透明感のある甘い歌声が特徴的なジョーダン・フィッシャー。

ミュージカルへの出演経験もあり、ダンスで鍛えたリズム感でこれからの音楽活動にも非常に期待度が高い彼に要注目です!

シングルディスコグラフィ

1.All about us

POPSPRINGのオススメ記事はこちら

【POPSPRING 2017出演アーティストはこれだけじゃない!続報を待とう!】

573418

(出典:イラストACより)

今回の第一弾出演アーティストも豪華ですね、話題の新人から世界を揺るがすガールズグループまで色とりどりです。しかし、まだまだこれだけではありません。盛り上がりを見せた昨年のPOPSPRINGでは最終的には出演アーティストは7組、さらにオープニングアクトとしてLittle Glee Monster、片平里菜も参戦しフェスを盛り上げてくれました。今年もまだまだ3組が発表されたばかり!4月の開催までに、どんな出演アーティストたちが発表されるのか、これからのニュースは要チェックですね!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。