ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10! 来日前に人気コラボ曲もチェックしよう

2017年待望のニューアルバムリリースとともに、日本での単独公演を行うことが決定しているピットブル(Pitbull)。最新アルバムにはどんな曲が収録されているのか、とても楽しみですよね。ピットブル(Pitbull)は、ジェニファーロペスやマークアンソニー、ファレルウィリアムスなど、様々なアーティストたちとコラボしていることでも有名。そんな彼には人気曲がたくさんあります。来日公演を今から待ちきれないというファンのために、今回はピットブル(Pitbull)の人気曲TOP10をランキング形式でご紹介します!

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10をご紹介します!】

2017年3月に発売される待望のニューアルバム「クライメート・チェンジ」を引っ提げて、5月には単独来日公演を行うピットブル(Pitbull)。人気曲が多い彼の公演を、今から待ちきれないという人も多いのでは?

しかも、今回の日本公演、東京の会場はなんと日本武道館。日本のアーティストにとって神聖な場所だからこそ、何だか嬉しくなってしまいますよね。楽しみな日本公演を前に、ピットブル(Pitbull)の人気曲TOP10をランキング形式でご紹介します!

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第10位 Rain Over Me】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第10位は、Rain Over Me(レイン・オーバー・ミー) feat. マーク・アンソニーです!

Rain Over Me(レイン・オーバー・ミー)は、ジェニファーロペスの元夫、マークアンソニーとのコラボ曲。2011年6月発売の5thアルバム「Planet Pit」に収録されています。マークアンソニーの、高音で流れるような美しいボーカルから始まり、初めて聴いたときから耳にスッと入り込んでくる、楽しいダンスミュージックです。曲中の「アイヤイヤ…」という掛け声が特徴的。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第9位 Greenlight】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第9位は、Greenlight(グリーンライト) feat. フロー・ライダー&ランチマネー・ルイス~俺らはいつでも青信号~です!

Greenlight(グリーンライト)は、ともにアメリカのフロリダ州マイアミ出身のHIPHOP歌手、フロー・ライダーとランチマネー・ルイスとのコラボ曲です。ピットブル(Pitbull)の最新アルバム「クライメート・チェンジ」に収録されているシングル曲で、日本テレビ系番組「世界仰天ニュース」2016年10月~12月のエンディングテーマ曲として使用されました。

ちなみにタイトルのGreenlight(グリーンライト)ですが、アメリカでは「進め」を意味していて、曲中での意味は「GOサイン」をあらわしています。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第8位 Blanco】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第8位は、Blanco(ブランコ) feat.ファレルです!

Blanco(ブランコ)は、アメリカでHIPHOP歌手や音楽プロデューサーを務めるファレル・ウィリアムスとのコラボ曲です。2009年に公開された映画「ワイルド・スピード MAX」の劇中歌として使用されました。曲中のリズムに合わせた「ブランコ!」という掛け声が特徴的。タイトルのBlanco(ブランコ)は、スペイン語で「白い」という意味です。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第7位 Can’t Have】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第7位は、Can’t Have(キャント・ハヴ) feat. スティーブン・A・クラーク & エイプ・ドラムスです!

Can’t Have(キャント・ハヴ)は、マイアミを拠点に活動している歌手、スティーブン・A・クラークと、テキサス出身の音楽プロデューサー、エイプ・ドラムスとのコラボ曲。2017年3月発売の最新アルバム「クライメート・チェンジ」に収録されています。この曲は、少し寂しげなメロディーが特徴で、歌詞にも「手に入らない」ものを求める意味が込められています。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第6位 Give Me Everything】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第6位は、Give Me Everything(ギヴ・ミー・エヴリシング) feat. Ne-Yo, Afrojack &Nayerです!

Give Me Everything(ギヴ・ミー・エヴリシング)は、アメリカのHIPHOP歌手Ne-Yo(ニーヨ)と、DJや音楽プロデューサーを務めるAfrojack(アフロジャック)、アメリカ出身のシンガーソングライターNayer(ネイヤー)とのコラボ曲です。

2011年発売のアルバム「Planet Pit」に収録されています。Nayer(ネイヤー)はこの曲をきっかけに世間的に認知されるようになりました。皆で楽しめるパーティーソングです。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第5位 Bon Bon】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第5位は、Bon Bon(ボン・ボン)です!

Bon Bon(ボン・ボン)は、日本では2011年に発売されたアルバム「アルマンド」に収録されています。「ボンボン…」という掛け声が特徴的なクラブミュージックで、この曲は2010年にスペイン語で発売されたアルバムの収録曲でもあります。キューバ人の両親から生まれたピットブル(Pitbull) 。じつは英語とスペイン語を話せるバイリンガルです。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第4位 Don’t Stop The Party】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第4位は、Don’t Stop The Party(ドント・ストップ・ザ・パーティー) feat. TJRです!

Don’t Stop The Party(ドント・ストップ・ザ・パーティー)は、アメリカ出身のDJで、音楽プロデューサーでもあるTJRとのコラボ曲です。2012年発売のアルバム「Global Warming」に収録されています。TJRの曲が気に入ったピットブル(Pitbull)直々の依頼だったそうです。

テンションの高いクラブミュージックで、ピットブル(Pitbull)お得意の「世界は俺のモノ」的な歌詞が特徴的。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第3位 Options】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第3位は、Options(オプションズ) feat. スティーブン・マーリーです!

Options(オプションズ)は、レゲエDJのスティーブン・マーリーとのコラボ曲です。ピットブル(Pitbull)最新アルバム「クライメート・チェンジ」に収録されています。スティーブン・マーリーは、レゲエの神様として知られるボブ・マーリーの息子です。

その歌声は、父であるボブを彷彿とさせています。そのためOptions(オプションズ)は、クラブミュージックとはうって変わって、スローなレゲエのリズムが心地よいナンバーに仕上がっています。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第2位 International Love】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第2位は、International Love(インターナショナル・ラヴ) feat. クリス・ブラウンです!

International Love(インターナショナル・ラヴ)は、アメリカでR&BやHIPHOP歌手として活動するクリス・ブラウンとのコラボ曲です。2011年発売のアルバム「Planet Pit」に収録されています。ハスキーなピットブル(Pitbull)のラップと、クリス・ブラウンの美声とのバランスが抜群の心地よいクラブミュージックです。

【ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキングTOP10 第1位 Timber】

ピットブル(Pitbull) 人気曲ランキング第1位は、Timber(ティンバー) feat. KE$HA(ケシャ)です!

Timber(ティンバー)は、アメリカのシンガーソングライター、KE$HA(ケシャ)とのコラボ曲です。2013年に発売されたEP「Meltdown」に収録されている曲です。この曲は、ピットブル(Pitbull)とKE$HA(ケシャ)とのダンスナンバーで、PVでは美女たちが激しく踊ったり、ビーチで楽しくはしゃぎまわったりする二人が印象的。

ちなみにこの曲は、アルバム「Global Warming:Meltdown」にも収録されていますが、通常版の「Global Warming」には含まれていないので要注意です。

ピットブルの他のオススメ記事

【ピットブル(Pitbull) 人気曲はまだまだたくさん! 来日公演を楽しもう】


(出典:pixabayより)

ダーティ・ラップを用いた曲が特徴的なピットブル(Pitbull)。1位はKE$HA(ケシャ)とのTumblrでした!どの曲も、クラブで盛り上がることのできる、クールなダンスナンバーとなっています!今回ご紹介したピットブル(Pitbull)の人気曲のいくつかは、最新アルバムに収録されているので、ぜひチェックしてみてください。しっかり人気曲を聴き込んで、5月の来日公演を楽しみましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。