来日公演目前!ポールのギターソロ曲は絶対聞くべき!

ポールが日本に戻ってくる!再来日公演決定です。もうすぐポールに会えると思うと落ち着かないですよね。

ポールのライブ前にもう一度ライブの予習をしておこう!という人におすすめしたいのが、ポールのギターソロがカッコイイ楽曲たちです。

今度のライブで披露してくれるといいなという願いを込めながら、そのギターテクに酔いしれてみてくださいね。

ポールマッカートニーがギターソロで披露した曲その1

「The Beatles-Taxman」です。ここでのリードギターはかっこいい!

上手く弾けなかったジョージの替わりにポールが弾き、ほぼ一発で決めたというこのアレンジ。ちょっとファズがかかっていて、カッコイイ。ポールのリードギターの特徴の一つとなる弾き方ですよね。

ジョージの曲だけど、ポールの派手なギターソロが合っている!と感じる1曲です。

ポールマッカートニーがギターソロで披露した曲その2

「The Beatles-Black Bird」でのアコスティックギターです。70年代、ギター少年たちがこぞってマネをしてギターエチュードとして大流行したと言われています。

当時、ギタリストでもないポールが、難しすぎない、でも簡単でもない名フレーズをさらりと紡ぎ出しているこの独特の雰囲気が大好きでオススメです。

ギターソロというと、派手な演奏シーンばかりが注目されがちですが、こちらは渋くじわじわその良さを感じられますよね。いつまででも聞いていられます。

ポールマッカートニーがギターソロで披露した曲その3

「The Beatles-Good Morning Good Morning」でのリードギターです。

「Taxman」「Hey Bulldog」「Got To Get You Into My Life」などにも通じるポール色の強いフレーズと音が心地よく響いてきます。ジョージのクリアなギターもいいけど、ポールのフレーズはやっぱりカッコイイの一言につきますよね。

激しいソロですよね。この曲のソロパートでは大好きなジミヘンを意識してストラトキャスターを使用しちゃってるんです。ポールのイメージ、ちょっと変わりますよね。

ポールマッカートニーの他のおすすめ記事

ポールのギターソロを生で聴こう!

いかがでしたか?ポールのギターソロ、かっこいいですよね。ライブでもしっかりとポールの熱いサウンドを体全体で感じたい!そう思いませんか?チケットキャンプでは、ポール・マッカートニー再来日公演のチケットを取扱中です。改めてポールってやっぱすごいや~と肌で感じてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。