>押尾コータロー チケット
押尾コータローが愛される秘訣は使用ギターと弦にあった?

ひとりで数多くの役割を演奏するギタリスト、押尾コータロー。音源を聴いているとそこには何人もいるように聴こえるのではないでしょうか。

メロディ、伴奏、そしてリズムと、まさかそれをひとりで演奏しているなんて思いませんよね。そんな技巧的な演奏スタイルを持つ押尾コータローもライブで見せる姿がユニークそのもの。そのギャップも彼が愛される秘訣なのかもしれません。

ここではそんな押尾コータローのギターに焦点を当ててみたいと思います。

押尾コータローの多彩なギター演奏スタイル

押尾コータローの演奏スタイルと言って、まず思いつくのはその多様な演奏技術です。

開放弦を鳴らすことでコードを鳴らせるオープンチューニングや、エレキベースのように弦をはじくことでパーカッシブな音を出せるスラッピング、そして弦を押さえる左手が届かない場所は右手を使って押弦するタッピングなど、数多くの演奏技術を組み合わせています。

そのため指の爪のケアは怠らないのだとか。彼にとっていちばんの楽器は爪なのかもしれません。

押尾コータローが愛用するギター

押尾コータローは様々なギターを使い分けて楽曲を演奏しています。押尾コータローの代名詞と言えるのは、GREVENのD Herringbone。ライブでもレコーディングでも愛用する楽器です。

その前に使用していたのがJ Herringbone。長年愛用していることから多くの修理跡も見られる愛器。

ほかにもGibsonやMARTIN、TACOMA、TAYLORなど様々なブランドのギターを使い分けて、あの素晴らしい楽曲たちを演奏しています。

押尾コータローが愛用ギター「GREVEN MD Herringbone Cutaway」

ここからは押尾コータローがギターを演奏している姿を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのは、押尾コータローによる「戦場のメリークリスマス」。坂本龍一のヒット曲が押尾コータローによって演奏されました。ここで使われているギターは「GREVEN MD Herringbone Cutaway」。ライブで活躍中のカッタウェイタイプのギターになります。

どこかオリエンタルな香りがする旋律、素敵ですよね。

押尾コータローが愛用ギター「TACOMA® P1 Papoose」

続いてご紹介するのは、押尾コータローによる「カノン」。パッヘルベルによるあのクラシックの名曲「カノン」が押尾コータローによって奏でられます。

ここで使用されているギターは、TACOMA® P1 Papoose。ショートスケールのギターです。ここでも惜しげもなくテクニックを披露する押尾コータロー。ぜひ彼のテクニックを感じてみてくださいね。

押尾コータローのライブに行ってみよう!

押尾コータローのギターのご紹介、いかがだったでしょうか。作品によって使い分ける彼の拘りがわかりますよね。ちなみに使用している弦は「Dean Markley Blue Steel™ Acoustic 2033 TLT」だとか。チケットキャンプでは押尾コータローのチケットを取扱中です。素晴らしい腕を持つギタリスト、押尾コータローのライブにぜひ行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。