ORANGE RANGEのメンバーYOHの魅力に迫る!

ORANGE RANGEのメンバーYOHはベース担当。影響を受けたアーティストとしてGLAYのJIRO、Dragon AshのIKÜZÖNEなどを挙げています。ファンの方なら当然ご存知ですが、YOHとRYOは実の兄弟です。2人で作曲された曲ももちろんあるので、そのときには「低音一家」という名義を使用しているんですよね。

YOHさんはベース担当ですが、コーラスとかで歌声を聴いているファンの人から、声がいいのでもっと歌ってほしい!という要望が多いことでも知られていますよね。基本はベース担当なので歌っている曲は少ないですが、その辺も少しご紹介していきたいと思います!

ORANGE RANGE YOHのコーラスが聴ける曲はコチラ!

歌声が聴ける機会が少ないにも関わらず、ファンはそういうところが気になるモノなんです。YOHさんもベース担当で普段は歌声を聴くチャンスはないのですが、コーラスなんかで聴いて、「おっ」と思ってしまったファンは、もう耳をダンボにして、いろんな曲で拾おうするものですよね。ハッキリわかっている曲は、数曲です。もっとご存知の方いらっしゃたら、教えてほしい!って思うくらい耳心地のいい歌声だという印象があります。さて、その貴重なナンバーとは・・・。

アルバム『PANIC FANCY』に収録されている「5」。YAMATO、YOH、HIROKI、RYO、NAOTOの順番で歌っているリレー方式な感じなんですよ。歌詞で言うと、”光満ちる星~”の部分です。まだしっかりと聞いたことがない人は、要・チェックですよ。

あとは、アルバム『NATURAL』に収録されている「HYSTERIC TAXI」。RYOが”初乗り運賃キミはタダ?”の後、”ライドオン?”のコーラスがYOHです。「おしゃれ番長」の中でも、”薬味が欲しけりゃ出直しな”と歌声ではないですが、セリフがかっこよく入ってますよ。みなさん耳を澄まして聴いてみてくださいね。

ORANGE RANGE YOHの音楽の楽しみ方

ミュージシャンの音楽の楽しみ方って、私たちとは違うのかな?なんて思って興味ありますよね。

YOHは移動中に楽しんでいるようです。その楽しみ方の目的としては、心を上げ下げするときは聴かないから。音楽を聴いて気分を上げたり下げたりすることは音楽作りにおいて、逆効果になることがあると考え、あくまでフラットな気持ちでと音楽に向き合っているようですよ。

気分を変えるために聴く人、気分を変えないために聴く人、YOHは後者だということになります。落ち着いた雰囲気を醸し出しているYOHならの答えだなって感じしませんか?

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。