オレンジレンジのメンバーRYOの魅力と多彩なソロ活動に迫る!

「キリキリマイ」で衝撃的なデビューを果たし、人気音楽グループの地位を確立したオレンジレンジ。2016年は、LIVE TOUR 016-017~おかげさまで15周年!47都道府県 DE カーニバル~で全国47都道府県を巡るライブツアーを行い、各地の吹奏楽部とコラボするなど斬新な発想を取り入れたステージを披露しています。そしてメンバーの中でもひときわ個性が目立って魅力的なRYO。ソロ活動が活発で交友関係が広いことでも知られていますね。今回はオレンジレンジのメンバーRYOの魅力に迫ってみたいと思います!

【オレンジレンジのメンバーRYOの魅力に迫る!まずはプロフィールをチェック】

オレンジレンジでは低音域ボーカル&MC担当のRYO。プロフィールをかんたんに紹介すると、中学時代にはORANGE RANGEとは別のバンドも組んでいて、MONGOL800やDragon Ashのコピーなどもして、そのバンドではドラムを担当。

高校の時にはまた別のバンドを組んでいて、オレンジレンジの活動と並行していたのですが、メジャーデビューが決まってから、オレンジレンジに集中することになります。

またまた個性的なメンバーの集まりというのがわかるORANGE RANGEなのですが、RYOもアパレル・小物ブランド「kimera」を立ち上げたり、舞台『薄桜鬼 新選組炎舞録』や映画『天の茶助』に俳優として出演したりと、その活動はほかのメンバーとは一味違っています。

とくにRYO from ORANGE RANGEのソロ活動は今も精力的に行い、さまざまなアーティストたちとコラボするなどさらに活動の場を広げています。ORANGE RANGEのメンバーRYOとは一体どんな人なのか、ご紹介したいと思います。

【オレンジレンジ RYOがメンバーの『60年会』って?】

『○○年会』とは、よく聞きますよね。芸能界で同じ年に生まれた人たちで構成されるあの○○会というものです。会によってはしょっちゅう集まって仲良く飲んでいるなんてことをよくニュースなどで見たりしますよね。

プロフィールでは誕生日が1985年10月となっているオレンジレンジのRYOも、昭和60年生まれで構成された『60年会』に所属しています。そして、その中のメンバーで特に、山下智久、はんにゃの金田哲、そして、城田優と仲良しということで、いろいろなジャンルの人と交流があるというのがわかりますよね。

城田優のラジオにゲスト出演をして盛り上がったトークを聞いた人も多いと思います。面白かったですよね。下ネタを話す城田優の声がでかい!とツッコミを入れていましたね。トーク力があるので、RYOにもラジオやってもらいたい!って思いませんでしたか?ハモネプなんかにも出演したりして、RYOの活動の幅の広さ、器用さに思わず感心してしまいます。

しかし最近は『60年会』の話題をあまり耳にしませんよね。現在はどうなっているのでしょうか?

少し前に話題となったのが、元東方神起のジェジュンが「うれしかったよお前ら」という言葉とともにTwitterにアップしたある写真です。写真に写っていたのは『60年会』のメンバーたち。山下智久や城田優など見慣れた顔の他にも、溝端淳平や小池徹平など新たなメンバーが加わっていました。もちろんRYOもその中のひとりです。

ただ、それも2011年のことで5年が経過しています。その後はあまり話題になっていません。最近は密かに集まっているか、『60年会』で集まること自体が少なくなっているのかもしれませんね。

【オレンジレンジのメンバーRYOはお酒が大好き!お酒好き!】

(出典:photoACより)

お酒は強いほうみたいですね。なかなか潰れないという典型的な沖縄のタイプなんですね。泡盛もビールもモヒートなどのカクテルも大好きというRYOはなんでも飲めちゃいそうですね。

音楽を聴きながら飲めるお店ではワインとチーズで呑み続けるなんてこともあるようです。ちなみに、そこでは、RYOさんがお店にいるときは沖縄民謡を流しているという面白い雰囲気のお店のようですよ。

さらに2016年に沖縄で開催された『ピースフルラブ・ロックフェスティバル2016』のライブ終了後に行ったepicaというクラブでは、ソロ曲を歌いDJを楽しみながらテキーラやシャンパンをあけて翌日には二日酔い…なんてエピソードも。さすがのRYOさんもテキーラにはやられてしまったようですね。お酒好きは今も全く変わっていませんね。

場所や雰囲気、メンバーなどによってお酒を変えて楽しむというお酒好きなRYOさんの性格が、音楽以外の活動の場が多彩!という点魅力にもつながっている気がしませんか?

【RYO from オレンジレンジ名義でソロデビュー】

沖縄らしいサウンドが心地よい!と心から思えるRYOがソロ名義で発売した『Tim Don!-Don! feat. DJ KEIN』は本当に気持ちがよくなる曲です。PVまで心地よく、沖縄を感じられるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

そして2015年の8月には、『DRIVE feat. N.O.B.U!!! 』を配信開始。この曲は日本テレビ「NNNストレイトニュース」ウェザーテーマとして起用されました。まさに晴れた日を彷彿とさせる、ピースフルな曲に仕上がっています。

また、同日配信を開始したセルフカバー曲『夏だぜジョニー』は、オレンジレンジのプロデューサーでおなじみのシライシ紗トリと共同制作し、私立恵比寿中学に楽曲として提供された曲でもあります。

PVの内容は、RYOが『しゃれおつ観光』の添乗員、『しゃれおつ涼』に扮し、沖縄の街を紹介するというもの。音楽を楽しみながら沖縄観光もできる魅力的なMUSIC VIDEOに仕上がっていますよ。RYOさんの演技にも注目して見てみてくださいね。

2015年9月に発売された1stアルバム『DELIGHT』はこれらを含む全13曲を収録。アルバムのリリースイベント『RYO from ORANGE RANGE “DELIGHT” RELEASE PARTY』では、収録曲に関わった元キマグレンのISEKIや、N.O.B.U!!!などのコラボアーティストたちが出演し、ゲストDJに大蔵 from ケツメイシを迎えるなど、ここでも顔の広さをうかがい知ることができますね。

リリース後は全国のクラブイベントなどに出演するなど、ソロ活躍の場を広げています。

RYO from ORANGE RANGE 1stアルバム『DELIGHT』収録曲

01. 〜DELIGHT〜
02. Pump it up
03. GLAMOROUS RIDDIM
04. 夏だぜジョニー
05. 愛のキセキ with 果山サキ
06. Whisper feat. ISEKI
07. SHAKE IT
08. Go! Go!
09. Tim Don!-Don! (DELIGHT MIX)
10. pā mai ti-da feat. Kina & Kalani
11. DRIVE feat. N.O.B.U!!!
12. My Love
13. GLAMOROUS RIDDIM -REPRISE-

ORANGE RANGEの他のオススメ記事

【ORANGE RANGE RYOを見にライブへ行こう!】

いかがでしたか?ORANGE RANGEのメンバーは個性を活かしながらソロ活動を楽しんでいますよね。もちろんグループとしての活動もしっかりやってますのでご安心を。ライブに行きたくなったのではないですか?

それぞれのソロ活動での経験などを活かして、また更にパワーアプするORANGE RANGEのパワフルなステージ、元気が出るライブを体感してみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。