オレンジレンジ チケット
発表!オレンジレンジのおすすめアルバムランキングTOP5!

オレンジレンジは沖縄市出身のミクスチャーバンド。メンバーは、RYO、HIROKI、YAMATO、NAOTO、YOHの5人です。個性的な楽曲とライブパフォーマンスは私たちの心を掴んで離しません!数々のヒット曲を世に送り出したオレンジレンジの楽曲は、シングルだけでなくアルバム曲にもおすすめのものがたくさんあるのです。今回は、彼らのリリースしてきたアルバムを、おすすめTOP5としてご紹介していきます。

【15周年で全国各地を駆け回っているオレンジレンジ!おすすめアルバムをご紹介】

Photo by 平野タカシ(@hiranotakashitakashi) #ORANGERANGE #47都道府県DEカーニバル

A post shared by ORANGE RANGE Instagram (@orangerange_official) on

オレンジレンジといえば、結成15年周年の記念ライブで47都道府県を巡っていたことも記憶に新しいかと思いますが、その特別公演として香港と台北で行われる「ORANGE RANGE LIVE 017 カーニバル EXTRA」にも注目が集まっています。

そんな彼らは2003年6月にシングル「キリキリマイ」でメジャー・デビュー、7月にリリースした「上海ハニー」がヒットし、大ブレイクしました。現在も音楽イベントに積極的に出演したり、個々でも活躍していたりと、ますます活動の幅を広げている彼ら。

今回は、数々のヒット曲を世に送り出したオレンジレンジのおすすめアルバムについて、ランキング形式にして TOP5をご紹介します。

【オレンジレンジのおすすめアルバムランキングTOP5 5位 「ORANGE」】

オレンジレンジのおすすめアルバムランキングTOP5の第5位は、2007年7月にリリースされた「ORANGE」です。このアルバムは彼らの初となるベストアルバムなのですが、同日に「RANGE」というタイトルのベストアルバムも同時にリリースしています。

「ORANGE」についてはロックテイストな曲を集めたアルバムとなっており、収録曲には「キリキリマイ」から、「お願いセニョリータ!」などのシングル曲はもちろん、「ZUNG ZUNG FUNKY MUSIC」や「GOD69」などの人気の高いアルバム曲も収録されています。

このアルバムが発売される前にリリースされたアルバムからもまんべんなく選曲されているので、最近オレンジレンジの魅力に気づいた方にはぜひオススメしておきたいアルバムのひとつです。

【オレンジレンジのおすすめアルバムランキング TOP5 4位「RANGE」】

オレンジレンジのおすすめアルバムランキングTOP5の第4位は、5位の「ORANGE」と同時リリースされた「RANGE」です。こちらのアルバムは「ORANGE」と同様、ベストアルバムなのですが、その違いは収録曲のテイスト!「ORANGE」に関してはロックやテクノといった曲調のものを収録していますが、「RANGE」はバラードやメッセージ性の強い曲が中心となっています。

オレンジレンジというと、パワフルでアップテンポな曲のイメージが強い方もいるかもしれませんね。彼らの作り出すバラード曲は、心を揺さぶるような歌詞やメロディで多くの人の心を掴んで離しません。

映画「いま、会いにゆきます」の主題歌にもなり、一世を風靡したシングル「花」や、映画「電車男」の主題歌にもなった「ラヴ・パレード」なども収録されています。

売り上げ枚数は、「ORANGE」と「RANGE」合わせて35万枚を売り上げていますが、発売初週のウイークリーチャートでは「RANGE」が1位を獲得、さらに「ORANGE」は2位を獲得し、首位を独占したことも当時話題となりました。

【オレンジレンジのおすすめアルバムランキング TOP5 3位「1stCONTACT」】

オレンジレンジのおすすめアルバムランキングTOP5の第3位は、2003年12月に発売された1stアルバム「1stCONTACT」です。

「1stCONTACT」の売り上げ枚数は69万枚を記録しており、2ndシングル「上海ハニー」や三線を採り入れたミディアム・バラード「落陽 (Long Ver.)」など全16曲を収録しています。おり、盛り上がれるアップテンポな曲やバラードまでバラエティ豊かな収録曲が特徴のアルバムとなっています。

中でも「ビバ★ロック」は人気アニメ「NARUTOナルト」のエンディングテーマに起用されるなど、聴きなじみのある曲ばかりが揃っていますから、大変聴きやすいアルバムなのではないでしょうか。

「O-MO-I 」はオレンジレンジの初めてのラブソングであり、さらにこの曲で初めてレゲエ調の曲を作るなど、彼らにとっては初めてづくしとなった曲でもあるのです。

【オレンジレンジのおすすめアルバムランキング 第2位 「ИATURAL」】

オレンジレンジのおすすめアルバムランキングTOP5の第2位は、2005年10月に発売された3rdアルバム「ИATURAL」です。

現在、オレンジレンジはRYO(low vox)、HIROKI(mid vox)、YAMATO(high vox)、NAOTO(gt)、YOH(ba)の5人で活動していますが、以前はKATCHAN(Dr)も含めた6人グループでした。KATCHANが脱退したのは2005年7月31日ですから、この「ИATURAL」はKATCHANが参加した最後のアルバムなのです。

KATCHANの脱退は「バンド内での自分のあり方を考えた結果」として、音楽性の違いによるものだと言われていますが、このアルバム「ИATURAL」の歌詞カードにはメンバーから彼に対するメッセージが書かれています。

「ИATURAL」の売り上げ枚数は93万枚を記録しており、収録曲にはテレビ番組のイメージソング「yumekaze」やCMソング「お願い!セニョリータ」など全19曲が収録されています。

「*~アスタリスク~」はアニメ「BLEACH」のオープニングテーマにもなり、ドラマ版の「いま、会いにゆきます」の主題歌にもなった 、 「キズナ」など、多くのタイアップ曲が収録されているのも特徴です。

【オレンジレンジのおすすめアルバムランキング 第1位「musiQ」】

オレンジレンジのおすすめアルバムランキングTOP5の第1位は、2004年12月に発売された2ndアルバム「musiQ」です。

先ほどもご紹介した1stアルバム「1stCONTACT」よりもさらに音楽性や表現力などがパワーアップしたこのアルバムで、オレンジレンジはダブルミリオンを達成しました。ヒップホップ、ロック、ポップ、テクノといったさまざまなジャンルを融合したオレンジレンジの多彩な楽曲が詰まった珠玉の一枚です!

売り上げ枚数も264万枚と、彼らがリリースしたアルバムの中では過去最高の売り上げを見せた一枚でもある「musiQ」には、ヒットシングル「ミチシルベ~a road home~」「ロコローション」「チェスト」「花」を含む全19曲を収録しています。

愛をテーマにした「花」は映画「いま、会いにゆきます」、「ミチシルベ ~aroad home~」 はドラマの主題歌にもなりました。オレンジレンジの魅力が最大限に詰まった「musiQ」は、ぜひ聴いておきたい一枚ですね。

ORANGE RANGEの他のオススメ記事

【結成15周年を迎え、さらなるパワーアップが望めるオレンジレンジ!おすすめアルバム】

(出典:pixabayより)

オレンジレンジのおすすめアルバムをランキングにしてご紹介してきましたが、オレンジレンジは自由な音楽を生み出すために、2010年に自主レーベルである「SUPER ((ECHO))LABEL」を設立しました。

2016年9月から2017年は3月まで、15周年記念ライブで全国行脚をしていたオレンジレンジですが、さらに追加公演としてアジア単独公演を開催することも決定しています。いつまでも素晴らしい音楽を私たちに届けてくれるオレンジレンジの今後にますます注目していきたいですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。